ゲーム情報ウィキ
Advertisement

テンプレート:Notice

トーマス・ライト(Thomas Right)とは、カプコンのゲームロックマンシリーズ』及び『ロックマンXシリーズ』に登場する架空の科学者。通称、『Dr.ライト』。

声担当[]

飯塚昭三 - 神山卓三
ロックマン危機一髪
石森達幸
パワーファイターズ
麻生智久
ロックマンロックマン

人物紹介[]

生い立ち[]

ローバート工科大学工学部電子工学科を首席で卒業する程の優秀な頭脳の持ち主で、卒業後は、平和利用の為の人型ロボット開発の研究に没頭。後に主流となる全ての人型ロボットの基礎を作り上げ、『ロボット工学の父』と呼ばれるまでの伝説的な科学者となる。

性格は穏和だが、極めてお人好しでもあり、『ロックマン3』のストーリーではそれが災いして、ワイリーに気を許しすぎた結果、自分の手でロックと敵対することになる8大ボスの製作に加担してしまい、ロックを苦しめる事になってしまった事も。趣味は家庭用コンピューターゲームとカラオケ(ただし音痴)。

長年の研究の結果、自分の意志で考え行動する試作型の人型ロボット、『DRN-000ブルース』を生み出すことに成功するが、動力炉に問題点があった為に、ライト博士は彼の修理を行おうとしたが、誤解の末にブルースは姿を消してしまい、次にライトがブルースと再会した際には、ワイリーの改造によってブルースは戦闘用ロボットへと変わっていた。なお、ブルースの存在は非公開となっている。

ブルースが姿を消してから数年後。ライトの手によって本格的な家庭作業用の人型ロボット、『DRN-001ロック』と『DRN-002ロール』が誕生。彼等2体の優秀な成果によって、世界中のロボット工学界に革命をもたらす事になり、その後ライトは様々な作業用ロボットを生み出していくことになる。

功績[]

  • LITマニュアル・デザイン・コンテスト:5年連続優勝
  • 世界技術大賞:金賞受賞
  • ノーブル物理学賞受賞
  • 他、多数受賞

ロックマンシリーズ[]

ロックとロールの完成から数年後。新たに6体(ロックマンロックマンでは8体)の作業用ロボットが生まれ、彼らは日々人々の役に立つ為、作業活動を行っていた。 しかしある日、彼らは突如暴走を始め各地で暴れまわり、ロボット警察や軍隊にも手に負えない事態にまで発展してしまう。頭を抱えるライトに、家庭用ロボットであるロックが自らを戦闘用ロボットに改造して欲しいと志願。当然、反対するライトであったが、改造してもらわなくても行くと言い出すロックに、止む無く戦闘用ロボットとしての改造を施す。この改造の結果誕生したのがロックマンである。

ロックマンの活躍によって、今回の暴走事件が、かつての学友でもあるDr.ワイリーの仕組んだ物である事が判明し、最終的にはロボット達を操っていた巨大要塞「ツイン・ピラミッド」が破壊され、事件は解決したかに思われたが、その後もワイリーは、自作したロボット軍団を用いて世界制服に乗り出す為、ライトとワイリーの対立はより苛烈なものとなっていくのだった。

登場作品[]

ロックマンシリーズ[]

主要版[]

番外版[]

ロックマンXシリーズ[]

  • ロックマンXSFC) (1993年
  • ロックマンX2(SFC) (1994年
  • ロックマンX3(SFC、PSSS) (1995年1996年
  • ロックマンX4(PS、BEST、SS、サタコレ)(1997年。BEST、サタコレは1998年
  • ロックマンX5(PS、best) (2000年2002年
  • ロックマンX6(PS、best) (2001年2002年
  • ロックマンX7PS2) (2003年
  • ロックマンX8(PS2、PC) (2005年
  • ロックマンX サイバーミッションGB) (2000年)
  • ロックマンX2 ソウルイレイザーGBC) (2001年)

テンプレート:Navigation2 sv:Dr. Thomas Light

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はトーマス・ライト (ロックマンシリーズ)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。