Fandom


株式会社ワーナーミュージック・ジャパン (Warner Music Japan Inc) は、米国ワーナー・ミュージック・グループ傘下のレコード会社である。

沿革編集

  • 1970年 当時の日本ではアメリカ資本のみではレコード会社を創立できなかったため米国ワーナー・ブラザーズが50%と日本のオーディオ機器メーカーのパイオニアが25%、日本の芸能プロダクションの渡辺プロダクションが25%を出資し、設立された。[1]の共同出資で「ワーナーブラザーズパイオニア株式会社」を設立。規格品番WP(Warner Pioneer)は、その名残りである。日本ではポリドールからデビューしていたレッド・ツェッペリンの日本販売権を獲得。英米のロックが主力のレコード会社であった。
  • 1971年 渡辺プロの小柳ルミ子がデビューし、シングル部門の稼ぎ頭となる。邦楽部門も充実。
  • 1972年 社名を「ワーナー・パイオニア株式会社」に変更。
  • 1978年 渡辺プロダクションが資本撤退。
  • 1990年 パイオニアが資本撤退[2]。ワーナーブラザーズグループの100%子会社となる。
  • 1991年 社名を「株式会社ワーナーミュージック・ジャパン」に変更。
  • 1994年 マイカルハミングバードの音楽・映像事業を譲受される[3]
  • 2003年 関連会社のイーストウエスト・ジャパン、映像部門と合併し「ワーナーエンタテインメント・ジャパン」の一部門となる。
  • 2004年 親会社の米タイム・ワーナーが音楽部門を分離・売却。それに伴い、ワーナーエンタテインメント・ジャパンも音楽ソフト部門を分離、再び「ワーナーミュージック・ジャパン」となる。
  • 2010年10月7日 社長の吉田敬が自宅で自殺[4]。これに伴い、会長のラザフォードが兼任最高経営責任者となる。

元プロ野球選手の難波昭二郎が、球界引退後に入社したパイオニアから出向して社員として在籍し、営業や制作ディレクター等を務め、その後取締役となる[5]。ワーナーブラザーズパイオニア設立前の日本におけるワーナーブラザーズレコードの販売権は東芝音楽工業(後の東芝EMIで、現在のEMIミュージック・ジャパン)にあった。

アーティスト編集

2010年現在、五十音順。

テンプレート:Col-3テンプレート:Col-3

洋楽 編集

テンプレート:Col-3  

過去編集

ワーナー・パイオニア名義も含む。

社内レーベル編集

消滅レーベルも含む。

  • A.K.A. Records
  • A'zip Music
  • Atlantic Japan
  • CUBE LOVES MUSIC
  • Dream Machine
  • eastwest
  • ENTRANCE
  • Futurista
  • GARLAND
  • Jupiter
  • Moon Records
  • NAT
  • Organon
  • PASION RECORD!(今井美樹のプライベート・レーベル)
  • PHOTON
  • PLANETS
  • Real Note
  • Rhino
  • REPRISE RECORDS
  • River Way(槇原敬之のプライベート・レーベル)
  • root of style
  • SPROUSE
  • TRINITAS
  • unBORDE
  • VYBE
  • WEA Japan

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 現在は持株会社制に移行
  2. 米国本社でのディスク原盤製造の撤退に伴い、パイオニアLDCを通じての販売元としての契約は継続。現在は同社の後身であるジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンが担当。
  3. 日本経済新聞・1994年8月19日付の記事より
  4. [1]
  5. 長嶋茂雄に関する音源の発売権を取得し、「ミスターG 栄光の背番号3」を発売。営業部時代にはカタログ『WEA-WAY』第1号(1979年)の編集を担当した。2009年8月14日没、享年74。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 原盤権渡辺音楽出版が所持
  7. 7.0 7.1 原盤権はヤマハミュージックパブリッシングが所持

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。