Fandom


ドワーフdwarf 、英語の発音はドゥウォーフに近い)は、人間よりも少し小さい伝説上の種族民話神話童話ファンタジー小説やロールプレイングゲームなどに登場することが多い。大抵は背は低いが屈強で長いをたくわえているとされる。

ドワーフ小人あるいは単に小人矮人侏儒などと訳されることもある。

北欧神話のドワーフ 編集

北欧神話には闇の妖精ドヴェルグ(Dvergr)がいる。太古の巨人ユミル(Ymir)の死体(=大地)から生じた。生まれた当時はうじ虫だったが、神々の決定により人に似た姿と知性を与えられる。その後も地中を好み、岩穴で暮らす。彼らは信仰の対象ではなく、しばしば神々と対立する立場で登場するが、対価に応じて神々の象徴となる魔力のある武器や宝の制作をする優れた匠としても描かれる。

現在残されている資料では地に住まう闇のエルフ、デックアールヴ(døkkálfar)と共通する部分も見られ、古エッダの「巫女の予言(Völuspá)」には名前の接尾に"-álfar"をもつドヴェルグも登場する。

童話・民間伝承のドワーフ 編集

ドイツ民話で『グリム童話』に収載された白雪姫に登場する「sieben Zwerge」は日本語では7人の小人と翻訳されるが英語ではドワーフと訳される。

民間伝承の中の妖精ドワーフは更に奇怪な姿をしており、その姿は醜く、立った姿勢のままで腕が地面に付くほど長いとも言われる。

トールキンのドワーフ 編集

詳細はドワーフ (トールキン)を参照。

J・R・R・トールキンの架空世界である中つ国におけるドワーフは鍛冶を司さどるアウレによって創造された、背の低い頑健な種族であり、女性も含め全員がひげを生やしている。かれらは人間に比べて長命で、250年以上の寿命を持っている。ホビットに対しては友好的な場合が多いが、エルフに対しては昔から不信感を抱いている。典型的なドワーフは鍛冶や石工を職業としており、かれらが作り出す作品の中にはエルフの作品よりも優れたものもある。

本来、英語における「dwarf」の複数形は「dwarfs」であったが、トールキンが『ホビットの冒険』と『指輪物語』で「dwarves」を使ったことにより、特にファンタジー文学では後者の綴りも多く用いられるようになった。

現代のファンタジーにおけるドワーフ 編集

その多くはトールキンのドワーフに影響を与えられている。矮躯でありながら屈強、豊かな髭を生やしているというイメージはほぼ共有されている。髭が生えるのは男性だけとするものと女性にも生えるとするものに設定が分かれる。大酒飲みで手先が器用であり、鉱夫あるいは細工師や鍛冶屋などの職人であると同時に戦士(斧やハンマーが主武器とされることが多い)のイメージが強い。職人・技術者のイメージから発展して、作品によっては(その世界のオーバーテクノロジーである)銃砲や機械類などの知識を持つとされる場合もある。その一方、魔法など神秘的な知識には無関心であり霊的な能力にも劣るとされる場合が多いが、信仰系の魔法に限っては使えるとしている場合もある。 近年では、女性のドワーフは少女の外見で成長が止まる、といった設定を持つファンタジーも出てきている。

蔑称としてのドワーフ 編集

遺伝子異常により成人で比例的に短躯短肢の人をドワーフ、躯幹は成人と同じで四肢が短い人を「ミゼット」と呼ぶことがあった。畸形の人が見世物となったことをとりあげた映画として『エレファントマン』がある(主人公は象皮病とおもわれる後天性障害だがサーカスでの登場人物の多くが先天的畸形であった。作品の対象となった20世紀前半までは身体的畸形を見世物にすることが西洋においても日本においても多く見られた)。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。