Fandom


ギロロは、吉崎観音作の漫画ケロロ軍曹』およびその関連作品に登場する架空のキャラクターである。アニメ版声優中田譲治。幼年期(チビギロロ)の声優は平松晶子(第64話のみ斎藤千和)。

北米版ケロロ軍曹では階級が「Corporal GIRORO」となっている。

テンプレート:ネタバレ

人物 編集

ケロン軍での階級は伍長(OR-5)。ケロロ小隊機動歩兵である。パートナーは日向夏美

外見 編集

体色は赤色茶色帽子ドクロマーク(幼年期から未青年期にかけて腹にもドクロマークのシールがあった)。

帽子のドクロマークにはケロボールの無線を受け取る機能がある。また、ギロロの表情に合わせておでこのドクロマークの表情までが変わることがしばしばあり、夏美のことを考えて極度の興奮状態になったときや、怒りを感じたときによく見られる。顔の左側に目の上を通る大きな古傷がある(吉崎観音の作品『宇宙X兵衛』にギロロの傷のついた経緯が掲載されている)。またケロロ同様強い衝撃を受けるとアフロヘアーになり、色は黄色もしくは。夏美の事を妄想すると、目が垂れ下がり、口があき、よだれを垂らす。

ベルトを左肩からタスキ掛けにしており、これは幼年訓練所を出るときに兄ガルルからもらったものである(『ケロロ軍曹 ひみつ超ひゃっか』より)。バックルの中には夏美の写真が入っている。アニメでは最初の写真が風に飛ばされてアホウドリに盗られてしまい、今入っている写真は2枚目である(猫も写っている)。原作ではこうしたシーンが無いため、今でも1枚目の写真が入っていると思われる。またガルルもベルトをタスキ掛けにしているが、ベルトの掛ける位置は逆向きとなっている。ベルトがないとバランスがとれなくなり、非常に弱くなる(詳細は能力の節を参照)。

かつての郵便ポスト(丸型ポスト)はギロロの外見に似た部分があり、原作第45話・アニメ第34話Bパートではケロロが丸型ポストを見てギロロを連想しているシーンがある。アニメ第95話ではウラミマースが夏美に出したなぞなぞに「赤い顔をして口をあけて立っているものは?」というものがあり、答えがギロロだった(夏美はポストと答えようとしたが先にそれを禁じられた)。また、『ケロロとギロロの地球(ペコポン)侵略ラヂオ』のコーナー「ギロロバー」では「真っ赤なアイツ」と呼ばれている。

性格 編集

幼年期から真面目な性格で、ケロン軍に入ってからも怪我や病気以外で一度も休んだことはない(アニメ第131話Aパートで初めて休暇をとった際に、ケロロは非常に驚いていた)。

さらに小隊では唯一軍人らしい性格である。軍からの信頼もあるようで、アニメ第150話では軍内の「ベタタ小隊」の一時的な活動休止の際にギロロは臨時隊長になり、さらに3階級昇進で准尉になると予定されたことがある(その旨が書かれた手紙の報告をケロロが忘れていたためこの予定は取り消された)。また、ケロロ小隊における訓練に関する全指揮権はギロロにある(原作第148話より)。その一方、優柔不断な面(アニメ第129話でキルルに優柔不断エネルギーを吸い込まれていた上、アニメ第142話でも天使ギロロと悪魔ギロロのどちらの発言にも賛成していた)や、兄を呼び捨てにするような生意気さも持つ。

ギロロの初登場時、タママが臨場感を出すためにギロロを「お前」と呼んでしまった時は「上官を『お前』呼ばわりするのか」と発言し、さらに「目を食い縛れェェ!!!」と無茶を言い(これはアニメ初代オープニングテーマの『ケロッ!とマーチ』の歌詞にもなっている)、「そのような状況判断もできんとは…そういう体たらくだから」という説教をする(これは、兄であるガルル中尉と同じ。彼の場合は「回れーー、耳!!!」である)。なお、このようなタママとのやりとりがある一方でケロロには階級差を無視した言葉遣いをしており、またクルルを蹴飛ばしたり彼の顔面にバズーカを放ったりもする。だがケロロに関しては入隊以前からの親友という事情もあり、クルルの場合は彼にもそうされるだけの行動(ベルトを隠すなど)がある。

また非常に好戦的でもあり、「大艦巨砲主義」が座右の銘。武力制圧をすることが侵略の達成であると考えている面もある。

地球侵略に熱心でないケロロ軍曹にいつも苛立っており、彼への苛立ちと侵略遅延がストレスとなっている。その一方で友達思いな面もあり、ケロロがカリエス・ウォー(虫歯治療)や謎の病気にかかった際のギロロの行動にそれが現れている。

怪談対決の際に怖さを競う「恐怖カウンター」になるのを本気で嫌がったり(冬樹の怪談の怖さにカウンターが粉砕して気絶した)、幼少期の心霊写真を大人になっても怖がったり(実際にはケロロの悪戯)、何度も会った事があり普通にいただけのお観世を怖がったりと極度の怖がり。

趣味 編集

アニメでのプロフィールには「趣味はない」と書いている(第106話Bパート)。しかし実際には極度の武器オタクであり、自分のテントでいつも武器を磨いたり武器の雑誌を見ていたりするので、武器関連が趣味と言える。また、超劇場版でのプロフィールでは「趣味:武器の手入れ」となっている。ケロロ小隊に選ばれた理由はタママ曰く「極度の武器オタクなところを買われたから」である。実際、夏美から「武器おたく」と言われたこともある。アニメではサツマイモ栽培が趣味だと言ったこともあるが、これは夏美のためだけにサツマイモを作っていたため真偽は不明である。

また、アニメでは幼少期から鉄道ファン(鉄オタ)である様子が伺える。第169話Aパートで電車がらみの侵略を行ったときは大量の涙を流しながら大変感動し、一人で運転士制服を着込み電車を運転し大ハッスルしていた。銀河鉄道友の会の会員であり、会員番号は99999999(会員証の再発行はしてくれないと言っていた。アニメ第260話Aパートで再度言及があったが、このとき会員番号は「9999999」と言われており、9の数が1つ減っていた)。幼年期に宇宙ケルベロスに襲われたゼロロを助けたときに会員証を失ってしまったが、それに勝るものを手に入れられたため悔いはないという。更に第192話Bパートでは自身の幼年期のコレクションのひとつであった改札バサミを手にし、過去を思い出すという描写もあった。

使用する武器 編集

主な使用武器はガンダムシリーズに登場した武器をベースにリファインしたもので、よく『ガンダム0083』や『ガンダム0080』に登場したMMP-80マシンガンに似たを使用している。また、ウージーやM-11などの実在の銃をデフォルメした銃も使っている。アニメ版ではMP5Kに似た銃を使用している。

ケロロがガンプラにはまっていることを良く思っていない(しかし、原作第30話の新春ガンプラ大会には参加している)割には、ガンダム風ビームライフル等ガンダム系統のものを多用している。

近距離戦ではビームサーベルを主に使用するが日本刀ヒートホークタイプのガンダムハンマーも所持している。GP03Dデンドロビウムに似た大型の専用兵器・デンドロギロロを所有しており、遠隔操作も可能。自分専用の武器庫を持っていて次元転送を利用していつでもフル装備になることができる。公式ホームページではギロロはRPG-7に似た兵器を持っている。「ケロロRPG」ではゲームの世界でバズーカ砲や火炎放射器で戦っており、超必殺技でもデンドロギロロを使用している。

初登場時には周囲にブービートラップを張り巡らせることで、原作では自分に黙示録撃を放とうとしたモアを逆に吹き飛ばした(アニメでは吹き飛ばされるという、原作と逆の立場になった)。

能力 編集

さすがに軍人と言うだけあって、あらゆる武器を使いこなす。射撃の腕はケロン軍選抜射撃大会第一位の腕前。戦闘能力はかなり高く特にサバイバル戦が得意である。さらに怒りが頂点に達すると、全ての能力を戦闘能力に変換する。さらには言語能力までもを戦闘能力に変換しカタコト(例えば、「夏美をいじめただろ」という言葉が、「ナ・ツ・ミ・ イ・ジ・メ・タ……」という風に変わる)になり、その際には戦闘能力が通常の1.3倍になるが、3倍パワーアップしたように感じられる。その時の彼は怒りで凶悪な目付きをしており、見るからに恐ろしい顔付きである。

夏美が危険にさらされた時には怒りが頂点に達していなくても自ら能力を戦闘能力に変換し、この戦闘モードになる事もある。速さはケロロ小隊の中で最も速くなり、誰も止められない。しかしあの頃のケロロと戦わせれば互角の戦いになるとも言われている。しかしデスクワークは苦手である。また、外見の節で前述の通り夏美の写真が納められているベルトが無くなると驚くほどに戦闘力が落ちてしまう。さらには運動能力のバランスも崩れ、転んだり頭を壁にぶつけたりという有様になる。さらに百発百中で当てる事の出来る銃の腕前が全くなくなってしまう。

この他夏美の事を思う(特に入浴中のシーン)と放心状態に陥り、その時は戦闘に集中出来なくなる。それに関して想像すると戦闘時の様子を思い出そうとするが、どうしても夏美との入浴シーンを思い浮かべてしまい、それに興奮するあまり頭の血管が切れてが噴き出す事もある。

視野はかなり広いと思われ、イアパッドをしていても数メートル先(しかもガラス越し)の話が聞こえるほどの地獄耳。また2000km先で落ちたの音が聞こえるらしいが、真偽は不明である。

ケロロよりは頭がいいらしく、高校の数学はできないがかけ算はできる(ある数字に0をかけると必ず0になることは理解している。その他にもやや複雑な計算も出来る)。おそらく、中学生レベルの頭脳ではないかと言われている。

だがはド下手で、アニメ「ケロロ軍曹」の作画の一枚目を3時間掛けて描いた(アニメ第33話。本来30分のアニメを作るには3000枚の絵が必要)。文字を打つ際に「ペコポン」を「ペコポ」のテロップで侵略を実現させたり(アニメ第230話Aパート)、夏美にメールで「さっきはすまん」を「さっきはすま」を送信してしまったり(アニメ第309話Bパート。このメールをみてケロロ達を怒る気も失せた)と最後の一文字で打ち間違えてしまう事が多い。更に、自身が考案した侵略作戦の内容が適当過ぎたり(アニメ第91話Aパート)、漫画のストーリーが滅茶苦茶な上にキャラクターが酷過ぎる(アニメ147話Bパート)等支離滅裂な部分が多い。

パートナー・日向夏美とその他の人間関係 編集

恋愛面 編集

地球侵略のため日向夏美と戦ったが敗れ、それ以来彼女を「地球の女ソルジャー」だと思い、戦士としての夏美に惚れる。彼女とはパートナーであり、ギロロは彼女に「宇宙を超えた片思い」をしている。彼の一途な愛は黙って最高(究極)の焼き芋を焼いてあげたり、夏美の危機には全力で彼女を守ったり、さらには夏美だけのためにサツマイモ畑を作ったりするなど、正にハードボイルド・ラヴである。なお、ギロロは夏美を想う気持ちから妄想に走ることがあるが、彼の妄想上の夏美は恐ろしく現実からかけ離れており、夏美が「戦士」として描かれていたり(パワードスーツを着用しているなど)、「ねえ、ギロロ」「ありがとう、ギロロ」などの発言をしていたりすることが多い。

だが戦士としてだけでなく女性としての夏美にも惚れているようである(原作では夏美に惚れたのは第12話で夏美と一戦を交えてからだが、アニメでは第3話Bパートで夏美と一戦を交える前に地球人の調査をしていたとき、シャワーを浴びていた夏美に対して一瞬頬を赤らめている描写がある)。言いたいことも言えないなど基本的に恋愛レベルは中学生以下であり、その上奥手。また、夏美の憧れの人である623(アニメではサブロー。以下同様)や仲良しの東谷小雪にまで嫉妬しており、そのせいで暖房代わりになるほどに熱くなることもある(「暖房代わり」は原作のみ。嫉妬する姿からタママに今なら分かり合えると仲間意識をもたれるほど)。さらに、原作では小雪と夏美が一緒にお風呂に入っているところに乱入して夏美のお仕置きを受ける(アニメではテレ東規制により割愛)など、顔に似合わぬお笑いキャラになってしまっている。なお、恋煩いもまた前述の2つの原因とともにストレスの原因となっている。夏美に危害を与えているケロロに成敗したり、サブローや小雪を敵視しているそぶりは、嫁入り前の一人娘を持つ父親のような雰囲気を持つ。

ケロロたちが本格的に地球侵略作戦を実行するとそれを阻止する夏美に影で味方してしまい、地球侵略が進まない一因ともなっている(一応自覚しているらしい)。夏美に関係したことなら死ぬことすら受け入れている節があり、極小化してプールで遊んでいた際、それに気づかなかった彼女に潰されて死にそうになっていた際も「それもまた本望」と発言している。夏美たちが攫われた時には複数いても彼女のみを助ける気でいる。ちなみに夏美以外はギロロが彼女に好意をもっていることを知っている。夏美の方も、いつも何かあるとギロロが助けてくれる為、仲間としてではあるが好感を抱いている。そのため、パートナーとしては仲は良好である。

人間ではないが、日向家の近所に出没する子猫を助けた事があり、それ以後、子猫に好意を持たれなつかれている。

またアニメではプルルに惚れているようなしぐさも見せている(アニメ第162話・劇場版2短編上映より)。なお、ギロロが夏美に惚れているのは訓練所で出会ったジョリリの「強い男は強い女に惹かれる」という台詞に影響を受けている(同話より)。

アニメでは、265話Aパートでファーストキスをサブローとしてしまい、さらに次話の266話Aパートではタママに濃厚なキスをされてしまった。

その他の人物関係 編集

ガルル中尉というがいる。前述通り彼を呼び捨てで呼んでいるが、幼年期は「兄ちゃん」と呼んでおり、現在でもたまに「兄ちゃん」と呼んでしまうことがある。他に兄はいないようである。父に関してはアニメで少しだけ明かされたが詳細は不明である(ケロン人#ギロロの家族の「ギロロ/ガルルの父」を参照)。アニメにおいてケロロ小隊では幼年期と現在の声が彼だけ異なり女の子のような声だが、ガルルを見る限り、幼年期に声が高いというのは遺伝である模様。

幼年期はケロロ・ゼロロ(ドロロ)と行動(遊び)していた。ゼロロをいじめていたのはケロロだけで、自分には罪はないと思っているが、ドロロによるとケロロが自分をいじめていたときギロロはいつでも見ているだけであったという(それもれっきとしたいじめである)。ただし幼年期にジュースをゼロロにあげたことがあり、優しい面も持っている。小隊ではケロロと一番付き合いが長い。クルルからバレンタインデーの日にカレーをもらったトラウマを持ち、ドロロから「トラウマを持つ仲間」と呼ばれていた。

クルル曹長とは犬猿の仲だが、最近では2人で行動していることもある。また623・小雪・西澤総裁(桃華の父・梅雄)・ポールのことも気に入らないらしい。挿入歌『ギロロの一番長い日』でサブローのことを勝手に「コードネーム326」としている。

よくクルルの発明の実験台(犠牲者)にされ、そのたびにひどい目に合わされており「実験動物」と言われることもある。

ケロロに作戦の一環として女装・物真似などの汚れ役を強要される。ドロロに次いで空気が読めないキャラクターで、作戦の遂行が優先という考えや夏美への罪悪感によってケロロらの悪ノリに乗らないのが主な原因。

その他、冬樹の「運動会」の特訓の手伝いもした事もある。

地球での生活 編集

現在は日向家の庭でギロロの目が書かれたテントをはり、キャンプ生活を行っている(テントはよく壊される。アニメ第11話・第58話・第179話など)。「(侵略相手である)地球人となど一緒に住めない」という軍人としての心得が日向家の中で生活させない要因である。テントの中で軍用食(「ケロレーション タイプG」?)を食べて生活しているが夏美たちと一緒に食事をしている時もある。

夏でも焚き火を焚いており、夏美の好物であるサツマイモを焼いている(毎回焼いているせいか、最高の焼き加減に仕上げることができる)。

特殊な呼称・話し言葉の特徴 編集

一人称は「俺」であり、小隊内の無線では「スカル1」。

ケロロによく「赤ダルマ」と呼ばれる[1]。またタママによると「ウッカリギロロ」の別名があるらしく、これは「勝手な行動で足を引っ張ってばかりである」ということから来ている。戦場では真っ先に突っ込んでいくため「かませ犬」と呼ばれており、本人も認めたくはないが認識している。

原作では、ほとんどの登場人物のフキダシが丸っこいのに対して、五 - 八角くらい角ばったようなふきだしになることが多い。

アニメ第185話Bパートではクルルが作った発明品の効力により、タママと同じ言葉遣い(一人称が「ボク」になり、語尾に「ですぅ〜」が付く)になった。

その他のエピソード 編集

  • コードネームはG66、合い言葉は「ギロギロギロ」(怒るとギロギロと鳴く。また嬉しい時でも鳴く時がある)、ラッキーナンバーは「夏美」の語呂である723(ドラマCDおよび挿入歌「ギロロの一番長い日」より)。
  • アニメでは幽霊のほか、ナマコが苦手である(第123話Aパートより)。
  • 本部に旧友が居り、タママが手違いから隊長となって暴走しだした時にはそのコネを使って彼を更迭させようとした。
  • 原作登場初期に数回地球のことを「ポコペン」ではなく「ちきゅう」と言った事がある。
  • 仕送りをしている(恐らく実家に。原作第86話より)。
  • 鬼神化して吼える傾向がある。侵略作戦が上手くいきそうになると「いけるのか今回は!」と言ったり滂沱のを流すが、毎回失敗するので報われない。
  • ケロロ・クルルの次にお仕置きを受けるキャラクターであり、結構ツンデレなキャラクターでもある。
    • 時期は不明だが、秋葉原のポップカードにて「Q.今一番のツンデレキャラは? A.ギロロ伍長です!」と紹介されたことがある。
  • 音楽に関しては軍人らしい性格とあって、魂を揺さぶるような軍歌を好む。彼曰く戦場において意気高揚等の音楽の有用性は認めてはいるが、恋だの愛だのという言葉のある歌は不愉快にも程があるとか。
  • クシャミをする時には「ヒッ、ギッチャイッ!!」とクシャミをする(アニメ第159話Bパート)。
  • 極度のアルコール拒絶体質で、を一滴口に含んだだけで気を失い倒れる。そのことを指摘されると怒る。
  • スイカを食する時は中身だけでなく、も皮も丸ごと食す(アニメ第175話Bパート)。
  • 幼少期より「うがい」が苦手であった(アニメ第246話Aパートより)。うがいをしようとするとどうしても口だけでなく、耳の穴(?)からも水を吐き出してしまうようである。
  • 幼年訓練所時代はお弁当は軍の非常食を食べていた。
  • 踊るのが苦手である(パントマイムのようなポーズでギクシャクした動きである)。

ギロロ伍長の呼称一覧 編集

使用頻度が高いもののみ挙げる。

名前ギロロを呼ぶ際の呼称ギロロに呼ばれる際の呼称
ケロロギロロ(伍長・君)・赤ダルマ・赤提灯・・妄想番長(アニメ223話Bパート)ケロロ・貴様(軍曹さんと呼んだときもある)
タママギロロ先輩・伍長さん・ギロさん・赤ダルマ・ローギーさんタママ
クルル(ギロロ)先輩・おっさんクルル
ドロロギロロ殿・ギロロ君ドロロ(ドロロ先輩と呼んだ時もある)
冬樹伍長・ギロロ(伍長)冬樹(「日向弟」「冬樹君」と呼んだ時もある)
夏美ギロロ・武器マニア・ジョン(アニメ283話Bパート)夏美(「ナッチー」と呼んだ時もある)・貴様
ギロちゃん日向秋
桃華ギロロさん西澤桃華
623/サブローギロロ623/サブロー
小雪ギロロ・ドロロのお友達東谷小雪・あの女
モアギロロさん・伍長さんモア
ガルルギロロガルル・兄ちゃん
プルルギロロ君プルル

コスプレ・変身 編集

赤ちゃんギロロ
原作第23話・アニメ第9話Bパートで登場。ジンセイガニドアレバ銃で赤ちゃん化したギロロ。しかしまだチビギロロの設定がなかったためか、顔が大人の顔になっていた[2]
ケロロと一体化したギロロ
原作第28話・アニメ第15話Bパートで登場。ケロロとシンクロナイズドスイミングをしていた最中、2つの人格が分裂した桃華を戻した原理によりケロロと合体してしまったギロロ。体の右半分がケロロ、左半分がギロロになった。その際ギロロのベルトも半分(彼の部分のみについている)になっていた。アニメ295話Aパートでも再登場。「合体することで持っている力を何十倍にもパワーアップする作戦」でケロロとギロロが一体化した。その際、ケロギロフォームと紹介されていた。
原作第31話・アニメ第43話Bパートで登場。節分と言うことで、夏美に大豆をぶつけられたことに対する復讐を誓ったケロロが、クルルに作らせた光線銃の実験台(彼曰く「実験動物」)になり変身させられた姿。
赤い怪獣
アニメ第57話Bパートで登場。巨大化したケロロが地球侵略のために考えたストーリーで、超古代生物兵器が落雷で目覚めてしまうという設定。
ギロ山ギロ郎
アニメ第63話Aパートで初登場。吉祥学園の生徒(冬樹のクラス)に扮したギロロ。タマ川タマ夫と同じく一昔前風の不良のサクラ役。長ランに破れ学帽というバンカラスタイル。アニメ第261話Aパートでタマ川タマ夫とともに再登場。
ギロさん
アニメ第65話Aパートで登場。七転署捜査一課の刑事の一人に扮したギロロ。
ギロ男
アニメ第66話Bパートで登場。夏美&小雪のデートのあとをつけるために変装したギロロ。紫のリーゼント学ランという出で立ち。ケロ子をめぐるライバルであるタマ夫と決着をつけるという設定。
バッハ風肖像画
アニメ第67話Aパートで登場。「恐怖!!学校の七不思議大作戦」にて。"七不思議作戦その三"として冬樹達を驚かせるために登場、ベートーヴェンの肖像画に恐怖を感じて冷や汗を流し、それを見た桃華が仰天したことで結果的に成功。
ククルス・ドアン/レオニード・アルモドバル
アニメのみの設定。第69話Bパートで初登場。土井中村の水着美女お笑いコンテストでのお笑いグループ「ハルマゲドン」に2ndシーズンより加入。ギロロがペコポン人スーツを着て地球のヤンキー女子高生に成りすました形態。ヘアスタイルが古墳時代の男性がしていたみずらという髪型と似ている。2ndシーズンまでは名が「ククルス・ドアン」。3rdシーズンでは「レオニード・アルモドバル」に改名。
夏美の右手
アニメ第81話Aパートで登場。クルルの実験により夏美の右手と融合してしまったギロロ。クルルの予定では当初ギロロは夏美そのものと融合するはずだったが、細かな計算違いにより右手のみと融合した。
魔法使い
アニメ85話Bパートで登場。変身ステッキにより変身したギロロ。なぜかスカートが付いた服で、帽子にはウサ耳が付いていた。
怒り帽子
アニメ第87話Bパートで登場。ジュリー人が作り出した「『不思議の国のアリス』を模したモアの世界」に登場したときの姿。
ダンス☆マン崩れ
アニメ第88話で登場。ダソヌ☆マソに「アフロ化ビーム」を浴びせられたギロロ。金色のアフロでダンス☆マンにそっくりな格好をし、やたらとファンキーな性格。
7人に分裂したギロロ
アニメ第89話Aパートで登場。「成さねばならぬ何事もオーブン」のエネルギー弾と焼き芋を間違えて分裂。全員にかませ犬属性がある。
ギロッペ
初登場時のギロロと同じ冷酷非情の軍人。帽子は赤色。ギロロより目つきが悪い。戦闘力は夏美、またギロロ本人を上回る。反乱を起こしフルアーマーの状態でオリジナルのギロロと交戦したが556のおかげで標識の柱に頭を打って目を回すという結果になり(ギロロも同様に塀に頭を打ってひどい目にあっている)、相打ち(?)になり、彼の反乱は食い止められた。
ギロりん
いくじなしで戦闘力も低い。帽子は薄茶色で、黒目が薄い。『くまピー』という名のおそろいの帽子を被ったテディベアをいつも抱きしめている。反乱を起こしたギロッペにビームライフルを持って立ち向かった結果、ギロッペに瞬殺された。
ギロっち
三角巾をかぶりエプロンをしている。目の形はギロロと変わらないが眼が常に笑っている。家庭的だが料理は下手である。
ギロさま
笑顔が素敵。帽子が紫色の髪になっている。メガネスカーフをして、潤眼が横に伸びたような目つき。
ギロっこ
ハガキ職人の詩人であるが、アニメ第75話に登場したポエムと似たものを作ったり『623の俺ラジオ』で自分の書いたポエムが放送された。帽子が三つ編みの髪になっている。潤目。
ギロぽん
夏美のために一途な愛に生きる。アニメ第49話Aパートでクルルにすがり「いつもしていないこと」をしたギロロに似ている。ただし髪が金髪。サブローに対し「ラブラブギロぽんアタック」で攻撃を仕掛けるが、逆に彼の描いた「」の絵から出てきたシャイニングガンダムの「シャイニングフィンガー」を受け敗北する。その後、ロープで縛られギロロ(通常)に怒られてしまう。第111話Aパートにもギロロの妄想シーンで少しだけ登場したほか、第147話Bパートにも登場した[3]
バフンウニ
アニメ第99話Bパートで登場。「ペコポン水族館」の中で魚にコスプレしていたときのギロロ。
ギロッパー
アニメ第99話Bパートで登場。「ケロッパーズ」としてのギロロ。
噛ませ家犬平(かませやいぬへい)
アニメ第100話で登場。記憶を取り戻すため大喜利のメンバーに扮したときのギロロの名前。キャッチフレーズは、「チャラーン!!新潟県の皆さん!噛ませ家犬平で〜す!!」
アワビ
アニメ第100話で登場。
ギロロ先生(耳鼻科医)
アニメ第107話Aパートで登場。吉祥学園の聴力検査に潜入したときのギロロ。
ベートーヴェン
アニメ第118話Aパートで登場。「怪談嫌いの夏美に、お化けを見せて驚かす」という作戦の一環として動くベートーヴェンの肖像画に化けたギロロ。ちなみにベートーヴェンの肖像画は、以前に似たような趣向の作戦を実行したときにギロロが驚いたもの。
ギロ助
アニメ第120話Aパートで登場。「土井中海岸男子水着コンテスト」に参加したときのギロロ。イケメン系スタイルのペコポン人スーツを着用。
狼男
アニメ第133話で登場。ハロウィンパーティーに参加するため、狼男スタイルのペコポン人スーツを着用したギロロ。ハロウィンマスクをつけているため特徴的な語尾(最初は「でガンス」、その後クルルがマスクのスイッチを切り替えて「にょ」になった)で話す。
赤いカカシ
アニメ第135話Bパートで、ケロロの夢に登場したギロロ。ドロロがこのカカシで害鳥(カララとチロロ)を追い払った。
セルフパロディとして使われている。
の糞
アニメ第136話Aパートで登場。「さるかに合戦大作戦」におけるギロロ。本人はこの役にあまり満足していない模様である。
宇宙ケルベロスの糞
アニメ第162話で登場。『宇宙さるかに合戦』の流れで秘密基地を取り戻す作戦におけるギロロ。
お琴の爪(仮称)
アニメ第144話で登場。
漫画家
アニメ第147話Bパートで登場。が自分に義理チョコを渡したかどうかを聞き出すため、漫画家型のペコポン人スーツを着用したギロロ。ちなみに申し込んだ漫画の方は酷い出来らしい。
ポール森山
アニメ第147話Bパートで登場。桃華に義理チョコを渡す相手を聞き出すため、ポール型のペコポン人スーツを着用したギロロ。この時桃華は冬樹にチョコを渡して有頂天になっていた為、気が付かなかった模様である。
変なアーマー(名称不明)
アニメ第151話Bパートで登場。カブラースとの戦闘時にケロボールで変身させられたギロロ。なぜかジェットパックの他に水着が装着させられており目には付け睫毛が付く。尚、水着には「ギ66」と描かれている。
運転士
アニメ第169話Aパートで登場。電車がらみの侵略を行ったときのギロロ。
液体ギロロ(仮称)
アニメ第169話Bパートで登場。ギルルの手によりメルト(液状)化したギロロ。自身の声が相手には全く聞こえない。
パペットマペット
アニメ第170話Bパートで登場。手にはケロロとギロロのぬいぐるみを持っている。衣装は赤。
ギロ山
アニメ第177話Bパートで登場。侵略作戦シミュレーション「ペコポン一のガンプラ男」内でのギロロ。ガンプラ会社社長という設定で、息子は冬樹。毛路論(ケロロ)の口車に乗せられて彼を正社員にし、最終的に社長の座を譲った。一人称は「儂(わし)」。
武士ういろう売り)
アニメ第182話Aパートで登場。ケロロが見ていた夢の中に登場したギロロ。本来古傷のある左目だが、このギロロは左目に眼帯をしていた。殿様(タママ)に命じられてケロロとともにお金(実際には)をういろう売りに化けて運んでいた。現実のギロロと同じくまじめな性格で武士らしく、任務を必死に遂行させようとしていた。武士という設定だがケロロから兵士の階級である伍長をつけて呼ばれる。
ギロ山ロミヲ
アニメ第184話Bパートで登場。吉祥学園文化祭で夏美のクラスが演じる『ロミオとジュリエット』で、出演者がいないと知った時逡巡しながらも、最後に意を決して夏美のパートナーに志願した際の名前。直前までケロロ小隊総出でいきなり団子の屋台で働いていたため、ステテコに腹巻という的屋スタイルのペコポン人スーツを着ている。
手榴弾
アニメ第185話Aパートで登場。ロボボの機械化光線を浴びて手榴弾と一体化したギロロ。自分を爆発させてロボボを倒そうとしていた。
子犬
アニメ第194話Bパートで登場。逆ボクラハミンナイキテイル銃の暴発により子犬に変身したギロロ。クルルに一時的にであるが飼いならされた。
人間姿のギロロ
アニメ第196話で登場。西澤家主催の舞踏会で夏美と踊るために、クルルがわざと落とした「ボクラハミンナイキテイル銃」で地球人の姿になったギロロ。靴のサイズは556と同じである。
アイアンギロロ
アニメ第253話Aパートで登場。ガンマ線で不完全ながらも超人化に成功したケロロから夏美を守るため、クルルによる超人化プランBコースで鉄のスーツを着たギロロ。
車掌
アニメ第253話Bパートで登場。
赤い妖精さん
アニメ第278話Bパートに登場。
オノノ=ギロ子
超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!』で登場。ケロロが開催したプリンセスコンテストでプリンセス衣装を身に着けたギロロ。「古典的和風美女」というコンセプトであり、衣装は十二単和服である。また、続編の『ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります』でもドロロと小雪の術で再びこの姿になっている。
ギロロドラゴン
超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』において竜の書の力を受けドラゴンの姿となったギロロ。体にベルトを2本×の字状に巻き右腕にガトリング砲、左腕と耳の部分にミサイルポッドを装備している。
ギロロ丑長
原作第155話で牛を使って侵略しようとしたとき、小隊内でとったアンケートで見事牛に選ばれ、()専用変身銃で牛にさせられた姿。巨大化し、角と牙が生えてミノタウロスのような姿になり、ドクロマークが変わっている。片手に斧を持つ。
浪人ギロロ
武者ケロで登場。笠をかぶっており、ノースリーブの着物を着ている。刀型の銃で攻撃する。「ケロロRPG」でもギロロのコスチュームとして登場しており、大筒や大砲で攻撃する。
砲撃王ギロロ
ケロロパイレーツで登場。「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウのような格好をしている。「ケロロRPG」でもギロロのコスチュームとして登場。コートの裾が仕込み銃になっている。
重戦士ギロロ
ケロロクエスト(第2弾)で登場。斧が武器。「ケロロRPG」でもギロロのコスチュームとして登場(ケロロクエストとはコスチュームのデザインが異なり、トゲのような突起が付いている)。

脚注 編集

  1. 「赤ダルマさん」とも。他にも「顔面紅葉野郎」「赤男爵」「赤ちょうちん」など。本人はこの呼び名を気に入ってはいないが、この呼び名はアニメ版の挿入歌『ギロロの一番長い日』でギロロの公式ニックネームとされる。またアニメではナレーターに「彼こそ戦場の赤いダルマ…い、いや悪魔。」(第122話Bパート)と呼ばれたこともあった。小説版で隊員名になったこともある。
  2. ケロン人の子供は目の下半分まで白い顔になっているはずである。
  3. ただし、口調はギロロのまま。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。