Fandom


ゆかな1975年1月6日 - )は日本女性声優歌手ナレーターシグマ・セブン所属。千葉県富津市出身。

本名および旧芸名は、野上 ゆかな(のがみ ゆかな)。身長160cm。血液型O型星座やぎ座

人物 編集

特色 編集

主に女性を演じ、幼年の少女から成人女性まで幅広くこなす。稀に少年またはそれに準ずる役を演じることもある[1]

舞-乙HiME』『コードギアス 反逆のルルーシュ』をはじめ、サンライズが手掛ける作品に出演することが多い。

経歴 編集

千葉県立君津高等学校普通科卒業。慶應義塾大学法学部(通信教育課程)進学[2]

1990年、高校1年の夏にアーツビジョン付属の日本ナレーション演技研究所に入所。

1993年、高校3年生の時にOVAモルダイバー』の主人公・大宇宙未来役で声優デビュー。1995年には『あずきちゃん』の野山あずさ役でTV作品初主演を果たした。

1996年3月にアーツビジョンを離れ、4月から音楽事務所IMADOKIに移籍するも約1年後に倒産。フリーになる。

1998年1月1日、個人事務所salirを設立[3]

1999年秋よりニューヨーク留学の為に一時活動を休止。ただしレギュラー作品は降板せず、アフレコの為に月に1度日本へ帰国していた。

2000年春に帰国し、現所属事務所のシグマ・セブンと契約。

2001年4月1日、芸名を元々音楽活動のみで使用していた「ゆかな」に変更した。

2004年には、本名陽子とのダブル主演作『ふたりはプリキュア』の雪城ほのか/キュアホワイト役が、幼年層を中心に人気を獲得。作品が代表作の1つとなると共に、他への出演も増えていくこととなった。

音楽 編集

両親が二人とも合唱団のパートリーダーで幼い頃からクラシックの発声の手ほどきを受けて育ち、5歳からピアノを弾いていた。中学生になると吹奏楽部に入りフルートを始めた。歌も大好きで歌っている時の感覚は「音に包まれて泳いでる感じなんです」と表現している。

デビュー作『モルダイバー』では主題歌を担当。OVA『青空少女隊』では二期のエンディングテーマ、『愛天使伝説ウェディングピーチ』では声優ユニット「FURIL」の一員として主題歌、挿入歌を担当。『あずきちゃん』でも2代目エンディングを歌うなど、各作品で持ち役のキャラクターソングを歌うことも多い。

1996年から1997年までは、「YUKA」としてバンドユニットW'sで1年間限定の活動を行った。1998年には、音楽活動においてアブソードミュージックジャパン[4]と専属契約。この際、契約上の関係から音楽活動では「ゆかな」名義で活動、後に全活動が「ゆかな」名義に統一されるきっかけともなった。

1998年末にアルバム『yu ka na』を発表した後は、キャラクターソングを歌うことはあったものの、個人名義において、全国販売レベルでの作品は、10年途絶えることになる。

2008年に、angelaのKATSUをアレンジャーに迎えて、個人名義のフルアルバム『Blooming Voices』を発表する。

2010年2月19日チェンバースレコーズのコンピレーションアルバム『桜の舞う頃に~卒表アルバム第一楽章~』にyukana名義で参加。オリジナル曲『卒業』の作詞、作曲とボーカルを担当。


他のアーティストへの提供
1991年に、混声合唱組曲『17才』の組曲『夢』の作詞をしている。これはまだデビュー前、作詞応募に投稿し採用されたものである。
また、自身で歌うほか、他のアーティストに詞や曲を提供している。

人物・エピソード 編集

  • 幼い頃から病弱で20歳まで生きられないかもしれないと医者にも言われていたせいで、ゆかなにとって20歳という年齢は鬼門だった。10歳の時には余命は数か月とはっきり宣告されるほど危険な末期的病状を経験し「自分がこの世に生まれてきた証を残したい」と小学生ながら常に考えていたという。それが役者の道を選んだ大きな理由だとインタビューで度々語っている。元々、就きたい職業はいくつもあったが「失敗も成功も評価が全て自分に返ってくる職業」を望み、中学校に進級する頃には芝居によって何にでもなれる声優になろうと決心していた。しかし、なかなか両親には言い出せず、その旨を伝えたところ猛反対され、学業に絶対に影響させない約束をすることでようやく許された。それまで親には自分の病で苦労をかけていた負い目もあり面と向かって我侭を言ったことは少なく、面倒をかけない娘であることを心がけていた彼女にとって人生初の大きな我侭が声優になる事だった。それゆえに学校の成績だけは落とすわけにはいかず、デビュー初期は仕事量も抑えていた[5][6][7][8]
  • 小学校の文集には「将来なりたいもの=薬剤師」と書いていた。理由は祖母がなりたかった職業だということを聞いていたからだという。
  • 体の弱さのせいで小学校に入学してもあまり通えず体育の授業にも1度も出られなかった。そのせいかインドア派の本好きな子供で広辞苑や六法全書、果ては電話帳を1日中眺めていることもあった[5]
  • 高校は文芸部に所属。しかし部室は校舎内ではなく屋外にあり、コーヒー豆やミルクを持参しては友達とお茶会ばかりしていた。
  • 声優養成所には着替える時間がないので高校の授業が終わると制服のまま電車に乗って直行し、稽古が終わると終電で深夜に帰宅する生活で仕事のアフレコも制服のまましていた。家が遠かったこともあり、ハードスケジュールで大変だったと述懐している。
  • デビュー作である『モルダイバー』の初アフレコ時に泣きたいほどの極度の緊張のあまりマイクの反対側に立ってしまい「それじゃモニターが見えないでしょ」と調整室のスタッフにもこの失敗を大笑いされたという。なにもかもが初めてでヘッドホンのジャックをどこに入れるか分からず、アドリブも出来ない状態から演じることになった主人公の大宇宙未来はゆかなが一番苦労した役であり周囲の共演者は全員が神様に見えて、みんなには出来ることが自分だけ出来ないまま終わってしまい悔しかったらしい。
  • 料理好きで、アフレコの時に共演声優やスタッフに差し入れとしてお菓子をよく持ってくる。『モルダイバー』でも最終話のアフレコで30個以上の自家製ミニシュークリームを持ってきていた。一時期はうどんの麺打ちに凝っていたこともある本格派[9]。得意なのは和食。
  • 機動戦士ΖガンダムII -恋人たち-』に関して、ゆかな自身は「シャアアムロがいちばんの恋人じゃないかな」と述べている[10]。同作品でフォウ・ムラサメ役に選ばれた時、飛田展男から「僕があなたを守ります」と言われたことがある[10]。この時、彼女は島津冴子の後任でフォウ・ムラサメを担当したが、本作の音響監督藤野貞義の不手際で島津に連絡がなかった事から、様々な憶測が飛び交い、ゆかな自身も事前挨拶はしていなかった事から、彼女の私設HPは中傷に遭い、閉鎖に追い込まれている(これは1987年に『ルパン三世』で古川登志夫山田康雄の代役に選ばれた際、内部告発も兼ねて挨拶に訪れた逸話とは対照的である)。
  • 芸名の変更は、「留学時の経験から、自身の授かった名前は『ゆかな』であると感じたこと」、「契約が切れていたこと」が契機となったという。また、「下の名前で呼んでほしい」という理由も語っている。
  • フランスの音楽バンドであるジプシー・キングスのファン。好きな理由として「躍動感のある熱さ」を挙げている[11]。他にはアルゼンチン生まれのイギリスの女性歌手マリー・クレール・デュバルド、アメリカの女優マドンナ中森明菜が好きなアーティスト。
  • プロサッカークラブの横浜F・マリノス(旧横浜マリノス)を応援している。大学生の時には少人数制のサッカーであるフットサルのチームに所属していた。
  • 愛車は赤いアルファ・ロメオ大型自動二輪免許も所持。
  • 1つ歳の離れたが1人いる[8][12]

交遊関係 編集

同年齢である池澤春菜とはキャリア初期より親交が深く、『メルティランサー』、『ふたりはプリキュア』などで共演経験もある。2006年になって声優ユニット「ゆかな*はるな」を結成。 2008年6月15日放送の『ゲゲゲの鬼太郎(第5作)』第62話「くびれ鬼が死をまねく」で共演した時には、二人の楽曲「Sweet Magic(ピアノソロ特別version)」も劇中のコンサートで使用された。これは池澤がスタッフに曲を勧めてみたところ採用されたのだそうで、ゆかなが演じるアイドルのAYAと池澤春菜が演じる妖怪のアマビエが仲良く一緒に歌っており友情を象徴するシーンとなっている。

本名陽子とも『ふたりはプリキュア』でWヒロインとして共演以降は、ラジオやバースデー・ライブなどにゲスト出演するようになり交友が深まった。この他、11歳年下の小清水亜美は、共演を喜んだり食事を一緒にするなどゆかなを慕っており、互いのブログにも登場している。

また、年齢のさほど変わらない椎名へきる手塚ちはるとはデビュー当時より仲が良く、付き合いも長い[13]

年上の声優では『あずきちゃん』で母子として共演機会の長かった皆口裕子と自宅に寝泊りするほど親しい間柄である。 デビュー作から共演している天野由梨も同じ所属事務所に所属していたこともあって昔から慕っており、天野もゆかなを妹のように可愛いがっていて愛しているとインタビューで答えている。

「舞-HiME」等で共演した中原麻衣が飲み会の終盤に「帰りたくない。」と泣き言を言い出したとき、その場にいた多くの共演者達と二次会、三次会まで開いた逸話がある。また、同作で共演した三木眞一郎ともお互いをあだ名で呼び合うほどの交流がある。

出演作品 編集

太字は主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

ラジオ 編集

特撮 編集

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

  • おばけのキャスパー Vol.4 〜キャスパーのハロウィン〜(キャスパー

オーディオブック 編集

ナレーション 編集

実写 編集

その他 編集

ディスコグラフィー 編集

シングル 編集

アルバム 編集

  • ほほえみをあげたい(発売元:ファンハウス、発売日:1996年2月25日)
  • PATIO 〜A sence with me〜(発売元:日本コロムビア、発売日:1997年5月31日)
  • yu ka na(発売元:アブソートミュージックジャパン、発売日:1998年12月23日)
  • everytime together (発売元:salir、発売日:2002年10月18日)

※原宿クエストホールで行われた「yukana concert2002 〜hearing voice〜」のライブ会場で発売された自主制作CD

  • dearie(発売元:salir、発売日:2005年10月30日)

※高田馬場クラブフェイズで行われた「maneki-neko 2」のライブ会場で発売された自主制作CD

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. ゆかな (2009年9月21日13:17:40). “シルバーウィーク”. ゆかなオフィシャルブログ From-yukana. 2009年9月21日閲覧。
  2. アニメージュ1996年6月号インタビューより。
  3. VOICE ANIMAGE vol.22 ボイスパーフェクトデータ(徳間書店)
  4. アブソードミュージックジャパン
  5. 5.0 5.1 声優ヒストリー 12人の声優が歩んだ軌跡(徳間書店
  6. VOICE ANIMAGE vol.3
  7. AIC LOVEコミック 夏号 Vol.2(株式会社アニメインターナショナルカンパニー
  8. 8.0 8.1 ゆかな: 生まれてきたことの爪痕を残すために
  9. 声優グランプリ vol.1
  10. 10.0 10.1 語ろうZガンダム!
  11. 声優白書シリーズ vol.12 野上ゆかな(バンダイビジュアル
  12. オリコン・ウィーク The Ichiban(オリコン ウィーク ザ・一番)1997年6月9日vol.19
  13. メディアックス ムック26 ザ・声優1995(株式会社メディアックス)

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。