Fandom


ドナ・バークDonna Burke)は、オーストラリア連邦パース出身のシンガーソングライターナレーター

人物 編集

クラシック音楽を10年間、オペラを8年間学んだ経験を元に、プロのミュージシャンとして18年のキャリアを持つ。現在は東京を拠点にして、最愛のパートナーであるギタリストアレンジャービル・ベンフィールドとともにアーティストとして活躍、ジャズソウルブルースロックテクノなど、幅広いジャンルを得意とする。

2000年に自主レーベルを立ち上げ、これまでに4枚のアルバムと1枚のマキシシングルをリリース。2004年にはフォーライフ・ミュージックエンタテインメントより「Goodbye Nakamura/さよならナカムラ」をリリースした。真珠産出のために沖縄からオーストラリアに渡った青年の実際にあった悲劇を元にした、テッド・イーガンによる歌を、フォークバラードにアレンジし唄い上げたこの曲は、最初沖縄で先行発売、地元マスメディアで取り上げられ反響を呼び、全国発売以後も各メディアに取り上げられるなど話題となった。

自らの楽曲以外にもゲームミュージックテレビコマーシャルポップスフォークダンスミュージック等数多くの楽曲に詞を提供しており、数多くのテレビCMでスタジオミュージシャンとして参加している。また、自らの事務所「ダグミュージック」では、外国ミュージシャンのブッキングエージェントを勤めるなど、マネジメント業も手がけている。

また大学でスピーチとドラマを学んだ経験を活かし、テレビ・ラジオコマーシャルや子供用英語教材、企業ビデオなどあらゆるジャンルで、ナレーターや声優を数多くこなしている。よく知られた所で、NHKクローズアップ現代」二カ国語放送時の英語ナレーション、マツダのサウンドロゴ、東海道・山陽新幹線の英語車内アナウンスメルセデス・ベンツ専用カーナビゲーションシステムのナビゲーション音声、2007年からはフジテレビF1グランプリオープニングでのナレーションを担当している。またコンピュータゲームでは「サイレントヒル」シリーズや「シェンムー」など、アニメーションでは「魔法少女リリカルなのは」シリーズのレイジングハート役や「ほしのこえ」のリシテア艦オペレーター役などがある。

ディスコグラフィー 編集

  • Lost and Found (2001)
  • Éirí na Gréine with Donna Burke (2001)
  • Donna Burke with the David Silverman quartet (2002)
  • Goodbye Nakamura (2004)
  • Blue Nights (2005)
  • HEAVENS DIVIDE (2010)

参加楽曲 編集

作詞提供 編集

テレビコマーシャル 編集

( )内はオリジナルのアーティスト

他、東京電力東京海上トヨタ自動車全日空積水ハウスアサヒビール任天堂サッポロビール日立製作所ケンタッキーフライドチキンマクドナルド味の素ゼネラルフーヅなど多数
東芝プラズマテレビナミキ不動産のCMにはCM曲だけでなく、自ら出演もしている

ゲームミュージック 編集

アニメ 編集

その他 編集

声優・ナレーター 編集

アニメ 編集

ゲーム 編集

ナレーション 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。