Fandom


  1. 芸能人200人が登場する。
    • 消えた一発屋たちが数多く登場。
  2. よくみたらコレ
  3. 「○○電車ではよ帰れ」や「くたばれ○○(キャラ名)」とか罵声する音声もある。
    • 時には暴徒化した観客がステージ内に乱入するハプニングも。
      • しかもその暴徒化した観客をフィギュアにすることもできる。
  4. 「SMAP」ブラザーズだ。
  5. 誰かをふっ飛ばした後、カメラモードでふっ飛ばした方向を見てみると、ふっ飛ばした奴の死体が・・・。
    • 「吹き出る鮮血!飛び散る肉片!あまりのグロテスクさに失神者続出!!」が謳い文句。
  6. 最終ステージは兵庫県神戸市○○区の某公園。(○○電車○○○公園駅下車すぐ)
  7. 体力制が中心。
    • 「相手を場外に落とせば勝ち」というのは、スペシャル乱闘でのみ通用する。
  8. 実はテニスのゲームだ。
  9. スマッシュ「ブラザーズ」なので女性キャラは登場できない。
  10. 相手を抑え込んで3カウントを取らないと勝ちにならない。
  11. 出てくるキャラクターは全てオリジナル。

偽スマブラDXの特徴編集

  1. イベント戦で自分で難易度を決められる。
  2. 隠しキャラクターを出すのが簡単。
  3. 対戦ゲームで戦場や終点を最初から使える。
  4. マスターハンドを使える裏技など存在しない。

偽スマブラXの特徴編集

  1. 「最後の切り札」は無いが、「最初の切り札」がある。 
    • 「代打の切り札」とか「抑えの切り札」とかも出てくる。
  2. 「亜空の使者」のラスボスがこっちのタブー
  3. 前作までのキャラは全員クビになった。
    • そして登場キャラクターはすべて他社のキャラクター。
  4. プリムがハートレス。
  5. ハンマーをとると効果が効いてる間にブルーハーツのハンマーが流れる。
  6. 戦場や終点は前作同様、隠しステージ。
  7. ホントの最終決戦が前作より難しい。
  8. 裏技でマスターハンドを使える。

テンプレート:スマブラ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。