Fandom


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "びっくり熱血新記録colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


『びっくり熱血新記録!』(びっくりねっけつしんきろく!)は、テクノスジャパンより発売されたゲームソフト。1992年6月26日ファミリーコンピュータ専用ソフト『びっくり熱血新記録! はるかなる金メダル』が、1993年7月16日に、演出強化や一部の競技が変更されたゲームボーイ専用ソフト『びっくり熱血新記録! どこでも金メダル』が発売された。

概要 編集

主人公であるくにお率いる熱血高校チームをはじめとする4チームに、アメリカから参加のオクラホマハイスクールを加えた全5チームで、400mハードルなど5種類の競技を行い、メダルの数を競い合うスポーツゲームである。

前作『ダウンタウン熱血行進曲』と異なり、競技ごとに操作方法が変わる。プレイヤーは4人まで参加可能だが、各競技はトーナメントや個人戦で行われるため、拡張コントローラは不要。

ストーリー 編集

運動会を通して他の学校を叩き潰してしまおうという藤堂護の計画は、くにおをはじめとする参加した生徒達の人並み外れたパワーを計算に入れていなかったため失敗に終わった。悔しくはなかったが失敗するのが嫌いな護は、次こそ成功するために計画を練り直した。しかし、この計画を実行するには護の貯金以上の資金が必要だった。そこで藤堂グループ会長である父・晃之助に泣き落とし作戦をしかけ、アスレチック大会開催にこぎつけるのだった。

モード 編集

5つの競技全てを順番にこなしていく「ノーマルモード」、5つの競技から3つ選んでプレイする「ショートモード」、競技を1つだけ選ぶ「練習モード」の3つがある。ノーマルモード、ショートモードでは最大4人でプレイすることができる。

競技 編集

各チームから1名ずつ選手を出して競い合い、成績に応じてメダルが貰える。また、各競技で特定の条件を満たした選手に特別賞が与えられる。さらに、競技中に落ちているメダル拾うことができ、成績よりもメダル回収を重視するという戦略もある。このメダルの数によって最終的な順位が決まる。

400mハードル
1対1のトーナメント方式で行われる。400mのタータンコースに24基のハードルが設けられており、ハードルを避けながら進み、先にゴールした方が勝ち。
ハードルはジャンプで跳び越えたり、スライディングで下をくぐったり、タックルなどで破壊したりして回避できる。また、壊したハードルの破片を使ったり旋風脚で相手を妨害する事が可能。ダメージを受けすぎて体力が0になると失格、敗北となる。
ハンマー投げゴルフ
バンカー・ラフ・ウォーターハザードを含む820ヤードのコースを、ハンマー投げ何投でカップに入れられるかを競う。ゴルフ同様少ない投数ほど順位が上になる。なお、OBは存在しない。
水泳バトルロイヤル(FC版のみ)
バトルロイヤルと銘打たれているが、1対1のトーナメント方式で行われる。プールで泳ぎながら戦う。
「HP(体力)」のほかに「空気」というパラメータがあり、水中にいると徐々に減っていき、水面で息継ぎをすると回復する。攻撃を受けると空気は大幅に減少し、空気が0になると溺れてしまいHPがどんどん減っていくようになる。HPが0になると負け。
カサ争奪高跳び込み(GB版のみ)
1対1のトーナメント方式で行われる。地上300m上空から飛び降り、空中で格闘しながらカサを奪い合う。カサは地上10m付近で自動的に開いてパラシュートになり、その時点でカサを持っているか、それまでに相手を倒した選手の勝ち。なお、下はプールもトランポリンも無いため、敗者は地面にめりこみ体力が0になってしまう。
ビル越え棒幅跳び
ビルの屋上から隣のビルの屋上へと渡っていき、いくつのビルを跳び越えられるかを競う競技。ビル間は走り幅跳び、棒を使った高跳び、ビル間にロープが張られているところは一輪車で越える。
ビル間に落ちると規定回数まではトランポリンで戻されるが、それ以上失敗すると地上に転落し、そのエリア(ビルの屋上)が記録となる。また、許容回数以内でも体力が非常に低い場合は転落してしまう。
走り幅跳びや棒高跳びでの落下点が次のビルのぎりぎりにあたる場合は、体力を消耗してビルの淵に掴まることができる。
順位は跳び越えたエリアの数で決まり、同数の場合は高いジャンプを記録した方が上位となる。
はちゃめちゃ柔道
1対1のトーナメント方式で行われる。相手の体力が0になるまで戦う変則柔道。
組み合って相手の気力を0にすると、大技を繰り出すことができる。大技には実際の柔道では反則となる打撃技、プロレス技、喧嘩技など様々なものがある。

商店街 編集

各競技が始まる前に、商店街のお店で買い物をする事ができる。通貨として使われるのは競技で取得したメダル。

スポーツ用品店
次の競技に関連したアイテムが買える。
アイテムショップ
ステータスをアップさせるアイテムが買える。
クスリ屋
体力を回復するアイテムが買える。
情報屋
これから始まる競技のルール説明、ワンポイントアドバイスなどが聞ける。
掲示板
現在各チームが持っているメダルの数を確認できる。
ブランコ
一緒にいるマネージャーがブランコで遊び始め、選手が呆れる。

出場チーム編集

熱血高校チーム 編集

キャプテンくにおのワンマンチーム。その他の選手はくにおに比べれば力不足。

くにお
各種能力がトップクラス。柔道技の「火のたますぱいく」は、日本人チームでは彼のみが使える。
すがた
くにおには劣るがどんな競技でも使える万能選手。
もりもと
器用貧乏で、どの競技にも使いづらい。
ななせ
すがたと同じく、くにおの控えとして使える。
いちじょう
素早さが高く力もそこそこだが、体力・守備力が最低レベルでどの競技でも死と隣り合わせの選手。

花園高校チーム 編集

キャプテンのりきを筆頭に、力・体力が高い格闘競技向きのチーム。400mハードルが最大の課題。

りき
素早さは他のキャプテンクラスの選手に劣るが、力勝負の水泳バトルロイヤルやはちゃめちゃ柔道ではくにおに引けを取らない活躍を見せる。
さおとめ
花園チームの中では素早さがあり、りきの苦手種目を補う役を受け持つ。
よしの
花園チームでは異色のすばやさに特化した選手。
しみず
各種能力が低く、非常に使いづらい選手。
わしお
力、体力がそこそこある。

冷峰学園チーム 編集

チームの平均能力が日本人チームでは最強だが、個人としては他のチームのキャプテンクラスより格下。

りゅういち
どの競技にも対応できるが抜きん出た能力が無い。
りゅうじ
りゅういち同様全体的に能力は高めだが決め手に欠ける。
もちづき
最速の素早さを誇るが体力・守備力が低く、400mハードルでは不覚を取ることも。
はやさか
もちづきに次ぐ素早さをもつ。弱くはないがチームでは地味な選手。
こばやし
ダブルドラゴン兄弟に引けを取らない能力をもつ選手。

各校連合チーム 編集

各人の得意競技が判りやすいチーム。ごうだ、ごだいのツーマンチームとも言える。

ごうだ
各種能力が高く、特に守備力は日本人選手最高。どんな競技にも使える。
ごだい
各種能力が高く、特に力は日本人選手最高。どんな競技にも使える。
くまだ
世界一を目指す柔道家だけあって柔道技が非常に充実している。しかし素早さ・守備力が低い。
にしむら
体力・力は結構あるが、素早さ・守備力がワーストレベルで、どの競技にも使いにくい。
はやみ
花園のしみず同様全体的な能力は低く、扱いにくい。

オクラホマハイスクールチーム 編集

晃之助がアメリカから呼び寄せたスペシャルチーム。実力は最強クラスの上、トーナメント方式の競技では常に決勝にシードされている。FC版ではプレイヤーが使う事はできない。

ジョニー
もちづきをパワーアップしたような最速キャプテン。GB版では体力・守備力が強化されている。
ラファエル
力・体力・守備力が高い格闘競技向けの最強キャラ。
スティーブ
他のオクラホマの選手の能力の総和を4で割ったようなキャラ。
アレックス
素早さ・守備力がかなりあるスピード競技に強いキャラ。
ジミー
ラファエルの能力を若干平均化したようなキャラ。ダブルドラゴン兄弟や「ダブルドラゴン」のジミー・リーとの関係は不明。

個人表彰式 編集

前作の熱血行進曲と同様、全競技終了後に個人表彰式が行われる。受賞者の選考は熱血行進曲に準じているものと思われる。

かんとうしょう:金10枚
敢闘賞。
さいゆうしゅうせんしゅしょう:金10枚
最優秀選手賞。
なめてるやつでしょう:-金15枚
なめてる奴で賞。
れいほうがくえんしょう:金5枚
冷峰学園賞。
とうどうグループとくべつしょう:金15枚
藤堂グループ特別賞は必ずオクラホマハイスクールチームの誰か1人が受賞する。

真のエンディング 編集

ノーマルモード・1人プレイ・熱血高校チームでプレイし優勝すると、真のエンディングを見ることができる。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はびっくり熱血新記録にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。