Fandom


テンプレート:基礎情報 会社

ファイル:NBGI Headquarters.JPG

株式会社バンダイナムコゲームス英語名: NAMCO BANDAI Games Inc., 略称 NBGI)はアーケードゲームコンシューマーゲームなどのゲームソフトの制作及び開発を行う企業である。旧ナムコを母体としており、2006年3月31日にアミューズメント施設事業を新たに設立したナムコに譲渡し、株式会社バンダイのゲーム部門を統合し現社名に変更した。

バンダイナムコホールディングスの完全子会社であり、バンダイナムコグループの最重要組織の一つ。本社は東京都品川区にある。

単純に英語にするとBANDAI NAMCO Gamesであり社名デザインもそうなっているが、国外ではナムコの方がバンダイより知名度が高いため、前述の英語名の通りナムコを先に表記している場合もある。

概要編集

1955年6月1日中村雅哉(現名誉相談役)が有限会社中村製作所を設立。1971年に「Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company」の略としてnamcoブランドの使用を開始し、1977年には社名もナムコと改めた。英語名はNAMCO LIMITED

2005年6月25日の第50回定時株主総会でナムコとバンダイの経営統合の議案が可決承認され、上場会社としてのナムコは2005年9月29日に幕を下ろし、以降は株式会社バンダイナムコホールディングスの子会社となった。

2006年3月31日、バンダイのゲーム部門を統合し、社名をバンダイナムコゲームスに変更した。バンダイナムコホールディングスにおいてゲーム部門を受け持つ企業としての立場を明確にした。

2008年4月1日バンプレストのゲーム事業の譲受とともにバンプレストレーベルを新設。2009年4月1日、バンダイネットワークスを吸収合併した。同日、ナムコ・バンダイ・バンプレストの各レーベルごとの公式サイトと全レーベルの総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合し、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアルされた。サイト統合後は、全レーベルのタイトルを一貫して掲載しサイトへのレーベル表示も行わなくなった。 ただし、レーベル自体を統合した訳ではなくパッケージ表面及びゲーム起動時に表示するロゴマークについては2010年3月現在も各レーベルのものを使い分けている。ゲーム起動時に表示されるロゴマークはバンダイナムコゲームスのロゴ→各レーベルのロゴの順に表示される。

沿革編集

  • 4月1日 - バンプレストを吸収合併しゲーム事業を統合、その際にプライズゲーム用景品部門を母体とした新法人「バンプレスト」を設立
  • 8月6日 - 2009年4月1日を目処にバンダイネットワークスを統合すると発表
  • 11月 - 携帯電話コンテンツ事業部署を横浜クリエイティブセンターから本社近隣の品川シーサイドパークタワー(バンダイネットワークスの階上)に移転。
  • 2月12日 - ディースリーの完全子会社化を目的とした公開買い付けを開始。
  • 3月24日 - ディースリーを完全子会社化。
  • 4月1日 - バンダイネットワークスを吸収合併、同日よりバンダイ・ナムコ・バンプレストの各レーベル及び総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアル。石川祝男がNBGI社長に就任のため鵜之澤伸が社長に昇進。
  • 10月1日 - インターネットを利用したオンラインゲームその他ソフトウェア、サービスの企画・開発・運営の子会社として、株式会社バンダイナムコオンラインを設立。
  • 2月2日 - 赤字350億円の大半がゲーム部門であったため、鵜之澤が責任を取り副社長に降格。石川が出戻り、NGBI社長と兼任する。
  • 2月18日 - 制作ユニット毎に売上責任を負わせることを発表。
  • 4月1日 - ディースリーが新D3パブリッシャーとして再編しバンダイナムコホールディングス傘下に。

CMキャッチコピー編集

旧ナムコ時代
  • 「オモいカルチャーをオモチャーと言う」
  • 「自宅で遊べるナムコット」

上記2つは、最初期のCMで、1983 - 84年頃のパックマン、ゼビウス等といったファミコンソフト発売時に放映されたもの。なお、CMには細野晴臣が出演していた。

  • 「クーソーは、頭のコヤシです」
  • 「クーソーしてから、寝てください」
  • 「遊びをクリエイトするナムコ」
  • 「21世紀の大人(クリエイター)達へ」
  • 「集まれ前科者」、「大学8年生に届いた採用通知」、「『C』が多くてもいいじゃないか」、「■肉■食は、弱肉強食か、焼肉定食か」(求職者向け会社案内より)

ゲームの特徴編集

バンダイ・ナムコ・バンプレストのゲーム部門を統合する前から各社でゲームソフトの開発が続けられていたため、2006年から2009年3月までは旧バンダイ・旧ナムコ・旧バンプレストのロゴをそれぞれバンダイレーベルナムコレーベルバンプレストレーベルと称し、便宜的な名義(ブランド名)として使用している(アーケードゲームはナムコレーベルとバンプレストレーベルのみ)。

バンダイレーベル編集

テンプレート:See also バンダイレーベルは主としてテレビアニメや特撮などのキャラクターを生かしたゲーム化を得意としており、子供からアニメファンまで手広く守備範囲としたゲーム作りが特徴的である。

また、このレーベルはバンダイお家芸とも言えるメディアミックスの一環としてリリースされるゲームも多く、最大の成功例というべき作品・『.hackシリーズ』などは独特の雰囲気による固定ファンも多い。

ナムコレーベル編集

テンプレート:See also (旧)ナムコ創業時から一貫した企業風土として明るく健全なテイストのゲームを多く作り続けており、過激・残虐性の高いゲームは余りリリースされなかった(2007年2月現在、「D 17才以上対象」に該当するソフトはいくつかリリースされているが、「Z 18才以上のみ対象」に該当するソフトまではリリースされていない)。

パックマン』を始めゲームから多くのキャラクターを生み出し、バンダイナムコゲームスとなった現在もなお、あらゆるジャンルのゲームに登場し、『パックマン』はメディアアートとして広く使われている。

アーケードゲーム草創期には『パックマン』以外にも『マッピー』や『ドルアーガの塔』等多数、1990年代から2000年代にかけても『ミスタードリラーシリーズ』や体感ゲーム『太鼓の達人』、パズルゲーム『もじぴったん』等可愛いキャラクターを前面に打ち出したゲームクリエイションは近年まで健在であった。

ゼビウス』、『スターブレード』などのクールなSFテイストにあふれたゲーム、『ドラゴンスピリット』や『ワルキューレシリーズ』『フェリオス』などのファンタジー系、『ポールポジション』、『ファイナルラップ』などの定番的レースゲーム、『ギャラクシアン3』といった大型の施設型ゲームなど、各ジャンルに一通り名作と呼ばれるゲームを輩出している。1990年代からは『鉄拳』、『ソウルシリーズ』、『リッジレーサー』のシリーズなど、三次元表現を駆使したゲームの開発に注力、国内だけでなく海外でもミリオンヒットを記録するなど絶大な支持を受けており、テイルズシリーズなどのアニメーションデモを主体としたRPG作品も安定した人気がある。さらにバンダイの版権である『機動戦士ガンダム』を使って、ナムコの得意とする大型筐体を用いてゲーム化した『機動戦士ガンダム戦場の絆』があったりと、統合の強みを出した作品も出している。

ファミスタテイルズ太鼓の達人シリーズに代表される、ソフト間でのコラボレーションも盛んなことや、ワンダーモモアイドルマスターディグダグミスタードリラー等同じ世界観を有するソフトを出す事で有名である。そのひとつの象徴として、「UGSF」がある。さらに、『ソウルシリーズ』での初代吉光(『鉄拳シリーズ』より)のように、他のゲームにゲストキャラとして登場したキャラクターが好評を得る例も多い。

バンプレストレーベル編集

テンプレート:See also バンプレストの初代社長である杉浦幸昌のポピーバンダイにいた頃の幅広い人脈を生かした[3]スーパーロボット大戦シリーズ などのキャラクターゲーム(主にクロスオーバー作品)やサモンナイトシリーズアルトネリコシリーズなどのオリジナル作品を多数販売している。

レーベルの変更編集

一部のゲームは、移植版や続編が登場する際、レーベルが変更される場合がある。

出身者 編集

テンプレート:Rellink

関連会社編集

著作マーク 編集

経営統合後の同社の各ゲーム作品の著作マークは「(C)NBGI」(家庭用ゲーム機)または「(C)NAMCO BANDAI Games Inc.」(アーケードゲーム機)に統一されている。

ただし、全ての『ガンダムシリーズ』系のゲーム作品には存在しない(『ガンダム』以外のサンライズ制作のゲーム作品を除く)。これは、『スーパーロボット大戦シリーズ』と『Another Century's Episode』シリーズも同様である。 

その他 編集

  • 同社が経営統合後の2008年4月以前は提供クレジットでは「バンダイ」と「ナムコ」であり、後者のレーベルのみ「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットを使用することがあった。同年4月以降「バンプレスト」から移管され、正式に全てのレーベルで「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットが表示されるようになった。なお、2009年3月まではバンダイナムコゲームスのマークをCMで使用するのはごく稀であり、通常は、バンダイレーベル・ナムコレーベル・バンプレストレーベルの各社のマークで表示されていたが同年4月以降はレーベル一本化によりバンダイナムコゲームスのマーク表示に順次、切り替わっている。
  • 本社の未来研究所の元になった旧品川パナソニックビルは、1992年に松下電器産業(現パナソニック)によって建設されたもので、周辺にビルの日陰を作らないように配慮された結果、台形の外観となった。2006年3月に地元の不動産業者に売却された後、現在に至る。

新規開発事業編集

Kid'sきずな事業 - 絵本「みのりちゃんのすてきなおうち」の出版と『きずなstyle』の運営。

関連項目編集

  • ラジオはアメリカン - かってスポンサーをしていたラジオ番組
  • エヌジー
  • Side-BN
  • 大トロ倶楽部
    ファミコン通信(現ファミ通)で連載されていた片山まさゆきの漫画。バンダイとナムコの社名を合わせて作られた番台菜夢子(ばんだい なむこ)というキャラクターが登場する。同漫画が復刻連載された際のキャラクター紹介で「作者が合併を予期していたかのような名前」と書かれていた。

脚注編集

  1. 2008年8月2日建通新聞
  2. バンプレストのゲーム事業を統合 バンダイナムコがグループ再編 - ITmedia News
  3. 「アニメ・ビジネスが変わる アニメとキャラクター・ビジネスの真実」1999-06-17 日経BP社刊

外部リンク編集

テンプレート:Commons

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。