Fandom


セルシウス度(セルシウスど、記号:℃/°C)とは温度セルシウス温度)の単位である。欧米では考案者の名前から「セルシウス度」と呼ばれており、日本などではセルシウスを中国語で書いた摂爾修斯(摂尓修斯、テンプレート:繁体字テンプレート:簡体字)から摂氏温度(せっしおんど、せしおんど)ともいう。

定義 編集

現在の定義は、「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」である。元々の定義は凝固点を0度、沸点を100度とするものであった(詳しくは歴史を参照)。

用法 編集

例えばセルシウス度による温度は、日本語では「15℃」または「摂氏15度」という。「C」または「摂氏」を省略しない書き方が正式であるが日常生活においては単に「15度」と表現することも多く、同様に「度」という表現を用いるファーレンハイト度(華氏温度)や角度と混同される恐れがある。英語では“fifteen degrees Celsius”または“fifteen degrees centigrade”と読み、"15 deg C"と略記する。日本語の場合にも科学の学術の発音では上記誤解を避けるため「ドシー」と呼ぶこともある。

歴史 編集

セルシウス度はスウェーデン人のアンデルス・セルシウス1742年に考案したものに基づいている。当初は1気圧下におけるの凝固点を100℃、沸点を0℃としてその間を100等分し低温領域、高温領域に伸ばしていた。しかしその後、定義は凝固点を0℃、沸点を100℃とする現在の方式に改められた。これは、カール・フォン・リンネかセルシウスの用いていた殆どの温度計の製作者であるDaniel Ekströmの換言によるものかもしれないといわれている。

水の沸点と融点の間に100の目盛があることから、この体系のもともとの名称はcentigrade(「百分度」の意)であったテンプレート:要出典。しかし1948年の第9回国際度量衡総会にて、名称が正式にセルシウスへと変更になった。これには、セルシウス自身の認知のためとSI接頭辞であるセンチ(centi)との衝突からくる混乱(centigradeがgradeという単位の100分の1と勘違いされる)を避けるという目的があった。現在でも“centigrade”で通じる(後述)。

その後の物理的な計測方法の進歩と熱力学温度の採用により、現在の定義は「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」となっている。つまり水の三重点を0.01℃とし、水の三重点と絶対零度の温度差の273.16分の1を1℃としている。「273.16分の1」という数字は、セルシウス度における1度の温度差をそのままケルビンの1度の温度差として使用するためのものである。すなわち、セルシウス度とケルビンの目盛の幅(1度の温度差)は等しい。なお、この定義により水の沸点はちょうど100℃から99.974℃に変更された。

セルシウス度は日常の様々なところで用いられているが、イギリスアイルランドの放送メディアの中にはセンチグレードと呼ぶところも多い。アメリカのメディアだけは依然単独でファーレンハイト度を用いている。

単位の換算 編集

セルシウス度からファーレンハイト度への換算 $ F=1.8C+32 $

ファーレンハイト度からセルシウス度への換算 $ \textstyle C=\frac{5}{9}(F-32) $

-40℃と-40℉が等しいことを利用した、別の換算方法もある。 $ \textstyle C=\frac{(F+40)}{1.8}-40 $

テンプレート:温度の単位の比較

符号位置 編集

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称

テンプレート:CharCode

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。