Fandom


ワルキューレドイツ語Walküre)は、北欧神話に登場する複数の半神

概要 編集

戦場において死を定め、勝敗を決する女性的存在である。彼女たちは王侯や勇士を選り分け、ヴァルハラへ迎え入れて彼らをもてなす役割を担ったが、これは尚武を旨(むね)とするヴァイキングの思想を反映したものと考えられる[1]

日本語として定着した「ワルキューレ」は、Walküreドイツ語での発音「ヴァルキューレ」に由来する。北欧神話の原語である古ノルド語では、単数形が valkyrja(ヴァルキュリア、ヴァルキュリャ)、複数形は valkyrjur(ヴァルキュリウル)で、語義は valr(戦場で横たわる死体)と kjόsa(選ぶ)を合わせたもので、「戦死者を選ぶ女」を意味する[2]英語では valkyrie(ヴァルキリー)という。

ワルキューレはおそらく人間の魂が動物の姿をして現れる霊的な存在フィルギャFylgja)から派生したものと考えられ[3]、主神オーディンの命を受けて、天馬に乗って戦場を駆け、戦死した勇士たちを選びとって(エインヘリャル)を天上の宮殿ヴァルハラへと迎え入れる役割を持っていた。この勇士達は、ラグナロクでの戦いに備えて、世の終わりまで武事に励むという。ヴァルハラにおいて、彼らをもてなすのもワルキューレの務めの一つである。

ワルキューレは天女のように白鳥羽衣を持ち、男にこれを奪われるエピソードや[4]、これを身にまとうことで白鳥に変身する描写も登場する[5]

ワルキューレは本来9人いるといわれているが、伝承によって12人[6]、8人[7]と、人数に違いが見られる。また、サガの中に王の娘がワルキューレであると紹介される下りが見られる[8][9][10]

戦勝に関わるため、ギリシャ神話女神ニケとも同一視される場合があり、後代には「英雄の前に現れる幻想的な恋人」というイメージを与えられた。日本語では「戦乙女」「戦女神」などともいい、一般には、羽根のついたで身を固め、(もしくは)とを持ち、の生えたペガサスなど)に乗る美しい戦乙女の姿で表される。 しかし、スカンジナビア半島では筋骨逞しいアマゾネスのようなイメージがある。

ルーン文字で書かれたレォーク石碑などによると、「ワルキューレの馬」という言葉は一般的なイメージとは違い、ケニングとして使われている。戦死者たちの死骸に集まる狼の群れをモチーフにしたものと考えられている。

オーロラは、オーディンの使者として夜空を駆けるワルキューレのが煌いたものだと考えられていた。

ファイル:Ring28.jpg
ファイル:Wagnervalkyr.jpg
ファイル:Waltraute confronts.jpg

ワルキューレのリスト 編集

古エッダ 編集

  • ブリュンヒルデ Brynhildr - 勝利のルーンに通じる者
  • スクルド Sculd - 運命の三女神の三女 未来を司る(古エッダにおける、ワルキューレの項目に出てくるスクルドは、ノルンとは、別人であるとの説がある。)
  • スケグル Scögul - 戦
  • グン Gunnr - 戦争
  • ヒルド Hildr - 勝利
  • ゲンドゥル Gondur/Göndul - 魔力を持つ者
  • ゲイルスケグル Geirscögul - の戦
  • フリスト Hrist - 轟かす者、援軍
  • ミスト Mist -
  • スケッギォルド Sceggiöld - の時代
  • スルーズ Þrúðr - トールとシフの娘 強き者
  • フレック Hlöcc - 武器をがちゃつかせる者
  • ヘルフィヨトル Herfiötur - 軍勢の戒め
  • ゲル Göll - 騒がしき者
  • ゲイレルル Geirölul - 槍を持って進む者
  • ランドグリーズ Randgrið - を壊す者
  • ラーズグリーズ Ráðgrið - 計画を壊す者
  • レギンレイヴ Reginleif - 々の残された者
  • ヘルヴォル Hervor - 軍勢の守り手
  • アルヴィト Alvitr - 全知
  • エルルーン Ölrun - ビールルーンに通じる者

新エッダ 編集

ワーグナーの『ニーベルングの指環』 編集

ニーベルングの指環』はワーグナーの代表作の一つであり、15時間にも及ぶ巨大な楽劇である。北欧神話をモチーフとしており、序夜に続く第一夜はまさしく「ワルキューレ」と題されており、以下のワルキューレが登場する。

ヴォータン(オーディン)とエルダの娘

  • ブリュンヒルデ Brünhilde
  • ゲルヒルデ Gerhilde
  • オルトリンデ Ortlinde
  • ヴァルトラウテ Waltraute
  • シュヴェルトラウテ Schwertleite
  • ヘルムヴィーゲ Helmwige
  • ジークルーネ Siegrune
  • グリムゲルデ Grimgerde
  • ロスヴァイセ Rossweisse

出典 編集

  1. 菅原、p.69 - 70。
  2. 菅原、p.68。
  3. 『エッダ 古代北欧歌謡集 p.21(訳注108)
  4. 『エッダ 古代北欧歌謡集 p.162(「ブリュンヒルドの冥府への旅」6節)
  5. 『エッダ 古代北欧歌謡集 p.93(「ヴェルンドの歌」)
  6. 菅原、p.68(「ニャールのサガ」157章)
  7. 『エッダ 古代北欧歌謡集 p.162(「ブリュンヒルドの冥府への旅」6節)
  8. 『エッダ 古代北欧歌謡集』 p.93(「ヴェルンドの歌」)
  9. 『エッダ 古代北欧歌謡集』 p.112(「ヒョルヴァルズの子ヘルギの歌」9節)
  10. 『エッダ 古代北欧歌謡集」 P.119、P.125(「フンディング殺しのヘルギの歌Ⅱ」4節、51節)

参考文献 編集

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年。
  • 菅原邦城 『北欧神話』東京書籍、1982年。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。