Fandom


多田野 曜平(ただの ようへい、1962年3月10日 - )は、日本舞台俳優声優福岡県出身。テアトル・エコー所属。

人物・経歴 編集

1981年琉球大学に入学した後、沖縄ジャンジャンにて演劇実験室「観客席」へ入団する。1985年に上京し、いくつかの劇団を渡り歩いた後、1988年にテアトル・エコー附属養成所に入所する。1990年4月劇団テアトル・エコーに研究生として所属。1994年4月に準劇団員昇格、2000年4月に劇団員に昇格する。舞台を中心に洋画の吹き替えもしていたが、2006年に『姫様ご用心』でアニメにも出演した。

青年から老人まで幅広くこなす。渋い役柄が中心だが、『超秘密探偵クルクル』のクルクルでは二枚目、『姫様ご用心』のレスリーでは三枚目の役柄も演じている。他にも『ごきげん ジミー!』のルシアス、『フィニアスとファーブ』のドゥーフェンシュマーツのようなコミカルな悪役キャラや『ベビー・ルーニー・テューンズ』では赤ちゃん時代のタズを演じるなど、演技の幅は広い。

声質が山田康雄に似ていると言われることもあり、実際に山田の代役を務めることもある(後述)。

趣味は音楽(ロック)、車、大相撲プラモデル収集等。家族は妻と娘一人。

エピソード 編集

声質について 編集

山田康雄とは声質が似ていることもあり、『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』『イージー・ライダー』の追加収録の部分のみ山田の代役を行った。

多田野が上記の作品の代役に選ばれた理由は、FOXの担当者に多田野が担当した『姫様ご用心』のレスリーの声を聞いてもらったところ、担当者は「山田に雰囲気が似ている」「ルパン三世のような口調」と評した。そのため、「多田野さんにお願いしたい」と依頼したという。しかし、多田野本人は何故自分が選ばれたのかをインタビュアーに言われるまで知らなかった[1]

多田野本人は「山田さんを真似したことは無い」と言っているが、小林清志の隣で「次元大介おれの相棒♪」と小声でルパン口調を披露したことがある。しかし、小林は気づいてくれなかったらしい[1]

夕陽のガンマン関連 編集

2009年に夕陽コレクターズBOXが発売し、新たに日本語完声版の収録が行われることとなった。クリント・イーストウッドの専属声優である山田康雄はすでに逝去しているため、代役として多田野が『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』の二作品において追加収録の部分でイーストウッドの声を当てることとなった[1]。しかし、あくまでも演じているのはイーストウッドではなく、山田康雄である[1]

イーストウッドの声を演じるのは夢だったらしく、「心底うれしい。演じたくてしょうがなかった」と公言している。また、このイーストウッドの吹き替えるにあたり、「山田の持っている雰囲気、どうやって出すか、近づけるか…」ということを考え、彼の声を持っている色気やガンマンという設定に気をつけて演じるため、『夕陽のガンマン』を朝から晩まで見るということをしたとの事[1]

だが、あまりにも山田調の演技に集中したため、その数日後の舞台のための稽古で共演者に「(山田康雄の)真似してない?」と、かなりのダメ出しをされたこともある[1]

本人は昔からイーストウッドが好きで、彼の主演作をいつも見ていた程でもある。特に『荒野の用心棒』『マンハッタン無宿』『戦略大作戦』『ダーティハリー』『ガントレット』の5作品は好きだと公言している。また、演じたい俳優として「スティーブ・ブシェミメル・ブルックスなどもいろいろあるが、特にイーストウッドの声は今後も担当してみたい」と語ったこともある[1]

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

劇場版アニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

ラジオドラマ 編集

特撮 編集

吹き替え 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

アニメ 編集

ナレーション 編集

舞台 編集

  • パッセンジャー(1987年)
  • スラップスティック バンガード システム(1988年)
  • 匿名シネマ(1991年)
  • スカピーノ(1992年)
  • 女性版おかしな二人(1992年)
  • 映画に出たい!(1993年)
  • 深く眠ろう死の手前ぐらいまで(1996年)
  • 23階の笑い(1999年)
  • くしゃみ(2002年)
  • ドアをあけると…(2003年)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。