Fandom


カルネアデスの板(かるねあですのいた、Plank of Carneades)は、古代ギリシア哲学者カルネアデスが出したといわれる問題。「カルネアデスの舟板」ともいう。

舞台は紀元前2世紀のギリシア。一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、一片の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。その後救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われなかった。

現代の日本の法律でも、刑法37条の「緊急避難」に該当する為、この男は罪に問われない。

作品 編集

小説
漫画
  • 金田一少年の事件簿』の中の「悲恋湖伝説殺人事件」は、このテーマを元に描かれている。
  • MAYA 真夜中の少女』の「真夜中の告発者 EpisodeII カルネアデスの板」でも、このテーマが扱われている。
  • 星野之宣の短編漫画『カルネアデス計画』はこのテーマをSFで扱い、自分の惑星を救うために他の惑星を破壊することの是非を問うている。
  • ゴルゴ13』のさいとうたかをの短編作品の中にも『カルネアデスの板』という作品があり、世界の人口爆発によって食糧危機に直面した各国の有力者達が、秘密結社を結成し、了解ずくで全世界の人間を中性子爆弾で半分にまで抹殺するという内容が扱われた。
  • 沈黙の艦隊かわぐちかいじ 作中における衆議院選挙の際、各党の党首に対し、救命ボートにおいて感染病患者が発生したら、患者の処遇をどうするか、という問題について答えるよう求める。
  • 『ウッド・ノート』(著者小山田いく)では「カルネアデスの舟板」というサブタイトルで、バードウォッチャーの主人公が傷ついた野鳥のウミウを殺して体力の落ちた同行者に食べさせることで窮地を脱するというストーリーが描かれた。
アニメ
  • トップをねらえ!』において、終盤で「カルネアデス計画」なるものが提唱されている。内容は、大型のブラックホール爆弾を銀河系中心部のいて座A*に打ち込み、宇宙怪獣を巣ごと葬ろうというもの。これにより銀河系の中心部は何もない重力の穴になってしまうため、宇宙怪獣だけでなく、他の恒星も巻き添えを喰らい消滅する。このため、計画に懐疑的な登場人物もいた。

関連項目 編集

  • 緊急避難
  • 正当防衛
  • トロッコ問題:トロッコをこのまま走らせると5人が轢き殺される。向きを変えると1人だけ轢き殺される。向きを変えるべきか?
  • 臓器くじ(サバイバル・ロッタリー):くじに当たった人を殺し、その人の臓器を移植して他の複数人を助けるのは良い行いか?
  • 冷たい方程式:ギリギリの燃料しか積んでいない宇宙船に密航者がいた。この宇宙船は疫病のワクチンを運んでいるが、密航者を放棄しなければ燃料が足りない。多くの患者を救うために密航者を宇宙空間に放棄すべきか?
  • トリアージ
  • ミニョネット号事件
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。