Fandom


千住 明(せんじゅ あきら、1960年10月21日 - )は東京都出身の作曲家編曲家音楽プロデューサー。タレントとしても幅広く活躍している。

人物 編集

慶應義塾高校在学中はバンド活動にのめり込むが、同大学の教授である父親と同じ道を進む為慶應義塾大学工学部に進学する。しかし、本格的に音楽の道を進むことを心に決め中退、苦心の末二浪を経て東京藝術大学作曲科に入学、卒業。同大学院修了(首席)。南弘明黛敏郎らに師事。修了作品『EDEN』(内容は、コンピュータによる音楽作品)は東京藝術大学買上となり、東京藝術大学芸術資料館に永久保存されている。1991年から1993年にかけて、東京藝術大学作曲科講師。1994から1995年、2006年と慶應義塾大学文学部講師。2007年からは東京音楽大学客員教授

日本テレビとTBSでの野島伸司脚本・企画のドラマ音楽を多く手掛けている。「アニメを担当するときは、気力と体力と自信が自分には必要」とサウンドトラックなどで語っている。また、1993年の『機動戦士Vガンダム』が終わってからはアニメの仕事は避けていたと、『B'T X』のサウンドトラックの中で語っている。

中森明菜の大ヒットカバーアルバム「歌姫」シリーズをすべて手掛け、累計100万枚の売り上げを記録させている。また、2007年に中森明菜が「歌姫」に続く演歌歌謡曲のカバー・アルバム『艶華 -Enka-』を発表、本シリーズでも千住明がプロデュースを担当している。

日本画家千住博京都造形芸術大学学長)、ヴァイオリニスト千住真理子。父は経済性工学の千住鎮雄慶應義塾大学名誉教授)、母千住文子角倉了以末裔の角倉家出身。兄・千住博も修了作品が東京藝術大学買上となっている。なお、美術科では作品が買上となることが往々にしてあるが、こと作曲科においては史上8人目である。

幼少時から料理に親しんでおり、いまでも仕事の気分転換に調理を行っているという。 テレビ出演時にはその腕前を披露することもある。

なお、高校時代に遅刻によって停学処分を経験している。

母千住文子氏の著書「千住家にストラディヴァリウスが来た日」には、妹真理子氏のストラディヴァリウス購入にあたり、明氏が「僕が、何とかする」と言い、ニューヨーク在住の兄博氏と連携しつつ、必死に金策に奔走した兄妹愛が生き生きと描かれている。

代表作 編集

アニメ 編集

ドラマ 編集

ドラマ以外のテレビ番組 編集

映画 編集

CM 編集

 「出馬依頼」篇、「墓参り」篇ほか(採用楽曲:2007年NHK大河ドラマ風林火山」)

純音楽 編集

その他 編集

受賞歴 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。