Fandom


パラレルワールドとは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。

「四次元世界」、「異世界」、「異界」、「魔界」などとは違い、我々の宇宙と同一の次元を持つ。並行世界平行世界と訳される。並行宇宙並行時空といった呼称もよく使われる。

概要 編集

「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」というアイディアは、「もしもこうだったらどうなっていたのか」という考察を作品の形にする上で都合がよく、パラレルワールドはSFにおいてポピュラーなアイディアとなっている。登場人物が何らかの切っ掛けで、自分が知っているのとは違うもう1つの現実に迷い込んでしまうといった作品が多く存在する。

このアイディアは広く一般化し、SF以外の作品でもパラレルワールドの概念を取り入れたものが作られることは珍しくない。

架空戦記作品に見られるような、史実とはどこかが異なる「もう1つの歴史」を扱うフィクションは多数存在するが、これも我々の知る世界から見れば、パラレルワールドである。

また、「複数の現実が存在する」という概念が転じて、ある一定の共通基盤を持つが、相互に矛盾した設定や展開を持つ複数の作品の関係を、俗に「パラレルワールドの関係」と表現する場合がある。

タイムトラベルとパラレルワールド 編集

タイムトラベルを扱ったフィクションにおいて、タイムパラドックスの解決法としてパラレルワールドが用いられる場合がある。すなわち、タイムトラベルで行き着いた先は実際は現実に酷似したパラレルワールドであり、どの時間軸で歴史を変えようとしても自分がいた元の世界には影響しない。あるいは多世界解釈的に、パラドックスを生じさせるような事態が起こった時点でパラレルワールドが発生する、もしくは元から時間が経過していくごとに別のパラレルワールドが随時無限に発生していく、という物である。さらに言えば、自己の意識が自分の持つ時間の中でどの未来を体感するかはまったく予想できない、ということである。

パラレルワールドは実在するか 編集

パラレルワールドはSFでよく知られた概念であるだけでなく、実際に物理学の世界でも理論的な可能性が語られている。例えば、量子力学多世界解釈や、宇宙論の「ベビーユニバース」仮説などである。理論的根拠を超弦理論の複数あるヴァージョンの一つ一つに求める考え方も生まれてきている。現在の宇宙は主に正物質、陽子電子などで構成されているが、反陽子陽電子などの反物質の存在が微量確認されている。この物質の不均衡は、ビッグバンによって正物質と反物質がほぼ同数出現し、相互に反応してほとんどの物質は消滅したが、正物質と反物質との間に微妙な量のゆらぎがあり、正物質の方がわずかに多かったため、その残りがこの宇宙を構成する物質となり、そのため現在の既知宇宙はほぼすべての天体が正物質で構成されているのだと説明されている。ビッグバンの過程において、この宇宙以外にも他の宇宙が無数に泡のごとく生じており、他の平行宇宙では、逆に反物質のみから構成される世界が存在するのではないかという仮説も提示されている。

パラレルワールドを主題とした作品 編集

テンプレート:独自研究 テンプレート:出典の明記 テンプレート:ネタバレ パラレルワールドを取り入れている作品は多いが、主題とした作品のみを記述する。

アメリカ合衆国の作品 編集

日本の作品 編集

  • 星空のむこうの国 1984年、ファンタジー小説
  • ドラえもん のび太の魔界大冒険 1984年、SFアニメ
    もしもボックスを使って作られたパラレルワールドが舞台になっている。また本編内で、もしもボックスによって作られた世界を取り消した場合でもその作られた世界はパラレルワールドとして続いていくと言及されている。
  • パラレル同窓会 1979年、藤子・F・不二雄のSF短編
    パラレルワールドから自分たちだけが集まるという同窓会が開かれる。
  • If もしも 1993年、テレビドラマ
  • さよりなパラレル 1993年、SF漫画
  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 1996年、SF、コンピュータゲーム(ADV)
    選択肢によるシナリオ分岐とセーブを作中のパラレルワールドと関連付けたアドベンチャーゲーム。
  • クロノ・クロス 1999年 コンピュータゲーム(RPG)
  • 時空のクロス・ロード 2000年、SF小説
  • ひぐらしのなく頃に 2002年、サウンドノベル
    共通の設定を持つが、異なる結末を迎える物語を見比べることで推理するという仕組みを持つサウンドノベル。
  • 世にも奇妙な物語 02'秋の特別編『昨日の君は別の君 明日の私は別の私』 2002 年テレビドラマ
    結婚し平凡な主婦としての人生を選んだことを後悔し始めていた主人公が、パソコン画面を通して、結婚せずキャリアウーマンとしての人生を選択したもう一人の自分と交流をするというストーリー。
  • ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- 2003年、漫画
    一部例外はあるが、作者の歴代作品のキャラクターを「違う世界の同一人物」として同じ名前で何度も登場させており、登場人物の役割が各世界によって異なっている。
  • ぼくらの 2004年 漫画
    主人公たちがロボットに乗って戦う敵はパラレルワールドの地球の人間であると判明する。なるべく自分の地球とは近い歴史の地球が対戦相手に選出されるが、極稀に同一の人間も存在する。
  • 四畳半神話大系 2008年 SF小説
  • パララバ -Parallel lovers- 2009年、SF小説
  • 仮面ライダーディケイド 2009年、特撮テレビドラマ
    世界は複数存在しており、それぞれの世界にそれぞれの仮面ライダーがいるという設定。主人公はその世界を巡る旅に出る。
  • 紫色のクオリア 2010年
  • PSYREN 2008-連載中
    現実世界と未来世界を行き来することを題材とした漫画。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。