Fandom


中原 麻衣(なかはら まい、1981年2月23日 - )は日本声優歌手アイムエンタープライズ所属。福岡県北九州市戸畑区[1]出身。公式ファンクラブは「マーブル*スコープ」。身長161cm、血液型はAB型。愛称はまいまい、まいたん、麻衣ちゃん、麻衣様

人物 編集

来歴 編集

出生は、兵庫県。幼少期は転居の機会が多く(兵庫、大分、愛媛、福岡)思い出の時期をその頃住んでいた家によって判断できるという。

幼児期から中学3年2学期までの約10年は、祖母がいた愛媛県西宇和郡伊方町在住であった[2]。そのため、模造紙を鳥の子用紙と呼ぶなど愛媛周辺居住者の特徴を有し『アイドル大阪環状線』にゲスト出演した際のクイズでも、愛媛の知識に富むことを示した。

小学5年の時には既に声優を志望し、『七つの海のティコ』に影響を受けて中学を卒業した時点での声優養成所入りを望んでいた。しかし親の勧めで高校に進学し、卒業後18歳の時に3年間暮らした福岡から上京した。親からの援助はなかったため会社の寮に入り、医療事務のOLをしながら日本ナレーション演技研究所に通った。声優志望を告げた上で採用された約10ヶ月のOL生活では、「鬱屈とした日々を過ごしたこともあり、その時期に声優になるという思いをさらに強めた」ということを語っている[3]。その後、BSQR489で放送していたラジオ『ヒヤマ・クラタの声優パソ☆コン』に応募し、5週連続勝ち抜いたことが本格的に声優の道へ進むきっかけとなった。

日本ナレーション演技研究所の在校中、基礎科の段階で関連会社オーディションに合格し[4]、アイムエンタープライズ所属となった。2000年10月には、ラジオ番組『VOICE CREW』の7代目パーソナリティとして起用され、ラジオ・ゲームから声優活動を開始した。

テレビアニメへは2001年の『パラッパラッパー』でデビューし、翌2002年の『七人のナナ』で初のメインキャストとしてナナさまの声を演じた。同年開始された『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』シリーズでは、ヒロイン・南楓の声を演じ、3年半にわたる長期シリーズアニメとして初期の代表作となった。 以後も、2003年の『おねがい☆ツインズ』、2004年の『舞-HiME』、2006年の『ひぐらしのなく頃に』、2007年の『CLANNAD -クラナド-』をはじめとして、多くの作品で主役ヒロインを演じ続けている。

特色 編集

声優デビュー当初の顕著な活動は、ラジオパーソナリティであった。以後も継続してパーソナリティを努め、百合系ミニドラマに声をあてつつ同年齢の女性と雑談するアニメ関連番組・年上女性ときわどいトークをする深夜放送風番組・FM放送局をキー局として年上男性と音楽紹介や柔和なトークをする番組を1年以上並行して続けるなど、多岐にわたる番組を担当してきている。

アニメにおいては正統派ヒロインだけでなく、ツンデレ、強気系、お嬢様系、エリート系、百合系、ヘタレ系、病弱、学者肌、猪突猛進系など様々なヒロインキャラクターの声を演じる。

テンプレート:要出典範囲。しかし、いざデビューするとメインヒロインの声を担当することが多く、それも上記のようにキャラクター性が固定されることもなく、多彩なタイプのヒロインをこなしてみせている。また、メインヒロインだけでなく、『カレイドスター』のメイ・ウォン役や『DearS』のミゥ役などのようなライバルヒロインの声の演技もこなしている。

歌手・その他活動 編集

多くのアニメやゲームでキャラクターの声を演じていることもあり、キャラクターソングも多数歌っている。

2002年に『七人のナナ』で共演した声優の秋田まどか浅木舞名塚佳織福井裕佳梨水樹奈々桃森すももとともに結成した「nana×nana」、植田佳奈斎藤千和森永理科とともに結成して自らリーダーを務めた「みっくすJUICE[5]、2004年には清水愛とともに行った「PoppinS」・「中原麻衣&清水愛」など、声優ユニットでの活動も行っている。

2004年にはソロ歌手としても活動を開始した。ミニアルバム『ホームワーク』以後、2010年2月現在で、マキシシングル6枚、アルバム4枚(うち2枚はミニアルバム)を出しており、歌唱力の高さでもかなり高い評価を受けている

2007年には、アナウンサー養成所を舞台としたテレビドラマ女子アナ一直線!』にゲスト出演し、原稿読み・演技力の特別講師を務める声優・中原麻衣役を演じた。

同じランティスのmarbleゆうまおrinoからは作詞提供を受けている。

交友関係 編集

  • 清水愛とは所属事務所こそ異なるものの、『おねがい☆ツインズ』以降、アニメ・ラジオとも共演作が非常に多い。また公私共に仲が良く声優ユニットのCDも多数出している。
  • 同期・同年の植田佳奈斎藤千和との共演が多く、プライベートでも親しい。植田佳奈とはラジオなどで共演しており、『たくろあ航海日誌』にて植田と息の合った掛け合いを繰り広げ、植田がボケ役、中原がツッコミ役のようなトークをした。
  • うたわれるもの』や『タクティカルロア』で共演した三宅華也から尊敬の念を抱かれており、中原自身も三宅を可愛がっている。稀に三宅のブログに登場し、良き先輩的存在となっている。『うたわれるもの』で共演したメンバーと食事や旅行に行くことが多く、第2の家族的存在となっている[6]
  • 祥太郎、麻衣・CURE HOUSE』で長らくパーソナリティを務めた森久保祥太郎とは兄妹のような仲として、声優雑誌の付録に対談を載せていたことがある。また、2人でラジオをやっていた以外にも共演する機会が多い。
  • 共演が多い小清水亜美とはアフレコ帰りに小清水の家に行く仲。『狼と香辛料』では、女性声優陣が少なかったため、一層仲良くなり「麻衣ちゃん」と慕われている[7]
  • マジカノ』での舞夏における野川さくらが声を演じるあゆみとの「ぶち切れ合戦」が評判となり、この作品がきっかけで野川と仲を深めたとインタビューで語っている。
  • その他にも高橋美佳子水樹奈々新谷良子豊口めぐみ桑谷夏子渡辺明乃福山潤釘宮理恵生天目仁美松来未祐那須めぐみらと親交がある。
  • 交友関係は声優以外にも広く、ラジオ関係者や作詞家などとの交流が知られている。

共演 編集

人物 編集

  • 趣味は料理。特にパン作り。パン好きで、旅行先でもパン屋巡りをする。高校時代は、実家で毎日の食事作りを担当していたため門限が午後6時だった。そのためクラブ活動帰宅部みたいな(本人曰く「行って、お茶飲んで、お話して、帰るみたいな」)イラスト部所属[8]。上京して料理をする頻度そのものは少なくなっている。自分のための料理は作り甲斐がないと思い、持ち寄りパーティーのための料理(圧力鍋でスペアリブ)や、ドッグフードを食べなくなった愛犬の食事など、他者のために作ることが大半となった。
  • ゴキブリを極度に苦手とする。その対策として生ごみを無くそうと考え、引越しを機に調理道具の大半を処分して、ずっと料理をしなかったことがある。
  • マグロと牛乳とコーヒーが苦手。チョコレートが大好き。
  • 『テイルズ オブ』シリーズのゲームが好き[9]
  • 全商簿記検定2級、珠算1級、剣道初段、秘書検定などの資格を持つ。
  • 得意だった科目は生物。苦手だったのは英語。
  • 10ヶ月のOL期間に100万円貯金をしたという逸話をもつ。
  • 医療事務のOLを退職後、2ヶ月ほど居酒屋店白木屋でアルバイトをしていたことをラジオ等で語っている。
  • マイペースな性格でラジオの時は周りのペースに巻き込まれることも無く、一見突拍子も無い発言をすることがある。そのため、出演するラジオ番組やイベント等において、しばしば自由奔放ととられる言動を示す。『うたわれるもの』の打ち上げ旅行においてコンビニエンスストアで「おでん全部下さい」と注文した事を指して、後に『うたわれるものらじお』出演時の大原さやかは「大物ですね」と発言し、また同じく『うたわれるもの』で共演した小山剛志は『スーパー豪快アイドル声優』と自らのブログで語っている。
  • 御洒落好きで服装はスカートやジーパンなど様々なものを着こなし、ファッションリーダーのような雰囲気と言われている[10]。また、手足が長くスレンダーな体型で、同業者やファンからモデル体型と呼ばれることが多い。
  • 家族・友人と過ごすことを重視する一方、1人で過ごす時間も大切にし、神戸や山梨、京都、長野への小旅行に1人で出かける。
  • 大変な犬好きで[11]、愛犬はキャバリア。メス5歳の「モカ」とメス1歳という、2匹と暮らしており、憧れていた多頭飼いを実現している。散歩は毎日欠かさずに行うほど溺愛しているが、多忙ゆえ十分な手入れに連れて行くことができない。そこで自分でいつでもできるように、2008年春からはトリミングの学校に通っているという[12]
  • 諸事情(犬が心配であるため)により飲み会に参加しないことがあるとも言われるが、飲み会が長時間続くのを好む。
  • 飲み会の雰囲気が好きだと語り、その様子を清水香里は、楽しく飲む感じと語った。酒に酔うと「あなた幸せ?」「帰りたくない」「もう少し、一緒にいて」といった言葉でお開きを阻止しようとすることがある。『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の打ち上げに参加してお開きになったあと、中原が「帰りたくない」と言い出した。このため、居合わせた共演者(植田佳奈、清水香里、斎藤千和、井上麻里奈ゆかな)は中原のために2次会を行った。その後、植田、清水、井上は翌日の都合のために帰宅したが、残った斎藤とゆかなは新宿での3次会にも参加した[13]

逸話・エピソード 編集

  • 超重神グラヴィオンツヴァイ』のアフレコ中に勢い余って振り上げた拳が鈴村健一の股間に直撃したことが、共演者達の日記で語られた。(鈴村曰く「股間を殴られたのは小学生以来の出来事」)
  • 2007年ごろを中心に声優業界で大流行している『モンスターハンター』に対して、森永理科鳥海浩輔と共に『アンチモンハン会』を結成していた[14]。なおこの2人とは『テイルズ オブ ヴェスペリア』で共演している。
  • ゲームでは『逆転裁判』が好きだという。1人でコツコツ進めるゲームを好み、「人との繋がりとかいらない」と言ったこともあるが(『美佳子@ぱよぱよ』(第390回)より)、『ドラクエ9』で一緒にプレイする楽しさを知ったという。
  • とある番組の打ち上げにて田村ゆかりと待ち合わせした際、風邪を引き意識が朦朧としながらも田村が来るまで一時間待った。田村が打ち上げに来た途端、風邪をうつしてはいけないと、すぐに帰ったという。
  • ラジオ関西の『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』で植田佳奈・清水香里から、中原がヒロインを務めた『CLANNAD』と時間帯が被り裏番組的存在でもあったため、一時期、中原本人の知らぬところで2人からライバル視されていた。
  • 伊藤静と同じく、『スーパーロボット大戦シリーズ』への出演を希望する声優の1人。その念願は、『SC2』で初めて出演し、後に『Z』において従来のシリーズへも出演したことで果たされた。

主な出演作品 編集

テレビアニメ 編集

  • 太字は主役またはヒロイン(相当するキャラクターも含む)
  • 斜字は作品上における主要キャラクター

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

2001年

2002年

  • CROSS HERMIT 〜最果ての守護者〜(シャロン=フレイスピッド)
  • 姫騎士物語 -Princess Blue-(アリシア・グレンフィールド)
  • ラ・ピュセル 光の聖女伝説プリエ

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

ラジオ 編集

複数局で放送されている番組はキー局の放送日による。インターネットラジオの場合は更新日。

ラジオドラマ

ドラマCD 編集

ラジオCD 編集

吹き替え 編集

パチンコ・パチスロ 編集

その他 編集

 最強のちやほやフェア 『だから恋とよばないで』(心役)

音楽CD 編集

個人名義 編集

マキシシングル

発売日 タイトル タイアップ 規格品番
1st 2004年11月3日ロマンスLACM-4163
2nd 2005年3月2日エチュードLACM-4181
3rd 2006年2月8日ふたりぼっち/モノクロームインターネットラジオ『たくろあ航海日誌』テーマソング(ふたりぼっち)
TVアニメ『タクティカルロア』ED主題歌(モノクローム)
LACM-4246
4th 2007年5月23日アネモネTVアニメ『かみちゃまかりん』第1期ED主題歌LACM-4371
5th 2009年9月30日Sweet MadrigalLASM-4026
6th 2010年2月10日my starry boyTVアニメ『れでぃ×ばと!』ED主題歌LHCM-1075

ミニアルバム

発売日タイトル規格品番
1st 2004年2月4日ホームワークLACA-5251
2nd 2006年9月27日ファンタジアLACA-5566

アルバム

発売日タイトル規格品番
1st 2005年5月11日ミニシアターLACA-5380
2nd 2008年6月25日メトロノームエッグLACA-5785
3rd 2010年9月22日彗星スクリプトLASA-5054

ユニット 編集

  • nana×nana
  • PoppinS
  • みっくすJUICE
    • 上はリンク先を参照のこと。
  • 中原麻衣&清水愛
    • 秘密ドールズ(2006年5月24日/LACM-4263/DVD付)
      • テレビアニメ「Strawberry Panic」初代エンディング主題歌
    • 苺摘み物語(2006年8月23日/LACM-4286/DVD付)
      • テレビアニメ「Strawberry Panic」二代目エンディング主題歌
    • Chronicle(2006年12月25日/LHCA-5058/DVD付)

キャラクターソング 編集

2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 『うたわれるものらじお』特別盤などでの発言より。北九州市戸畑区に「中原(なかばる)」という地名があり出身地であった為、そこから当時の事務所社長に芸名をつけられた(実際の地名は中原東、など複数ある)。
  2. 声優グランプリ』2008年7月号の故郷訪問企画記事に、祖母の墓参りに毎年訪れているとの記述がある。
  3. 講談社BOXゲスト・レビュアー:第6回 中原麻衣(声優)(Amazon.co.jp 講談社ストアに掲載の対談形式インタビュー)、「VOICHA!」 Vol.3 DVD付インタビュー等より。
  4. 日本ナレーション演技研究所 田村知久さんインタビュー - スクールガイド - アニメイトTV
  5. 後にテレビアニメ『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』の劇中で同名ユニット「みっくすJUICE」の夏輪ひまわり役で出演。
  6. その様子は三宅華也のブログにて度々公開され、三宅も家族同然のように慕っている。
  7. 狼と香辛料DVD発売記念イベントより。
  8. アニちゃんねる!CLANNAD特集で、ゲスト出演。
  9. テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION』放送後のビバ☆テイルズオブで発言
  10. 2008年6月23日放送の『アニぱら』#812での酒井香奈子井ノ上奈々の発言。酒井は、最先端のものを上手く取り入れる中原を見て着方に気付くと説明した
  11. みっくすJUICEで『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』に出演した際、番組タイトルから犬のキャラクター(「ワンバスタイル」)を提案したほど。
  12. アニメディア』2008年7月号 VOICE CHRONICLE 〜声の年代記〜 第25回、『中原麻衣の小意気なリフレッシャー』2008年6月16日放送回、など。
  13. 『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』♯10、および『美佳子@ぱよぱよ』第363回。
  14. 2007年8月2日放送の『美佳子@ぱよぱよ』第316回。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。