Fandom


クライマックス(CLIMAX)日本ゲームソフト開発会社。またラジオ番組の企画・制作も手掛けている。

概要編集

1990年4月にドラゴンクエストシリーズの開発スタッフだった内藤寛高橋宏之と共に設立。しかし、1991年に起こった内藤と高橋との間の軋轢がきっかけで、高橋は同社を去ることになる。

1992年8月には、後に小学館のゲーム雑誌ゲーム・オン!も提供することになる初の自社プロデュースのラジオ番組「TV Game Radions」を放送開始。放送局の変更および中断、さらにタイトル変更を経て2010年現在も続いている。

関連会社として玉木美孝を中心としたマックスエンターテイメントや、西垣伸哉を代表としたクライマックス・グラフィックス(クレイジーゲームに社名変更)も設立されたが、2社とも数年で解体された。

開発ゲームソフト 編集

マックス・エンターテイメント 編集

  • フェーダ ジ・エンブレム・オブ・ジャスティス(FEDA : The Emblem of Justice)(スーパーファミコン、1994年10月、やのまん)
    • フェーダ・リメイク! エンブレム・オブ・ジャスティス(FEDA Remake! : Emblem of Justice)(セガサターン、1996年6月、やのまん)
    • フェーダ2 ホワイト=サージ・ザ・プラトゥーン(FEDA2 : White surge the Platoon)(プレイステーション、1997年4月)
    • フェーダ2 ホワイト=サージ・ザ・プラトゥーン サイクロンズ・ベスト(プレイステーション、2001年8月、フォーウインズ

クライマックス・グラフィックス 編集

  • ブルースティンガー(ドリームキャスト、1999年3月、セガ)
  • イルブリードクレイジーゲーム名義、ドリームキャスト、2001年3月、セガ)
  • ザ・メイズ・オブ・ザ・キングス(クレイジーゲーム名義、NAOMI、2002年、ヒットメーカー/セガ)

制作番組 編集

  • TV Game Radionsシリーズ(ラジオ大阪東海ラジオ
    • TV Game Radions・同R・同Air・同Air Special Go! Go!・同V3
    • TV Game Radions X(ネット配信)

この他、東海ラジオ内で単発番組を手掛けている(「ビバ・アメリカ」など)。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。