Fandom


ダウン・ザ・ワールド』は、1994年9月30日アスキーから発売されたスーパーファミコン用のRPG

概要 編集

SFCソフト史上初の「主題歌」が起用されている。キャラクターデザインは松下進、シナリオは康珍化、音楽はジェフ・ファイファーが担当している。

システム 編集

戦闘システムは「ATB(アクティブ・タクティカル・バトル)」。戦闘はオートで行われる。プレイヤーは行動パターンを組み、キャラクターがどのように動くかをある程度設定する。

登場人物 編集

ガオ
主人公。青い涙の騎士。プレイヤーは彼に導かれ、彼らを指揮する勇者となる。
ベルベル
妖精。戦闘には参加しない。

サウンドトラック 編集

  • ダウン・ザ・ワールド・ミュージック エピソード1
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。