Fandom


偽スーパーマリオカートの特徴編集

  1. プレイヤーが、4位以内でゴールしなくても失格にはならない。
    • CPU車は4位以内に入れないと失格になりリトライさせられる。当然プレイヤーもCPU車のリトライに付き合わされる。
  2. 日本国内ではスーパーファミコンで最も売れなかったゲームとして、黒歴史化される。
  3. タイトルは単なる「マリオカート」だ。

偽マリオカート64の特徴編集

  1. マリオカート1からマリオカート63まで黒歴史。
    • ただし、マリオカート7に限って黒くない。
      • マリオカート8もな。
  2. ノコノコとドンキーコング.Jrが続投している。
  3. あまりにも駄作すぎて黒歴史化。
  4. バグや裏技など無論だ。

偽マリオカートアドバンスの特徴編集

  1. 難易度が他のマリオカートシリーズに比べて非常に低い。

偽マリオカート ダブルダッシュ!!の特徴編集

  1. ミリオンを達成できていた。
  2. インターネット、現実世界ともに結構話題になっている優遇のタイトルだ。
  3. マリオカートシリーズとして栄光の歴史になっている。
  4. 以後も特殊ルールとして本作のルールによるレースが並行して存在していた。

偽マリオカートDSの特徴編集

  1. DSソフトの中では中期~末期作品のほうにあたる。
  2. よくみたら「マリオカートPS」だった。
    • プレイステーションで発売。
  3. マリオカートDAからマリオカートDRまで黒歴史。

偽マリオカートWiiの特徴編集

  1. バイクなど無論だ。
  2. マリオカートWRYYYYYYY!!
    • ディオが特別参戦。

偽マリオカート7の特徴編集

  1. マリオカート1からマリオカート6まで黒歴史。
  2. 製作:円谷プロダクション
    • CMに森次晃嗣が出演。
  3. マリオカート7-Elevenだ。
    • もちろんセブンイレブン限定販売だ。
  4. 前作は「マリオカートWii」ではなく、「マリオカートVista」だ。
  5. 3分間経つとフリーズする。
  6. Windows7専用ソフト。

テンプレート:マリオ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。