Fandom


テイルズ オブ ファンダム Vol.1』 (Tales of Fandom Vol.1) は、2002年1月31日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたプレイステーション (PS) 用ゲームソフト

概要 編集

本作は『テイルズ オブ』シリーズのファンディスクである。これとは別に、オリジナルストーリーのドラマCD『テイルズ オブ ファンダム』も出ている。続編に『TOF2』がある。シリーズのPSでの作品は本作が最後となった。『TOP』・『TOD』・『TOE』と、本作が出た時点で発表されていたテイルズ オブ シリーズ本編のキャラクターが多数登場。内容はミニゲームが中心であるが、特典として「ギャラリー」のコーナーに100枚以上のゲーム設定資料画やグラフィック原画も収められており、ミニゲームである条件を満たして少しずつ鑑賞できる絵が増えていく。パッケージイラストには、ルーティ、クレス、ファラの3人が描かれている“クレスバージョン”と、スタン、ミント、リッドの3人が描かれている“ミントバージョン”との2種類があるが、ゲームの内容は同じ。

内容 編集

3本のミニゲーム、「カオベンチャー」・「カオドラ」・「クレーメルラボ」に分かれている。

カオベンチャー 編集

ゲーム中の雑談システム「フェイスチャットシステム」のような形で、テイルズ オブ シリーズの登場人物の顔が表示され、本編の外伝ともいえるオリジナルストーリーを進めていくというアドベンチャーゲーム。ゲームを進めていくと時々台詞や行動の選択肢があり、それによって物語が分かれていき、EDも異なる。物語分岐には二種類あり、選択肢を選ぶ事で分かれる選択肢分岐と、画面下に表示されるパラメータゲージの変動で物語の進み方が自動的に決定されていく自動分岐がある。中にはゲームオーバーになる展開も。本作に収められているシナリオは以下の3作。

宝石の思い出
『TOP』より。バークライト兄妹がトーティスの村に来て、アルベイン家のクレスと出会った時の話。チェスターは最初は頑なに村人へ心を開こうとしなかったが、あるきっかけでクレスと無二の親友になっていく。
アミィ編、クレス編、エピローグの三部に分かれている。
リリスがんばります!
『TOD』より。主人公スタンの妹リリスが主人公のドタバタ劇。寝起きが悪くなかなか起きようとしないスタンを起こしたり、『TOE』のファラと料理対決したり、『TOP』(PS版)の闘技場に乱入したり、と作品を飛び越えて活躍。
晶霊探偵! 〜キール・ツァイベル最後の事件?〜
『TOE』より。キールが通う名門ミンツ大学の学生、探偵部部長プリムラ・ロッソが、キールの巻き込まれた事件に挑むが、彼女には「ダ・メー探偵」の称号もあった。

カオドラ 編集

カオベンチャーと似たフェイスチャットシステム風のミニドラマ。キャラクターの個性を生かしたコントが多い。公式サイトTalesWebで公募された優秀作品が10本収められており、これ以外にも、カオベンチャーやクレーメルラボをクリアしたり所定の条件を満たしたりする事で鑑賞できる物語が増えていく。こうしたいわば「隠し物語」は全部で15話あり、合計25話のカオドラが収められている事に。「エディット」メニューでは、自分で顔絵の表情やカットの背景などを選択し、台詞を入力する事でオリジナルストーリーのカオドラを作成できる。また、iモードに接続して、公式サイトで自分の作品を投稿したり、投稿された作品を閲覧できる。

クレーメルラボ 編集

二個一組の晶霊石(『TOE』に登場する不思議な力を持ったクリスタル)が次々と落ちてくるので、ある法則に従って重ねて消していくという落ち物パズルの一種。カラフルで連鎖反応もあり、イメージとしては『ぷよぷよ』に近い。ゲームモードは、時間制限内に何点あげられるかという「スコアアタックモード」と、物語展開に従って色々な条件を課される「シナリオモード」、2プレイヤーで対戦する「ふたりで対戦モード」がある。いずれも最初に『テイルズ オブ』シリーズ歴代キャラを選択する必要がある。晶霊石は8色あり、8人の大晶霊に対応している。晶霊石には角型と丸型の2タイプがあり、それぞれ晶霊核(コア)と中空になった晶霊質(セル)に分かれている。角型/丸型同士、コア/セル同士は接触しても干渉しないが、同じ色、形の晶霊核と晶霊質が上下左右に重なってペアになると、反応して晶霊核が晶霊質の中に入り込み、接触している他の同色の晶霊石を吸い込んで一緒に消えてしまう。この性質を利用して、次々と落ちて積み重なった晶霊石を消していくパズルである。プレイヤーとなるキャラクターに応じて現れる晶霊石の色が異なり、それぞれにバラバラな4色が割り当てられている。反応によって消した晶霊石の量が一定値になると、対応する大晶霊が召喚され、ボーナスポイントがつく。

登場キャラクター 編集

ファンタジア 編集

クレス・アルベイン
声 - 草尾毅
少年期と青年期の顔アイコンがある。湿地帯でスタンやリッドと夢のマイホーム建設を語り合う。劇場観客席にも登場。
ミント・アドネード
声 - 岩男潤子
浜辺でルーティやファラと彼氏自慢を繰り広げた。劇場観客席にも登場。
アーチェ・クライン
声 - かないみか
浜辺でフィリアやメルディと共に、サブヒロイン扱いされる理由を探り合った。
チェスター・バークライト
声 - 伊藤健太郎
少年期と青年期の顔アイコンがある。劇場観客席にも登場。
クラース・F・レスター
声 - 井上和彦
クレーメルケイジの隠れキャラ。
藤林すず
声 - 川田妙子
地下室でチェルシーやチャットと井戸端会議をする。宿屋でベットにカエルを寝かせ、チャットを驚かせた。
アミィ・バークライト
声 - 根谷美智子
幼年期と晩年期がある。
ミゲール・アルベイン
声 - 増谷康紀
クレスの父。
マリア・アルベイン
声 - 西原久美子
クレスの母。
ミラルド・ルーン
声 - 住友優子
クレーメルケイジでは彼女と戦うシナリオがある。

デスティニー 編集

スタン・エルロン
声 - 関智一
劇場観客席にも登場。
ルーティ・カトレット
声 - 今井由香
劇場版観客席にも登場。
フィリア・フィリス
声 - 井上喜久子
劇場版観客席にも登場。
リオン・マグナス
声 - 緑川光
就寝中、ジョニーに起こされて歌を聞かされた。
チェルシー・トーン
声 - 渡辺菜生子
本作では想い人のウッドロウとの共演はない。劇場観客席にも登場。
ディムロス
声 - 置鮎龍太郎
本作の彼の顔アイコンは剣の姿。リリス編の準主人公。
リリス・エルロン
声 - 石橋千恵
本作で声は石橋に決定。浜辺で自身喪失気味のサブヒロイン達より自分がヒロインらしいと主張。リリスがんばります! の主人公。
マリアン・フュステル
声 - 藤巻恵理子
本作で声は藤巻に決定。
トーマス・エルロン
声 - 麻生智久
エルロン兄妹の祖父。

エターニア 編集

リッド・ハーシェル
声 - 石田彰
高級レストランで仲間達に逃げられ、代金不足で皿洗いをやらされる損な役割。劇場観客席にも登場。
ファラ・エルステッド
声 - 皆口裕子
リリスとの料理対決の様子が描かれた。ヒロインらしさを追及するあまり、未登場のマリー等、他の女性キャラの者真似をしたが、リッドには不評だった。劇場観客席にも登場。
キール・ツァイベル
声 - 保志総一朗
駄洒落でセルシウスの好評を買う。クラースやリオンとはウマが合わないらしい。劇場観客席にも登場。
メルディ
声 - 南央美
亡きハミルトの形見を大事に持っている。リッドやファラのやり取りで、男はパンツを脱がされると喜ぶと誤解。
フォッグ
声 - 江原正士
シルエシカ頭領。本作では妻は直接登場しない。
チャット
声 - 野田順子
母親の肖像画が登場。よく似ているらしい。セルシウスに(声優ネタで)自分の者真似をされた。
レイシス・フォーマルハウト
声 - 磯部弘
本作で初めてチャットやシルエシカの幹部と面識を持ち、会話もする。
クィッキー
声 - 住友優子
メルディの相棒。モモンガに似た青い獣。イフリートに者真似をされた。
アイラ
声 - 米本千珠
シルエシカ副官。

その他 編集

ファンタジア
イライザ・シュタイン
声 - 大本眞基子
クレスやバークライト兄妹の顔見知り。クレスの鈍感さに愛想を尽かし、父親と共に王都に引っ越す。アミィに嫌われていた。
ゴーリ・シュタイン
声 - 坂口哲夫
クレス達の村の村長。
クレイトン
声 - 今村直樹
クレス達の村を襲おうと企む盗賊の長。
エターニア
プリムラ・ロッソ
声 - 長沢美樹
ミンツ大学の学生。専用のアニメ風全身イラストと壁紙が公式サイトに登場。晶霊探偵! 〜キール・ツァイベル最後の事件?〜 の主人公。
サンク・リザジュー
声 - 藤原勝也
原作にも登場したミンツ大学の学生。本作で初めて声が出た。
キーファ・パッカード
声 - 鈴木貴宏
ミンツ大学の学生。
ヒューラ・ヴェルミオン
声 - 小野坂昌也
ミンツ大学の学生。冒頭の爆弾事件の犯人。逮捕後は牢獄から教授の不正を探るプリムラに助力。
アルジェント
声 - 中江真司
ミンツ大学の学生。
ルナリア・バーンズ
声 - 新千恵子
ミンツ大学の学生。
アルサー・リトルトン
声 - 三浦祥朗
ミンツ大学の学生。

関連商品 編集

小説
テイルズ オブ ファンダム 旅の終わり 著:結城聖 ISBN 4-08-630070-2
「宝石の思い出」エピローグの続編という体裁だが、『TOP』並びに『なりダン』小説版の完全な続編でもあり、メルやディオなども登場する。
ドラマCD
ドラマCD テイルズ オブ ファンダム(ちょっと)しあわせにっき 脚本:金月龍之介
「アミィ・バークライトのトーティス通信」「プリムラ・ロッソの晶霊事件簿」「リリス・エルロン激闘伝説」

外部リンク 編集

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。