Fandom


ファイル:John Bauer-Tyr and Fenrir.jpg
ファイル:Treated NKS fenrir.jpg

フェンリル[1](Fenrir「沼に棲む者」の意)は、北欧神話に登場するオオカミの姿をした巨大な怪物ロキが女巨人アングルボザとの間にもうけた3兄妹の長子である。彼の次にヨルムンガンドが、3人目にヘルが生まれた[2]

神々に災いをもたらすと予言され、ラグナロクではオーディンと対峙して彼を飲み込む。

語尾に『狼』をつけてフェンリス狼(Fenrisúlfr )、フェンリスヴォルフまたはフェンリスウールヴ[1](フェンリル狼[3])とも呼ばれる。

別名にフローズヴィトニル(Hróðvitnir 悪評高き狼[4])やヴァナルガンド(Vánargandr ヴァン河の怪物)などがある。

概要 編集

初めは普通の狼とほとんど違いがなかったため、アース神族の監視下に置かれることとなったが、彼に餌を与える勇気があったのはテュールだけだった。しかし、日に日に大きくなり、テンプレート:要出典範囲など力を増してきたのと、予言はいずれも彼が神々に災いをもたらすと告げたため、拘束することを決めた[注釈 1]

神々はフェンリルを拘束するために、レージング(Læðingr )と呼ばれる鉄鎖を用意したが、フェンリルはそれを容易に引きちぎった。続いて、神々はレージングの2倍の強さを持つ鉄鎖、ドローミ(Drómi )を用いたがこれもフェンリルは難なく引きちぎった。そのため、スキールニルを使いに出してドヴェルグドワーフ)に作らせたグレイプニル[注釈 2]という魔法の紐を用いることにした。

グレイプニルは、猫の足音、女の顎髭、山の根元、熊の神経[注釈 3]、魚の吐息、鳥の唾液という六つの材料から出来ていた[注釈 4]。アースの神々はアームスヴァルトニル(Ámsvartnir )湖にあるリングヴィ(Lyngvi )という島で、紐が見かけよりも強いことをフェンリルに示し、試しに縛られるように彼に勧めた。フェンリルはこの紐も切れないようなら神々の脅威足り得ないから解放する言われたが、一度縛られたら助けを得ることは難しいと考え、約束が間違いなく行われるという保証として誰かの右腕を自分の口に入れることを要求した。神々の中からテュールが進み出て彼の右腕をフェンリルの口の中に差し入れた。

縛られグレイプニルから抜け出せないことに気付いたフェンリルはテュールの右腕を手首の関節のところで食いちぎったが[注釈 5]、神々は素早くゲルギャ(Gelgja 拘束[5])と呼ばれる足枷から綱を伸ばしギョッル(Gjöll 叫び[6])と言う平らな石にフェンリルを縛り付け、石を地中深くに落とし、スヴィティ(Þviti 打ちつけるもの[7])と言う巨大な石を打ち込んで綱をかける杭にした。フェンリルは暴れてこれを噛もうとしたので、神々は下顎に柄が上顎に剣先がくるように剣を押し込んでつっかえ棒にした。開きっぱなしになったフェンリルの口から大量の涎が流れ落ちて川となった、これはヴァン(Ván 「希望」[8])川と呼ばれる。

こうしてフェンリルは捕縛されたもののラグナロクには自由になり、神々との戦いの場となるヴィーグリーズに進む。その口は開けば上顎が天にも届き、鼻からは炎を噴き出しており、オーディンと相まみえて彼を飲み込むが、直ちにオーディンの息子ヴィーザルに殺される運命にある。このとき彼は下顎を靴で踏みつけられ、上顎を手でつかまれ口から上下に引き裂かれるとも[9]、剣で心臓を貫かれるともいわれている[10]

鉄の森にいる老婆[注釈 6]がフェンリルの一族を生み[11]、それらのうちのスコールソール太陽)をハティマーニ)を追いかけている。彼らから逃れるために太陽と月は馬車を走らせ、これが太陽と月の運行を司る形になっているが、ラグナロクではそれぞれソールとマーニとに追いついてこれを飲み込むといわれる[12]

脚注 編集

[ヘルプ]

注釈 編集

  1. 殺害という手もあるにはあったが、アースガルドの土地を邪悪な血で染めるわけにはいかないことから捕縛という結論に至る。
  2. Glæipnir 呑み込む者の意。
  3. だとする資料もある(『北欧神話物語』青土社 87頁)
  4. 今日これらのものが存在しないのは、この時に材料として使われてしまったからだといわれている(『エッダ 古代北欧歌謡集』p.250「ギュルヴィたぶらかし」34章。
  5. このため俗にここを「狼の関節」と呼ぶようになった(『エッダ 古代北欧歌謡集』p.246「ギュルヴィたぶらかし」第26章)。
  6. イアールンヴィジュルと呼ばれる複数の女巨人ともいわれる(『エッダ 古代北欧歌謡集』p.233「ギュルヴィたぶらかし」12章)。

出典 編集

ファイル:Fenrir bound manuscript image.jpg

テンプレート:Commonscat

  1. 1.0 1.1 『エッダ 古代北欧歌謡集』などにみられる表記。
  2. 『『エッダ 古代北欧歌謡集』248-251頁、「ギュルヴィたぶらかし」第34章。
  3. 『北欧神話』(H.R.エリス・デイヴィッドソン(en)米原まり子、一井知子訳、青土社、1992年、ISBN 978-4-7917-5191-4)などにみられる表記。
  4. 『エッダ 古代北欧歌謡集』p.61「グリームニルの歌」訳注。
  5. Orchard (1997:54).
  6. Orchard (1997:57).
  7. Simek (2007:334).
  8. 『北欧神話物語』青土社 89頁
  9. 『エッダ 古代北欧歌謡集』275-276頁、「スノッリのエッダ」
  10. 『エッダ 古代北欧歌謡集』14頁「巫女の予言」。
  11. 『エッダ 古代北欧歌謡集』p.13「巫女の予言」40節。
  12. 『エッダ 古代北欧歌謡集』233頁。

参考文献 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。