Fandom


三瓶 由布子さんぺい ゆうこ1986年2月28日 - )は、日本女性声優ナレーターぷろだくしょんバオバブ所属。東京都出身。愛称は「ゆうゆう」など。

人物紹介 編集

特色 編集

交響詩篇エウレカセブン』(レントン役)、『ギャラクシーエンジェル(第3・4期)』(ココモ役)、『夏のあらし!』(八坂一役)等、元気・熱血漢タイプ[1]の少年役を多く演じる。『だぁ!だぁ!だぁ!』(西遠寺彷徨役)、『聖痕のクェイサー』(サーシャ役)等で、落ち着いた役柄やクールな役柄も担当している。『Yes! プリキュア5』(夢原のぞみ/キュアドリーム役)、『亡念のザムド』(ナキアミ役)、『君に届け』(吉田千鶴役)等で少女役も演じた。

正義側の担当が多いが、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(プライド役)、『イナズマイレブン』(アフロディ役)、『ヤッターマン(リメイク版)』(ドクボン役)などで悪役の経験もある。

『Yes! プリキュア5』、『交響詩篇エウレカセブン』、『ぼくらの』(マチ役)、『ヤッターマン(リメイク版)』、『メタルファイト ベイブレード 爆』(角谷正宗役)など、日曜日放送の作品への出演割合が高い。この為に「日曜声優」と自らネタにすることもある[2]

2008年頃より、ナレーション業も行っている。

来歴 編集

10歳だった小学5年生時に劇団若草に入団し[3]、舞台子役として活動。その後、事務所の方針で並行してアニメのオーディションを受けるようになり、2000年の『だぁ!だぁ!だぁ!』(西遠寺彷徨役)が実際の声優デビューとなった。この作品においては、開始当初はキャラクターと同じ中学2年生だった。以後は『ギャラクシーエンジェル』(ココモ・ペイロー役)などに出演、低音を生かした演技で、少年役の若手声優として知られていくこととなった。2005年には、『交響詩篇エウレカセブン』(レントン役)で初の主役を担当[4]、当該の宣伝ラジオにおいては、名塚佳織と共に初のメインパーソナリティーも務めた。

2006年には『桜蘭高校ホスト部』(夷川栞役)にて、名前付きの女性役を初めて担当、『新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ』(鋳門チカゲ役)でも少女役を担当している。更に2007年、『Yes! プリキュア5』(夢原のぞみ/キュアドリーム役)で自身初の女性主人公に抜擢され、『ぼくらの』(マチ役)でも女性主要キャラクターを演じた。これを期に、以降は従来の少年役に加え、OVA『舞-乙HiME 0〜S.ifr〜』(エリオット・チャンドラー役)、『亡念のザムド』(ナキアミ役)等、少女役での起用も増加していった。特に『Yes! プリキュア5』は、結果的に続編を含め2年間放送され、経歴の中でも長期のレギュラーとなった。この期間中に、2007年5月頃に劇団若草を退団、フリー期間を経て、2007年11月1日よりぷろだくしょんバオバブに所属[5]。また2008年3月には大学を卒業している。

2009年も『夏のあらし!』(八坂一役)、『ヤッターマン(リメイク版)』(ドクボン役)、『イナズマイレブン』(アフロディ役)、『君に届け』(吉田千鶴役)等、多くの作品に出演。また、『人志松本の○○な話』などナレーション業でのレギュラーも持つようになった。2010年も『聖痕のクェイサー』(サーシャ役)での主演をはじめ、多数に作品に出演。また、所属事務所・ぷろだくしょんバオバブの公演「歓喜の歌」にて久々に舞台を踏む予定となっている。

交友関係 編集

  • 小清水亜美は劇団若草時代[6]からの親友であり、週に5日程度会うなどプライベートでも特に密である[7]。声優としての共演は少ないもののラジオやイベントでの共演は多く、小清水が三瓶に過度の好意を示し、三瓶は蔑むような態度を返す掛け合いが定番となっている。かつては、2人での活動を「THE・SOU(ざっそう)[8]」と称していたことがある。2009年12月より、「±(ぷら)ふぃに」として、正式にユニットを結成している。
  • 平田真菜も小清水共々劇団時代から旧知の仲であり、3人で連れ立って浴衣を見に行ったことが、三瓶より紹介されたこと[9]もある。また飯塚雅弓は劇団若草の先輩にあたり、三瓶は「飯塚先輩」と呼んでいる。『三瓶由布子の超ラジ!Girls』最終回では、飯塚に対する敬意の念を語っていた。
  • 名塚佳織とは交友が深いことに加え、『だぁ!だぁ!だぁ!』、『交響詩篇エウレカセブン』と2度に渡る恋人役をはじめ、『レ・ミゼラブル 少女コゼット』、『夏のあらし!』など、声優としても絡みが多い。
  • 沢城みゆきとも交友が深く、三瓶の愛称「ゆうゆう」の命名者でもある。三瓶・小清水・名塚とは、「同年度生まれ」且つ「デビューが早くキャリアが長い」という共通点があり、三瓶が「現場で会わなくても繋がっている[10]」と語ったり、名塚がブログにて三瓶・小清水と集まったことを紹介した際「いつかはみゆきも交えて」と書くなど[11]、各々が他を意識した言葉を残している。
  • 交響詩篇エウレカセブン』での共演をきっかけに、水沢史絵とも仲が良い。水沢のほうが6歳年上となるが、三瓶は「史絵(ちゃん)」と呼んでおり、一方で水沢からは「三瓶ちゃん」や「ぺ」と呼ばれる。
  • ぼくらの』(マチ役)で共演した牧野由依とも、同年度生まれということで交友を深め、一時期は月に1度程度の割合で「女を磨く会」(岩盤浴などに通う)を開催していた。その後、互いの多忙で徐々に難しくなったが、また行いたいと話していた。
  • Yes! プリキュア5』の共演で親交を深めた伊瀬茉莉也は、尊敬する声優として三瓶の名前を挙げている[12]
  • 『ギャラクシーエンジェル』の頃からの付き合いである田村ゆかりを、姉のように慕っている(もしくは妹のように田村から慕われている[13])。田村以外にも『ギャラクシーエンジェル』での共演者とは仲が良い。
  • 夏のあらし!』などで共演した小見川千明からは、度々慕うコメントをされており[14]、三瓶も『方舟休憩室』第2回で「お気に入り」と発言しているが、絡む際には「慕う小見川と蔑む三瓶」というパターンを見せることが多い。
  • 他に井上麻里奈などとも親交がある。

人物・逸話 編集

  • 身長156cm。血液型はB型。
  • 「学校の音楽会では、歌うのは必ずアルトパートになり、ソプラノパートを歌える生徒が羨ましかった」と語るなど声優業を始める以前は、自身の低くハスキーな声にコンプレックスを持っていたことをあかしている[10]
  • 強い香りが苦手と公言しており、特に男性の香水については、「汗臭いほうがまだマシ」と語る程嫌悪している。自身が香水を付けることもあまりないが、例外的に自身が好きなジンチョウゲの香りの製品を購入したことはある[15]
  • 愛称は、ほぼ初対面だった原田ひとみに尋ねられた際、「ゆうゆう[16]」、「ぺーちゃん[17]」、「三瓶ちゃん[18]を、よく呼ばれるものとして挙げていた。特に「ゆうゆう」は、自らの愛称として再三紹介している[19][20]もので、『ギャラクシーエンジェル』で共演していた同年度生まれの沢城みゆきが呼び始めた[21]ものである。この他にも、竹内順子仙台エリからは「さんちゃん」と呼ばれている。
  • 自他共に認める涙脆い性格[22]であり、特にラジオ「エウレカセブン RADIO ray=out」最終回付近、映画『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』の舞台挨拶、キャラクターソング「明日、花咲く。笑顔、咲く。」収録時、自主ライブ「Oui! 青春ShiningParty〜乙女たちからの招待状〜」開催時、映画『プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』舞台挨拶等、『交響詩篇エウレカセブン』と『Yes! プリキュア5』に関するものが多い。
  • 少年役と少女役を比較した場合、「どちらの役も自分」と最初に提示したうえで、「自分のデビューのきっかけである」「演じていて楽しい」などの理由から、少年役のほうにより思い入れがあると語っている。少女役については、「少年役を基盤に演技をしていく中で、少しずつ幅が広がっていった結果」「(少女役からでは)声優業界には入れていないと思う」「目下チャレンジ中」と語っている[23]
  • 少年役を多数演じていることとは裏腹に、内面については、沢城みゆき、名塚佳織、後藤邑子ジェーニャなど多数から「乙女」と称されている[24]。 夢原のぞみ役を担当して以降は、スカートやピンク系統の服を着用することも多くなり[25]、舞台挨拶などに女性的な装いで登場することも増えた為、鷲崎健名塚佳織からは、急激な容姿の女性化についてしばしば触れられている。

嗜好 編集

  • 黄色いアヒルのキャラクターが好きで、グッズも収集している。『三瓶由布子の育て!黄色いアヒル豆!!』第1回でも、番組タイトル名の由来として、黄色いアヒルが好きなことを述べていた他、度々他でも言及している。「水都大阪2009」開催時には、連携プログラムとして設置されていた巨大アヒルのオブジェを見るべく大阪まで出掛け、Tシャツも買って帰った[26]。また、19歳当時の時点ではリラクマグッズにも凝っていた[27]
  • 中学時代は演劇部、高校時代は放送部にて活動。また大学時代は写真学科にて学んでおり、写真についてラジオなどでしばしば言及している。
  • スピッツYUKIのファン[28]で、自身のラジオで楽曲をかけることも多い。YUKIに関しては、JUDY AND MARYが『るろうに剣心』の主題歌を歌っていたことが、知るきっかけになったという[29]
  • 好きな異性のタイプは、「さまぁ〜ず」の2人。特に大竹一樹の名を度々挙げていたが、2009年末に「だぶるあ〜る」へゲスト出演した際には、「殆ど同じぐらい好き」としたうえで、三村マサカズのほうを挙げていた。基本的に「面白い人」が好みと語っている。
  • 土井美加の大ファン[30]

漫画・アニメなど

Yes! プリキュア5 編集

経緯

  • Yes! プリキュア5』のオーディションには、ボーイッシュな夏木りん/キュアルージュ役として参加していた(少女役でも、ボーイッシュな声なら、「出せるかな」と思っていたという)。しかしそのオーディションにて、竹内順子の順が来た際、掛け合いの相手として主人公の夢原のぞみ/キュアドリームのパートを担当することになった。
  • この際、三瓶は竹内に迷惑が掛からないようにとの思いから、自身の限界に近い高い声域でのぞみを演じた。りんと異なり、いかにも少女的なのぞみ役に対しては、選出される可能性を全く考えておらず、あくまで掛け合い相手としての演技だったが、掛け合い後にスタッフから「のぞみ1人の台詞も読んで欲しい」と言われ、単独での台詞を読み[37]、最終的にはのぞみ役に抜擢された。

悩み

  • 抜擢はされたものの、それまで殆どが少年役だった三瓶にとってのぞみは未知の役柄であり、「『自分には無い要素』と思った」「可愛いイメージの女の子をどう演じれば良いか分からなかった」と、後に当初の気持ちを語っている[37]。声域面でも、地声の低い三瓶には負担が大きく、「朝はドリームの声はきつい[38]」「のぞみの声は夕方じゃないと出ない[39]」などの発言をしている。これらもあり、初アフレコ後には「1年続けるのは無理」とすら思ったという。
  • その中でも「足を引っ張らないように」と悩みながら演技をしていたところ、りん役となった竹内に「三瓶ちゃんののぞみに付いていくから」と言われ、非常に嬉しかったという[37][40]。また、「どこまでやれば女の子に聞こえるか」を探りながら演技を続ける中、当初のぞみの声は、回が進むにつれどんどん高くなっていったが、限界を感じて以降、徐々に低く戻し無理の少ないものにしていった[41]

愛着

  • 少女期に『美少女戦士セーラームーン』シリーズなどを視聴していた三瓶にとって、変身ヒロインは憧れでもあり、のぞみ役への決定を「夢がかなった」とも表現していた[42]。上記の様々なことに悩みながら演じた経験や、短期の作品が大半を占める2000年代のアニメ業界において、2年間と長期に渡って演じたこと等から、度々強い思い入れを口にしている[43]
  • 作品最後の録音曲となった「明日、花咲く。笑顔、咲く。」では、レコーディング中に卒業式のような心境になり泣いてしまったという[44]
  • 番組終了後の2009年3月には、共演者と共に「Oui!青春ShiningParty〜乙女たちからの招待状〜」として、作品関連の楽曲を歌う自主ライブを開催している。

他のエピソード

  • のぞみのキャラクターソングは、スタッフの「のぞみは歌が上手くなさそうだから」という判断から、各テイクの三瓶が失敗した箇所を、あえてつなぎ合わせている。うち「もん! 太陽ドリーム」の歌い方は、現場で共演者等によく真似をされていた[45]
  • 新キャラクターとして朴璐美演じるシロップ/甘井シローが登場した際、同様に普段は少年役が多い竹内から、「いつもなら自分たちがやりそうな役」と、揃って少女役を演じている状況を冗談めかされた[46](ただし、朴も2人同様元々少年役が多い)。
  • 作品の担当期間中は、関連する様々なCMでも声をあてた。幼少期に自身も持っていたらくがきんちょ!については、「嬉しいし信じられない」、大先輩の野沢雅子と共演したハッピーセット[47]については、「感激した」と語っており、特に後者は友人にまで自慢するほど嬉しかったという。同時に、改めてプリキュアシリーズに対し、「凄い」と語っていた[48]
  • のぞみと草尾毅演じるココの恋愛について聞かれた際には、かつて視聴していた『美少女戦士セーラームーン』シリーズの月野うさぎが、来世でとはいえ恋人との間に実子のちびうさを設けていたことと比較し、「キスぐらいまでいったらいい」と発言していた[36]。結果的には、のぞみの恋愛はまさにキスまでが描かれることとなった。
  • 仲の良い水沢史絵からは、のぞみ役への決定を報告した際に「ない」とまで言われた他、その後もブログやラジオで頻繁にネタにされ弄られたが、3年後の『ハートキャッチプリキュア!』では、その水沢が来海えりか/キュアマリン役に抜擢された。水沢の声質も三瓶同様にハスキーで低い為[49]、水沢から報告を受けた三瓶は、3年前の水沢と同じような反応になってしまった[50]


出演作品 編集

※トップクレジットは斜字、主役以外でのメインキャラクターは太字

テレビアニメ 編集

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

  • 君に届け 2nd season(吉田千鶴
  • みつどもえ 増量中!(佐藤信也

劇場版アニメ 編集

2007年

2008年

2009年

2010年

Webアニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

ドラマCD 編集

  • THE IDOLM@STER Dearly Stars シリーズ(秋月涼)
  • あそびにいくヨ! シリーズ(嘉和騎央
    • あそびにいくヨ! 1
    • あそびにいくヨ! 2 作戦名「うにゃーくん」
    • あそびにいくヨ! 3 たのしいねこのつかいかた
    • あそびにいくヨ! 4 やめてとめてのうちゅうせん
  • ギャラクシーエンジェル シリーズ(ココモ・ペイロー)
    • GALAXY ANGEL ドラマCD 「飛び込んできたTWIN・STAR」
    • 日めくりCD ギャラクシーエンジェル Vol.1〜4
    • ラジオドラマCD 金のギャラクシーエンジェル
    • ラジオドラマCD 銀のギャラクシーエンジェル
    • ギャラクシーエンジェル ドラマCD 赤 〜TV-G編〜
    • ギャラクシーエンジェル ドラマCD 白 〜A-TV編〜
  • 私立クレアール学園(東雲海斗
  • テイルズ オブ グレイセス(リチャード(幼少期))
  • 天正やおよろず 食券争奪道中記(神無)
  • ハイガクラ〜吉里吉里舞〜(蒲牢)
  • Bloody Call ドラマCD・I 〜NEDE編〜(エン=ソフ)
  • プリキュアシリーズ(夢原のぞみ)
    • Yes!プリキュア5 ドラマ&Vocalアルバム1 ココ&ナッツ 〜ふたりの王子〜
    • Yes!プリキュア5 ドラマ&Vocalアルバム2 ココ&ナッツ 〜先生と店長〜
  • みつどもえ DRAMA CD 伝説のはじまり(佐藤信也)

ラジオCD 編集

ナレーション 編集

2008年

2009年

2010年

  • 土曜プレミアム 人志松本の○○な話1周年絶対タメになる話SP(フジテレビ 2010年3月6日)
  • 人志松本の○○な話 土曜19時版(フジテレビ 2010年5月8日 - 9月18日)
  • 人志松本の○○な話ヨダレが出る話SP!!(フジテレビ 2010年6月5日)
  • 人志松本の○○な話 金曜23時版(フジテレビ 2010年10月8日 -)
  • スピンオフ!!(フジテレビ 2010年11月20日)

CM 編集

  • ジョイフル ジョイキッズCM(キュアドリーム/2008年)

ラジオ 編集

インターネットラジオ
携帯電話ラジオ
ラジオドラマ

テレビ(顔出し) 編集

インターネットテレビ 編集

歌唱楽曲 編集

斜字はソロ曲、太字はメインボーカル曲(複数のアルバムなどに収録された場合、初収録時のみ表記)。

キャラクター名義
本人名義
  • 7ブンノ5デイズ 収録。※「超ラジ!Girls」として、他の同番組パーソナリティー4人と共に歌唱。
    「7ブンノ5デイズ」(超!A&G+『超ラジ!Girls』各曜日OP)
    「メジルシは君さ」(超!A&G+『超ラジ!Girls』各曜日ED)
  • こくしむそう 収録。※ユニット「±ふぃに」として小清水亜美と共に歌唱。
    「キラッ☆ってしたいの!」
    「なりゆき姫」
    「忘れてしまいたいの」
    「I'm HOME」
    「オブシディアンの涙」
    「キラキラ体操 第2」

その他 編集

  • メロディバイオリン(メロディっち

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 自らの言葉では「はっちゃけた役柄」「体当たり的な役柄」。
  2. 三瓶由布子の超ラジ!Girls』第48回など。
  3. ただし、高校卒業時から正式に退団するまで、正確な所属部所は若草セレクションで、「劇団若草」関係の記述では若草セレクション所属とされることもあった。
  4. 『だぁ!だぁ!だぁ!』が名塚佳織とのダブル主演作とされることもあるが、本人は『交響詩篇エウレカセブン』が初主演と語っている。
  5. 交友関係にある小清水亜美も、11月15日よりバオバブに所属している。
  6. 同年齢だが、劇団のキャリアにおいては小清水は後輩となる。
  7. 劇団若草出身・2人姉妹の姉という共通点の他に、両親姉妹の干支が同じという共通点もある。
  8. 共に劇団若草出身であることから、「雑草」及び「草」そのものと掛けたもの。
  9. 三瓶由布子の超ラジ!Girls』第63回。
  10. 10.0 10.1 10.2 『わう*アニ HOTレビュー』第141回。
  11. バーボンのダブル、ロックで!!
  12. それでは…★ミ
  13. 『おとぎ銃士赤ずきん』DVD特典映像より。
  14. 小見川千明の内緒のお茶会』第1回など。
  15. くんくん
  16. 本人は「最後に「」が付く」ことを強調しているが、「ゆうゆ」と表記されることがあり、「±ふぃに」の公式動画でもそう表記された。また、新谷はブログ内で「ゆーゆ」と表記していた。
  17. 「直筆声優DATA FILE 2008」等、「ぺ」とされることも多く、また松来未祐日笠陽子はブログなどで「ぺ様」と書いている。
  18. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第94回。
  19. 三瓶由布子の超ラジ!Girls』第1回。
  20. 井上喜久子 魅惑のおしゃべりメロン』ゲスト出演時など。
  21. 『ぷちこのおしえて! ほっけみりん。』第104回より。
  22. 「ぴたぴたエンジェル♪A」第2回より。
  23. 三瓶由布子の超ラジ!Girls』第80回。
  24. ぷちこのおしえてほっけみりん。』Vol.6「2004夏」、『エウレカセブン RADIO ray=out』第5回、『後藤邑子の超ラジ!』第19回、『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第97回など。
  25. 『三瓶由布子の超ラジGirls』第44回にて、鷲崎健に「プリキュアでここまで変わるか」と言われた際、抵抗が無くなったと発言している。
  26. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第78回。
  27. ぷちこのおしえてほっけみりん。』Vol.6「2004夏」にて。
  28. アニメディア2008年7月号付録「直筆声優DATA FILE 2008」より。
  29. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第3回。
  30. 三瓶由布子の育て!黄色いアヒル豆!!』第126回。
  31. 31.0 31.1 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第88回。
  32. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第89回。
  33. 杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』第10回。
  34. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第14回。
  35. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第32回。
  36. 36.0 36.1 「メガミマガジン」内「教えて!中の人」より。
  37. 37.0 37.1 37.2 Webラジオ『CLUB ココ&ナッツ』第8回より。
  38. Webラジオ『CLUB ココ&ナッツ』第9回。
  39. 「小清水亜美&三瓶由布子トークライブ -あみっけ・ゆうゆうの小箱sketch in 早稲田-」にて。
  40. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第41回より。
  41. Webラジオ『CLUB ココ&ナッツ』第37回より。
  42. 人気アニメ『プリキュア』で夢をかなえた三瓶由布子
  43. 自身の担当する『三瓶由布子の超ラジ!Girls』では、最終回直後の第41回にて、本人やリスナーの『プリキュア5』での思い出を紹介するコーナーが設置された。
  44. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第41回。
  45. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第31回他。
  46. 『三瓶由布子の育て!黄色いアヒル豆!!』第87回。
  47. 『Yes! プリキュア5』が女の子部門の得点だった際、男の子部門が丁度リバイバルブーム中の『ドラゴンボールZ』だった。
  48. 三瓶由布子の育て!黄色いアヒル豆!!』第43回。
  49. 水沢の担当ラジオである『水沢史絵の他人の家の犬』第22回に、三瓶・小清水がゲスト出演した際には、「最近綺麗なハイトーンが出ない」と語った小清水に、水沢と共に「自分たちには元々無い要素」と返す場面もあった。
  50. 『三瓶由布子の超ラジ!Girls』第99回より。
  51. くまいもとこの病気療養に伴い、2006年12月23日放送分から同役を務めていたが、最終回までくまいが復帰しなかったため、事実上2代目となった。
  52. ドラマCD「銀のギャラクシーエンジェル」には、フルコーラスではないショート・バージョンが収録されている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。