Fandom


トイズファクトリー(TOY'S FACTORY)は、日本レコード会社である。

概要編集

1990年5月30日、日本テレビ系列のレコード会社「バップ」の第2制作部が独立する形で設立された(この時代にラフィン・ノーズが在籍しており、これが後のトイズのレーベル・カラーに影響を与えている可能性がある)。

設立当初はバップの子会社だったが現在は資本関係はない。しかしトイズファクトリー自体は制作主体の会社で、営業部門は「バップ」にアウトソーシング(外注)している。

英文社名の頭文字「t」を図案化した現在のロゴマークは1995年から使用されている。1994年以前(この頃に、バップとの資本関係を解消か)のものは丸の中に星、その中に"TOY"と描いたものだった。CCCDは一貫して採用していない。設立当初はJUN SKY WALKER(S)筋肉少女帯をメインとしたバンドブームに乗った形のレーベルだったが、90年代半ばにMr.Childrenをきっかけに大ブレイク。その後もSPEEDMY LITTLE LOVERなどの人気アーティストを輩出。現在はMr.Childrenの他にも、2001年に「天体観測」でブレイクし人気実力派バンドとして知られるBUMP OF CHICKEN2005年に「さくら」で一躍有名となったケツメイシ2006年に「純恋歌」でブレイクした湘南乃風など、現在活躍中の若手アーティストや将来有望な若手アーティストが多く所属し、有力レーベルのひとつとなった。

所属歌手・グループの傾向編集

邦楽部門は幅広いジャンル・音楽性のアーティストが所属している。かつて運営されていた洋楽部門はデスメタルを中心としており、1990年代前半はイギリスのデスメタル・グラインドコア専門レーベルであるイヤーエイク・レコードのバンドを主に日本配給し、その後はイヤーエイク・レコードに限らず広くデスメタル系バンドの日本配給を行っていた。エヴリシング・バット・ザ・ガールワーナーミュージックUK所属時代はワーナーミュージック・ジャパンではなく、トイズファクトリーから発売されていた。バップ第2制作部時代からトイドールズのアルバムを発売し、トイズ設立後には発売権がトイズに移行していた。なお、現在は洋楽部門は廃止されている。

主な所属歌手/グループ編集

TOY'S FACTORY(メインレーベル)編集

A~Z
五十音順

kimi(ダンス系レーベル)編集

NOFRAMES編集

過去の所属歌手/グループ編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。