Fandom


ウンディーネテンプレート:Lang-de-short)は、四精霊四大)のうちを司る精霊

語源はテンプレート:Lang-la-short(「」の意)である。他言語ではテンプレート:Lang-fr-short(オンディーヌ)、: Undine(アンダインまたはアンディーン)、テンプレート:Lang-it-short(オンディーナ)。

伝承編集

などに住んでおり、性別はないが、ほとんどの場合美しい女性の姿をしているとされる。

人間との悲恋物語が多く伝えられている。

パラケルススによると、ウンディーネには本来がないが、人間の男性と結婚すると魂を得る。しかしこれには大きな禁忌がつきまとう。

  • ウンディーネは水のそばで夫に罵倒されると、水に帰ってしまう。
  • 夫が不倫した場合、ウンディーネは夫を殺さねばならない(一旦水に帰った後でも)。

水に帰ったウンディーネは最終的には魂を失う。

オンディーヌの呪い編集

先天性中枢性肺胞低換気症候群は、睡眠時に呼吸不全に陥る先天的な疾患であるが、オンディーヌが夫にかけた「眠ると死に至る魔法」から「オンディーヌの呪い」と呼ばれることがある。

ウンディーネを題材にした作品編集

以下では便宜上、タイトルとして「ウンディーネ」「オンディーヌ」などから1つを挙げているが、絶対的なものではなく、別の形が使われることもある。

フーケの『ウンディーネ』編集

ファイル:Undine (novella) - cover - Project Gutenberg eText 18752.jpg

テンプレート:Rellink ドイツの作家フリードリヒ・フーケは、1811年中編小説『ウンディーネ』を出版した。

美しき水の精霊ウンディーネと、騎士フルトブラントの悲恋を主題とした。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテも「ドイツの真珠」と絶賛したドイツロマン主義小説の名作。たちまち数ヶ国語に翻訳された。

日本でも『岩波文庫 水妖記 ウンディーネ』(岩波書店)や『ドイツ・ロマン派全集5 フケー/シャミッソー』(国書刊行会)や『ウンディーネ』(新書館)が出版されている。

この作品は、多くの派生作品を生んだ。

ジロドゥの『オンディーヌ』編集

フランス戯曲家ジャン・ジロドゥは、1939年、フーケの『ウンディーネ』を原作とし、戯曲『オンディーヌ』を書いた。

オンディーヌは美しい姿の水の精であったが、ハンスという青年と恋に落ちて人間世界に姿を変えてやってきた。しかし、オンディーヌの自由奔放な性格に嫌気をさしたハンスは人間の娘ベルタに浮気し結婚にまで発展してしまった。オンディーヌが人間界に遣わされるにあたっては神から、もし相手がオンディーヌを裏切った時には相手を殺すようにとの託宣を受けていた。この命令に従って、オンディーヌはハンスに眠ると死に至る魔法をかけて破滅させてしまった。オンディーヌは再び水の精に帰ったが、人間界での出来事はすべて記憶から消されてしまっていた。なお、戯曲の中のオンディーヌは、ハンスを助けるために、「ハンスが私を裏切る前に私がハンスを裏切った」と嘘をつく。

この作品はミュージカル『オンディーヌ』としてブロードウェイで上演された。また、日本では劇団四季浅利慶太演出によるストレートプレイとして公演が行われている。

他に、このジロドゥの『オンディーヌ』を題材に以下のような作品が作られた。

バレエ編集

ファイル:Ondine - Illustrated London News.png

2作が作られ、いずれもフーケの『ウンディーネ』を原作としている。

1843年、ジュール・ペロー振り付け、チェザーレ・プーニ作曲で、『オンディーヌ、またはナイアド』が作られた。

1958年、フレデリック・アシュトン振り付け、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ作曲で、『オンディーヌ』が作られた。この作品は英国ロイヤル・バレエ団のレパートリーとして度々上演されている。初演はマーゴ・フォンテインタイトル・ロールを踊った。吉田都の当たり役のひとつでもある。

オペラ編集

ウンディーネではないが似た主題を持つ作品として、アントニン・ドヴォルザークのオペラ『ルサルカ』がある。

音楽劇以外の音楽編集

その他の文学編集

関連項目 編集

脚注 編集

  1. この音楽劇は1960年8月14日、NHKラジオ第1、同第2の「立体音楽堂」にてステレオにて放送され、同年のイタリア賞ラジオ音楽部門にて同賞を受賞。更に同音源は後の1961年7月に、当時の東芝音楽工業(現EMIミュージック・ジャパン)からステレオ・レコードにて発売され(規格番号:JSC1005)、月刊クラシック・レコード雑誌「レコード芸術」の同月号の推薦盤にもなった。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。