Fandom


デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。スピンオフ作品である『L change the WorLd』も含め3作品全て丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。

本項では、2008年2月9日公開のスピンオフ作品L change the WorLd』(エル チェンジ ザ ワールド)についても記述する。

概要 編集

原作は週刊少年ジャンプに連載された同名の漫画作品で、本作のストーリーは主に原作の第一部をベースにしている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。また、2008年2月9日には作中人物・Lが主人公のスピンオフ映画『L change the WorLd』が公開された。なおアメリカでも実写映画を製作することが発表された。

人気・評価 編集

前編は観客動員数223万人、興行収入28億円を記録し、2週連続で国内映画興行ランキング1位。後編は観客動員数430万人、興行収入52億円を記録し、国内映画興行ランキング4週連続で1位となった。興行収入100億円の当初目標には届かなかったものの前後編合わせ80億円を獲得している。

DVD『DEATH NOTE デスノート complete set』もオリコンDVDチャート2週連続1位となり、売上は22万本を記録した。

後編公開直前の2006年10月27日、日本テレビ系映画番組『金曜ロードショー』20周年特別企画として、金子修介監督が前編をテレビ放映用に編集した“ディレクターズカット特別篇”でテレビ放送され、24.5%の視聴率を記録した。DVD発売前の地上波放映は異例である。海賊版対策として番組放送中常に画面右上に「金曜ロードショー」のロゴが挿入された。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズから提供された主題歌「Dani California」はグラミー賞4冠を果たしている。

制作エピソード 編集

テンプレート:出典の明記 当初は、テレビ連続ドラマ+劇場公開、配給東宝という企画で、日本テレビが映像化権を獲得した。しかし、日本テレビ側の都合によりテレビドラマ化が不可能となり、前後編へと企画変更。企画変更当時、原作終了時期が決定していたため、前編の公開スケジュールを崩せず、急遽脚本 - 大石哲也、監督 - 金子修介が招集され、約1か月半で前編脚本を作成することとなった。脚本はスタッフ全員で作り上げられた。

その他 編集

  • 2006年12月29日、亀山千広映画事業局長はじめフジテレビ日本テレビに対し、抗議をしていると日刊ゲンダイが報じた。フジテレビ側は、従来の邦画は公開の半年後にDVD化し、更に半年より後にテレビ地上波放送するというのが暗黙の業界ルールとなっており、日本テレビはこのルールに反している、また、本作の成功により、他の映画会社も同様の戦略をとる可能性があり、それまで成立していた邦画全体の映画興行、DVD売上、テレビ放映視聴率のバランスが崩れる可能性があるとしている。しかし、結果からすると日本テレビのこのプロモーション方法は、映画後編が前編の2倍近い興収を挙げるという成果に結びついており、際立つ興行上の有効性が確認された。
  • 日本テレビ映画事業部長の奥田誠治は、前後編連続公開方式を、原作のボリュームをダイジェスト化せずに済ませる方途として構想したものであり、今後の映画興行の方法論として前例になることを示唆している[1]
  • 当製作委員会を構成する主要会社であるワーナーブラザーズ、日本テレビ放送網は2004年に映画『キューティーハニー』の公開をもって解散した映画制作会社トワーニの主要出資会社であった。

前編『デスノート』 編集

テンプレート:Infobox Film

ストーリー 編集

死神のノート「デスノート」を、一人の天才・夜神月(やがみ ライト)が手に入れる。

そして、その日を境に、世界の状況は一変してしまう。
犯罪者を裁く法に限界を感じた月は、世の中を変えるため、ノートの力で犯罪者を次々と粛清し始めたのだ。
そして、この連続殺人事件を捜査する警察から、大きな期待を寄せられている人物がいた。
警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵Lである。

天才同士の戦い、求める世界の違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。

キャスト 編集

登場人物については、DEATH NOTEの登場人物を参照。

スタッフ 編集

主題歌 編集

原作との相違点 編集

  • 本作中、主人公・夜神月は「東応大学生」で「司法試験初受験合格者」という設定になっている。
  • 本作中、L(エル)は「ICPOが東京に送り込んだ謎の人物」という設定になっている。(おそらくキラを捕捉するために、捜査の難航および緊急時の確保として派遣されたと思われる。実際には、ICPOが逮捕、拘束などを行うことはほとんどない。)
  • 日系アメリカ人FBI捜査官であるレイ・ペンバーの姓がイワマツになっている。
  • 映画オリジナルキャラクターとして、月の幼馴染で東応大学同学年の秋野詩織、キラ捜査本部の女性刑事の佐波が登場する。また、原作に出てきた刑事伊出は登場しない。
  • リューク以外の死神は一切登場しない(レムジェラスは後編に登場)。

キャッチコピー 編集

  • 捕まえてみろ / 殺してみろ
  • デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
  • 頭脳戦を制する者が、新世界を制す
  • 天才VS天才
  • 日常に退屈するすべての人々へ。
  • 2006年デスノート・イヤー
  • その禁断のページが、今開かれる。
  • 死神のノート 一人の天才が、それを手にしてしまった

ロケ地 編集

  • 夜神月がバスケの試合をして、賭けをして金銭を得た場所 - 多摩大学
  • 夜神月と秋野詩織が出かけた美術館 - 栃木県立美術館
  • 大学キャンパスのシーンが帝京大学の八王子キャンパス。
  • 夜神月が渋井丸拓男を殺した踏み切り - 大井町駅
  • 月、詩織、レイの乗るバスがジャックされるシーン - JR京葉線 稲毛海岸駅海浜幕張駅間の高架脇や周辺地域
  • レイが乗った駅 赤坂駅 - 福岡県福岡市内を走る福岡市営地下鉄天神駅
  • レイを乗せた車両が停車する国会議事堂駅 - 福岡県福岡市内を走る福岡市営地下鉄大濠公園駅
  • レイ及びFBIがデスノートで殺された都営地下鉄浅草線に似せた品川公園駅 - 福岡県福岡市内を走る福岡市営地下鉄赤坂駅
  • 夜神総一郎率いる警官隊が美術館に突入するシーン - 北九州市立美術館
  • ニュース映像の中にあった裁判所のシーン - 横浜地裁本部

海外配給 編集

北米 編集

2008年5月20日と21日の平日2日間、吹き替え版が全米で300を超える劇場で公開され観客動員数は6万5000人を記録した。開始時間はそれぞれの州の現地時間19時30分より。主要登場人物はアニメ版と同じ声優が吹き替えを務めた[2]。特に視聴制限は設けられなかったが、R指定と同等の扱いを受けた。カナダは2008年9月15日の一晩だけ公開された。その後、2008年9月16日にDVDが発売された[3]

後編『デスノート the Last name』 編集

テンプレート:Infobox Film

ストーリー 編集

月はキラ対策本部に加入することに成功する。そして、月とL、2人が対峙し壮絶な頭脳戦が始まった。

もう一人の死神レムによりデスノートを手に入れたキラに心酔する少女、弥海砂(あまね ミサ)は自らの寿命の半分と引き換えに、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える死神の目を得て、さくらTVを利用し、自身を「第2のキラ」と称して、キラを否定する者を消し去っていく。

キャスト 編集

スタッフ 編集

楽曲 編集

原作との相違点 編集

  • 高田清美の所属するテレビ局がNHNではなく、さくらTVになっている。
  • 月と高田清美は原作では大学の同級生だが、本作では面識が無く、高田のほうが年上になっている。
  • 映画オリジナルキャラクターとして、さくらTVのトップキャスターの西山冴子、社員の1人の吉野綾子が登場する。
  • 原作に登場したヨツバグループ、アイバーとウエディなどは登場しない。
  • 出目川の名前はではなく、裕志
  • 夜神総一郎の肩書は、警察庁刑事局局長ではなく、警視庁刑事部部長
  • 前編同様、リュークとレム以外の死神は登場しない(ただし、ジェラスは原作同様回想シーンに登場する)。
  • 模木と宇生田のキャラクター設定が入れ替わっている。

キャッチコピー 編集

  • 誰も知らない結末へ
  • 2冊のデスノート。衝撃は加速する。
  • 最後に名前を書かれるのは、誰だ。
  • 誰が死に、誰が生き残るのか。
  • 月は[新世界]を照らすことができたのか?

ロケ地 編集

映像ソフト化 編集

DVD
いずれもバップより2007年3月14日に発売。
  • デスノート (本編のみ1枚組)(VPBT-12686)
  • デスノート the Last name(本編のみ1枚組) (VPBT-12687)
  • デスノート complete set(前後編本編と特典DVDの3枚組 )(VPBT-12688)
ブルーレイ
DVD版同様バップより2009年2月25日に発売。
  • デスノート(本編のみ1枚組)
  • デスノート the Last name(本編のみ1枚組)

テンプレート:節stub

『L change the WorLd』 編集

テンプレート:Infobox Film

Lが主人公のスピンオフ映画。

タイの奥地を切り開いて村を作り、タイの空港を借り切るなど大掛かりな撮影が行われた。Lの謎は映画だけでなく、下記のビジュアルキャラブック(2008年1月25日発行)、小説版(2007年12月25日発売)との3つのプロジェクトが複合して、その秘密が解き明かされていく。

小説版は映画の物語と異なっており、デスノートが再び登場している。Lの後継者候補の一人ニアや、原作最後の舞台となったYB倉庫や、アメリカマフィアの首魁ロッド・ロスが原作とは違う形で登場している。

写真家の蜷川実花が、Lを撮り下ろしたビジュアルキャラブックは、ワタリの遺したファイルという形式をとっており、Lの日常や謎などを描く。撮影は、2007年8月31日9月4日5日に渋谷、浅草・花やしき、木更津、都内スタジオにて行われた。

また、映画公開を記念し原作者の大場つぐみ、小畑健によって原作終了の3年後を描いた特別編が週刊少年ジャンプの2008年11号に掲載された。ちなみに巻末の大場つぐみのコメントでは公開日の2月9日について言及しているものの映画については一切触れられなかった。

松田も登場予定だったが、登場シーンが全てカットされてしまったため、その登場シーンを編集した『最もLにバカにされた男〜松田刑事の事件ファイル〜』が特番『デスノートスピンオフ“L”公開記念SP』内でテレビ放映された。

また、日本製作映画としては珍しく、日台韓香港同時公開された。これは配給のワーナー・ブラザーズが制作費の一部を出資したことが大きく関わっている。数本のメガヒットに依存し全体の興行収入が伸び悩んでいるハリウッドの大手映画会社の一つである同社は、打開策として日本国内での配給だけを目的としていた日本法人に日本独自に映画を製作するローカル・プロダクション部門を設置し、制作費の一部出資はその活動の一環である[4]

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 世界を震撼させたキラ事件が佳境を迎えていた頃、タイのとある村で新種のウイルスによるバイオテロが発生し、某国は事件の証拠隠滅のため爆撃によって村を焼き払った。そのウイルスはインフルエンザ並の流行性とエボラウイルス並の致死率を掛け合わせた恐るべきものだった。

自分の命とワタリの死という代償を負ってキラ事件に終止符を打ったLは残りの時間をかけて世界中の難事件をたった一人で解決していた。だがタイの事件の生き残った少年「BOY」と、ワタリに託されるはずだったウイルスを携えた少女・真希の来訪に端を発し、Lは「人類削減計画」を掲げる環境保護団体『ブルーシップ』が関わる事件の解決に動き出す。

登場人物 編集

L(エル) - 松山ケンイチ
世界中の難事件を解決してきた名探偵。キラ事件において自分の名前をデスノートに書くことでキラを欺き、キラ事件を終息させた。その後、世界中の様々な事件を解決していたが、ワタリの知り合いに出会ったことから、ウイルスによるバイオテロを企てる組織『ブルーシップ』の存在を知り、対決する。
久條希実子(くじょう きみこ) - 工藤夕貴
アジア感染症センターの研究員で二階堂公彦の助手。ワイミーズハウス出身者で通称「K」。ワタリに誇りに思われていた有能な人物だったが、実はブルーシップの一員。人類削減計画の発案者であり、純粋に人間の存在を忌み嫌っている。
二階堂真希(にかいどう まき) - 福田麻由子
公彦の娘。低血糖症の患者で注射を定期的に打っている。父親の死を目撃したため、ブルーシップに復讐心を抱く。自らウイルスを打ち、彼らへ感染させようとするも発症せず、無症候性キャリアになる。
松戸浩一(まつど こういち) - 平泉成
ウイルス学の研究者。公彦と親交があり、共著で専門本を出したことがある。以前、自分が作ったワクチンで人を死なせてしまった過去を持つため、Lのウイルスワクチン製作依頼を断ろうとするが、最終的には完成させ、多くの人命を救った。
BOY - 福田響志
タイで起きたバイオテロ事件の唯一の生き残った少年で、Fの手引きで来日した。フィボナッチ数列など高度な数式を理解する数学の天才。来日当初はLを警戒していたが、徐々に彼に心を開くようになる。
小西朝夫(こにし あさお) - 正名僕蔵
『ブルーシップ』のメンバー。常にノートパソコンを持ち、Lの「キラ対策本部」のセキュリティ突破、Lからのアクセス妨害から、旅客機の操縦まで機械の扱いに精通している。ハイジャックした旅客機を操縦して国外逃亡を図る。
吉沢保(よしざわ たもつ) - 金井勇太
『ブルーシップ』のメンバー。他のメンバーより先立って、敵を牽制するのが役目である。武器はショットガンを使う。
三沢初音(みさわ はつね) - 佐藤めぐみ
『ブルーシップ』のメンバー。言動が過激でかつ、好戦的な性格で、ナイフからライフル銃まで幅広く扱う。
F - 波岡一喜
ワイミーズハウス出身。タイで起きたバイオテロ事件の調査中にBOYを保護するが、事件の証拠隠滅を図る某国の追跡からBOYにワタリへの連絡先と「Fからの贈り物」を意味するコードを教えた上で逃がし、その直後、某国ヘリの攻撃によって爆死する。
加賀見シン(かがみ シン) - 石橋蓮司
『ブルーシップ』の所長。人類削減計画に関わる中で、的場と対立し、的場に刺殺される。
駿河秀明(するが ひであき) - 南原清隆ウッチャンナンチャン
FBI捜査官で、ナオミやレイの先輩にあたる。デスノート回収の命を受けLに近づいたが、そのまま実質ワタリに代わるパートナーとしてLと協力する。Lにおとり捜査ばかりやらされたことを、一人でぼやいていた。
南空ナオミ(みそら ナオミ) - 瀬戸朝香 (友情出演)
FBI捜査官。キラ事件が起こる以前、Lに連続殺人犯確保のための突入計画を依頼される。Lがナオミに依頼するのは「ロサンゼルスBB連続殺人事件」以来2度目。
弥海砂(あまね ミサ) - 戸田恵梨香 (友情出演)
キラ事件では「第2のキラ」として月に協力。ワタリの死の直前に会話していた。
レイ・イワマツ - 細川茂樹 (友情出演)
FBI捜査官。ナオミの婚約者。突入計画を開始しようとするナオミに同行していた。声のみの登場であり、顔は出ていない。
松田桃太(まつだ とうた) - 青山草太 (友情出演)
キラ事件において日本捜査本部の一員としてLと共にキラと戦った。登場シーンがすべてカットされてしまったが、クレジット上には記載されている。
佐々木 - 田中要次 (友情出演)
タクシー運転手。『デスノート前編』ではバス運転手だったが、バスジャックに遭ったのをきっかけに本作ではタクシー運転手へ転職した。真希を客に乗せて、ワタリのいる住所を探し回る。
リューク - 中村獅童(声) (友情出演)
デスノートの本来の持ち主。キラ事件で月をデスノートで殺し、その後Lにデスノートを使う気がないのかを尋ねるが、Lがノートを燃やしたため、姿を消す。
夜神月(やがみ ライト) - 藤原竜也 (友情出演)
『デスノート』の主人公。「キラ」としてデスノートで犯罪者を粛清し、Lと対決した。本作においては映像のみの登場で、台詞は無し。
ワタリ - 藤村俊二
ワイミーズハウス創始者でLの代理人。キラ事件において死神・レムにデスノートに名前を書かれ死亡。
二階堂公彦(にかいどう きみひこ) - 鶴見辰吾
アジア感染症センター所長。タイで使用されたウイルスのワクチン開発に成功したが、ワクチンを奪取しようとした『ブルーシップ』の計画を阻止するためにワクチンを焼却処分。さらに娘を守るため自らにウイルスを打ち発症。久條が起動させた高圧電気の中で死亡。実は、タイで使用されたウイルスは彼によって生成されたもので、彼の意思に関係なく、久條が勝手に持ち出し使用していた。
的場大介(まとば だいすけ) - 高嶋政伸
環境保護団体『ブルーシップ』のメンバー。人類削減計画の首謀者で、裏では数々のテロに関わっている危険人物。左眼にケロイドの跡がある。様々なテロ活動に関わっているが、彼自身は理念を持たない拝金主義者。人類削減計画も彼にとっては金儲けのための単なる名目であり、ウイルス兵器の売却自体が目的だった。

テンプレート:ネタバレ

スタッフ 編集

主題歌 編集

キャッチコピー 編集

  • もう、誰も失いたくない - L、最期の23日間
  • あなたはまだ、「デスノート」のLしか知らない
  • Lが変わるのか。世界が変わるのか。
  • L 再起動
  • <キラ事件>終結の後 - 彼を待っていたのは全く新しい<死神>
  • 誰も知らないLの姿がここに・・・
  • さよなら L

映像ソフト化編集

DVD
2008年6月28日よりバップで発売された。
  • L change the WorLd(本編のみ1枚組)
  • L change the WorLd Complete Set(特典DVD付き3枚組)
ブルーレイ
2009年2月25日よりDVD同様バップで発売された。
  • L change the WorLd(本編のみ1枚組)

テンプレート:2008年日本週末興行収入1位の映画

受賞歴 編集

  • スポーツ報知第5回蛇いちご賞作品賞「L change the WorLd」
  • スポーツ報知第5回蛇いちご賞男優賞 南原清隆「L change the WorLd」
  • スポーツ報知第5回蛇いちご賞監督賞 中田秀夫「L change the WorLd」
  • 映画秘宝』第2回はくさい映画賞 最低助演男優賞 南原清隆

トリビュートアルバム 編集

注釈 編集

  1. http://www.kinejunsoken.com/reconsideration/02/
  2. テンプレート:Link. Anime News Network. http://www.animenewsnetwork.com/news/2008-04-14/1st-death-note-film-to-run-in-300+u.s-theaters-in-may 2008年4月17日閲覧。 
  3. テンプレート:Link. Viz Media. (2007年4月14日). http://deathnotefilms.com/trailers.php 2007年4月17日閲覧。 
  4. 日本経済新聞 2008年3月22日-「ハリウッド、邦画に活路〜洋画伸び悩みで日本に現地プロ」

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。