Fandom


大塚 明夫(おおつか あきお、1959年11月24日 - )は、日本男性俳優声優ナレーターである。マウスプロモーション(旧・江崎プロダクション)所属。東京都出身。身長182cm、体重71kg。血液型はB型。星座はいて座。父は同じく俳優・声優である大塚周夫。元妻は声優の沢海陽子

特色 編集

渋い声質の持ち主である。『日曜洋画劇場』のナレーションを務めており、落ち着いた話し方をするが、大きく弾けた話し方をすることもある。ナレーションから映画の吹き替えをはじめとして、アニメコンピュータゲームでの出演作品も多数。デビューは父・周夫から勧められた作品であり、周夫も出演していた『装甲騎兵ボトムズ』の外伝OVA機甲猟兵メロウリンク』の情報将校キーク・キャラダイン。

アニメでは主にクールな二枚目や威厳ある悪役を演じることが多いが、正義漢のある人物及び屈強な男性から陽気でコミカルな役まで、シリアスからギャグまでをカバーする。

吹き替えにおいても数多くの洋画作品で担当。スティーヴン・セガールアントニオ・バンデラスニコラス・ケイジを持ち役としていることで知られる。近年、特にセガールの吹き替えは大塚がほぼ専属で担当しており、『水曜シアター9』放送開始予告での映画映像の使い回しでも彼が担当した。また、『アンパンマン』では怪傑ゾロをモチーフとしたキャラクター・ナガネギマンを演じており、歌唱も披露。『マスク・オブ・ゾロ』『レジェンド・オブ・ゾロ』でもバンデラス扮するアレハンドロ・ムリエッタ/怪傑ゾロの吹き替えを担当している。

映像作品ではシリアスな二枚目のキャラクターを担当することが多い大塚だが、舞台作品では情けない中年男性や麻薬中毒の狂人、ヤクザなどを演じている。

2006年3月25日東京国際アニメフェア2006で開催された第5回東京アニメアワードで、声優賞(『ブラック・ジャック』)を受賞した。

人物像 編集

声優と呼ばれることに難色を示していないが、『週刊アスキー』「進藤晶子のえ、それってどういうこと?」での、進藤晶子との対談にて、「いい声優は、いい役者でもあるはずです」との発言から、父親と同じように「声優の前に俳優」という考えを持っていることが伺える。また、昨今の声優志望者に対しては「最近の若い人たちは、ただアニメの声真似がしたいだけだ」と苦言を呈したこともある。

「『特技は空手』とプロフィールにあるが、やっていたのは若い頃だけ」と『稲村優奈と川瀬晶子のAAAで行こう!!』で語った。

大型自動車牽引自動車普通自動二輪車運転免許を取得している。

自動車はマニュアル車が好きで、イタリア車を保有していると攻殻機動隊のインタビューで語ったところがある。

関連人物 編集

父との関係 編集

役者として活動する前は父の周夫とはうまくいっておらず、「誰が役者になんかなるか!」と息巻いて、大学を中退後、トレーラーの運転手に就職していた。しかしその頃、好きになった女性の恋人が役者で、「男の人は夢があるほうが素敵」と言われ交際を断られたという過去がある。大塚は「だったら、俺だって役者ぐらいなってやるよ」と発奮し、現在に至っている。後年周夫は「感性に生きる仕事を選んでくれたことは嬉しい」と語った。

頑固者の父との関係はなかなか難しいものがあったと回想している。しかし、父同様に役者の道に進み、そして声を中心とする声優業が中心となったことで、次第にしっくりいくようになったと語る。「弟は役者ではないので、『未だに親父と何を話していいか分からない』とよく言っている」とのことである。以前は周夫との共演は「あ、親父がクレジットに出てる。やだなあ」と照れていたが、最近はお互い元気な内に何か芝居を創りたいと語っている。周夫が「(財産もないし)何も遺してやれなくてごめんなぁ」と言ったところ、「俳優として一番大切なものを遺してもらった」と言われる。周夫がそれは何かと問うと「血だ」と返され、それに感動したと、周夫は後年インタビューなどで度々口にしていた。そういった言動から分かる通り、芝居に関しては非常に熱い情熱とこだわりを持っている。

幼少時代は、周夫がゲゲゲの鬼太郎ねずみ男の声をやっていたことから、「小ねずみ男」「ねずみ小僧」などとあだ名され、いびられた事があり、このことを友達に明かしたことを後悔したという。また、大塚が赤ん坊の頃に、母親が不在で周夫が今日中に読まないといけない台本を読んでいたという際に、大塚が大泣きしたため、「うるさい」との理由で押し入れに閉じ込められたことがあったとも語っている。このエピソードを大塚自身は「(役者としての父親が)そうするのも無理は無い」とし、「役者になっていなかったら(父親の)そういった心境も理解できなかっただろう」という趣旨のコメントした。

周夫とは共演の機会が多く、初共演を果たしたのは『レッド・サン』で、三船敏郎の吹き替えを担当し、周夫がチャールズ・ブロンソンの吹き替えを担当したときである。また、『メタルギアソリッド4』では、オールド・スネークとビックボスという親子役を親子で演じている。また『メタルギアソリッド3』のネイキッド・スネークと前述のオールド・スネーク、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』のマスター・ゼアノートなど同一人物の壮年期と老年期、『バビル2世』のヨミのようにシリーズこそ違うが、1つの役を親子二代で演じた例もある。

また、『荒野の七人』を飛行機の機内で上映することになっていた際、予算の都合上で吹き替えを担当した声優が呼べず、若い者を起用しようということになり、「自分の息子なら文句ないだろう」として、大塚がチャールズ・ブロンソンの吹き替えを担当したことがあるという。しかし吹き替えを担当した際、大塚の耳にはその場にいないはずである周夫の「違うなぁ」という声が聞こえてきたという。

元妻との関係 編集

同事務所所属の声優・沢海陽子2005年2月11日に結婚。2008年2月に離婚(2009年2月21日放送のラジオ大阪『岩田光央・鈴村健一 スウィートイグニッション』にて本人が離婚について明言)。2008年5月16日放送の金曜ロードショー『レジェンド・オブ・ゾロ』では、大塚が主人公のアントニオ・バンデラス、そして妻の沢海陽子がキャサリン・ゼタ=ジョーンズの吹き替えを担当。夫婦であった2人が映画の中で夫婦役を演じた。

沢海とは離婚後も何度か共演している。『ファイナルファンタジーXII』ではかつて只ならぬ仲であった役を演じ、『木曜洋画劇場』で放映された『ブレイド2』の吹き替えでは主人公を大塚が、ヒロインを沢海が演じた。前者では主人公の仲間の父親役、後者では主人公の父親ともいえる相棒役が父・大塚周夫、という一家そろったキャストとなっていた。三人の共演は他にもNHK-BS2『名探偵モンク3』第13話のゲスト出演がある。『コヨーテ ラグタイムショー』では大塚演じる主人公ミスターを宿敵とする殺し屋集団のボス、マルチアーノを沢海が演じた。また『ケロロ軍曹』のガルル中尉は現在の声を大塚が、幼少の頃の声を沢海が演じている。

交友等 編集

声優の矢尾一樹は高校の同級生であり、俳優の宇梶剛士は小学校・中学校の後輩にあたる。ミステリー作家の二階堂黎人は中学の同級生である。

マウスプロモーション元代表取締役の江崎加子男の妻が亡くなり、江崎が精神的にも参っていた頃、他のプロダクションが大塚を引き抜こうとする動きがあった。しかし、大塚は「自分は一生、江崎プロから動きません」と頑として断ったという。この話を後に知った江崎はいたく感動したという。

出演作品との関わり 編集

ふしぎの海のナディア
『ふしぎの海のナディア』のネモ船長は、当初は冷静なキャラクターにする予定だったが、明夫の体育会系な雰囲気に影響を受け、勢いでいくタイプに変わっていった。ちなみに、ネモ船長が再登場した際に髪を伸ばして結んでいるのは、当時の明夫が長髪で髪を結んでいて、それがかっこ良かったので「大塚さんみたいにしよう」ということになったと言われる。
ブラック・ジャック
『ブラック・ジャック』シリーズのブラック・ジャックを演じているが、これはOVA時代にさる俳優が予定されていたが、スケジュールの都合で大塚が抜擢されたという逸話があり、そのまま声優が変更されることはなく、OVA、映画、TVスペシャル、レギュラーアニメすべてのシリーズでブラック・ジャックをこなしている。レギュラーアニメでは父・周夫が日本医師会会長(OVA版でも患者の一人、クロスワードで共演している)、当時の妻・沢海陽子がブラック・ジャックに想いを寄せる女性、更に高校時代の同級生・矢尾一樹もブラック・ジャックの友人として出演するなどしているが、これは意図的に彼の関係者がキャスティングされているとのこと。SS版『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のサントラCDでのコメントにて、代表作に『ブラックジャック』を挙げる際、「ピノコやりたかったな」などと冗談をほのめかしていた。
名探偵コナン
『名探偵コナン』では、横溝参悟・横溝重悟という双子の警部を担当している。この二人は性格が正反対であり(名探偵コナンの登場人物を参照)、時々二人が同時に登場するが、それぞれを演じ分けている。
今日からマ王!
『今日からマ王!』最終話後に監督の西村純二から作品の裏話として、フォンヴォルテール卿グウェンダルの青年時の声をだめで元々と願い出たところ、一応のアフレコを希望。そのまま、声を担当することになった。しかし、17歳前後の役に苦闘し、「声優人生最大のピンチ」と言っていたと監督に楽しげに逸話を披露している(この逸話は作品の関連書籍にも記述されており、先にこの話が出たのは関連書籍の方である)。
メタルギアソリッドシリーズ
ゲームの『メタルギアソリッド』シリーズでは、主人公ソリッド・スネークの声優をずっと務めているため、かなり思い入れがあるとTGS2006で語っている。同じくTGS2006で小島秀夫監督が大塚との対談時に「スネークの動作には大塚さんの癖、タバコを吸う所などを観察して取り入れている」と語っている。スネーク役に抜擢された理由は、小島監督が『機動戦士ガンダム0083』のアナベル・ガトー役を観たことが決め手と、『HIDECHAN! ラジオ』第11回にて語っているが、その他にもう1つの理由としてメタルギアシリーズの隠れたテーマである「父を超える」に、親子で同じ職種である大塚父子がぴったり当てはまったから、ということも明かされた。そのようなこともあってか、同シリーズ最新作にあたる『メタルギアソリッド4』は、ソリッド・スネークの父親にあたるビッグ・ボスが再登場するので、「ビッグボスの声を周夫さんにやってもらいたい」と小島監督は大塚との対談時に語り、実現することとなった。また、今作ではモーションキャプチャーにも挑戦する。
過去、タクシーに乗り運転手に目的地を告げたところ、運転手が大塚の声を聞き「スネーク!?」と驚いたという。
2010年2月14日に開設された自身の公式ページでのコメント第一弾にもソリッド・スネークの「待たせたな」という台詞が記載された。
元々は「ゲームをする大人」に対して良い印象を持っていなかったが、本作に出会ったことがきっかけで、自身もゲーム好きになったそうである。その後、とある日の深夜に庭に止めていたバイクを盗まれそうになるも、たまたま寝ずにテレビゲーム(『バイオハザード』)をやっていたために物音に気付き、泥棒を追い払うことができたという。

出演作品 編集

太字は、主役・メインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1988年

  • F(五郎)

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

  • 今日からマ王! 第2シリーズ(フォンヴォルテール卿グウェンダル
  • BLEACH(京楽春水)
  • フルメタル・パニック! The Second Raid(アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン)
  • 雪の女王(風の化身、魔王)

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

オンラインゲーム

吹き替え編集

俳優 編集

  • デヴィッド・ジェイソン
    • フロスト警部(ジャック・フロスト警部)
      • 孤独な復習〜「フロスト気質」より〜
      • 狙われた天使〜「フロスト気質」より〜
      • 死の淵からの生還(ニューシーズン1)
      • 野生の犠牲者(ニューシーズン2)
      • 報道の真実(ニューシーズン3)
  • ドルフ・ラングレン
    • シューター 女スパイ 標的の罠(マイケル・デイン)※ビデオ版、テレビ東京版
    • スウィーパーズ(クリスチャン・エリクソン)※ビデオ版
    • ストーム・キャッチャー(ハロウェー)※ビデオ・DVD版
    • スナイパー/狙撃(ワックスマン)※ビデオ版、テレビ東京版
    • ソルジャー・ゴールド(エリック)※ビデオ版
    • ダーク・エンジェル(ケイン)※ビデオ・DVD版
    • ディフェンダー(ランス隊長)※DVD版
    • デスロック/戦略ガス兵器を追え!(マイク)※ビデオ版
    • バニシング・レッド(サンティ)※ビデオ版、テレビ朝日版
    • パニッシャー(フランク・キャッスル)※ビデオ版
    • ピース・キーパー(フランク)※ビデオ版、テレビ朝日版
    • ブラック・ソルジャー(ウォーチャイルド)※ビデオ・DVD版
    • ブラックジャック(ジャック・デヴリン)※ビデオ・DVD版、テレビ朝日版
    • ヘブンズ・ゲート(ルーカス・ソティロフ)※ビデオ版
    • マスターズ/超空の覇者(HE-MAN)※テレビ朝日版
    • メン・オブ・ウォー(ニック・ガナー)※ビデオ版
    • ユニバーサル・ソルジャー(スコット)※ビデオ・DVD版、テレビ朝日版
    • レッド・スコルピオン(ニコライ)※ビデオ版、日本テレビ版
    • ロッキー4/炎の友情(イワン・ドラゴ)※テレビ朝日版
  • ニック・ノルティ
    • 戦場(リーロイド)
    • 背信の行方(ヴィニー・ウェッブ)
    • 48時間(ジャック・ケイツ)
    • 48時間PART2 帰ってきたふたり(ジャック・ケイツ)

映画 編集

ドラマ 編集

リアリティ番組 編集

アニメ 編集

ナレーション 編集

人形劇 編集

特撮 編集

実写(顔出し) 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

CD 編集

ドラマCD 編集

朗読CD 編集

  • 教育出版「伝え合う言葉 中学国語3」朗読CDより 「素顔同盟」(ナレーション)
  • ききみみ名作文庫 第4集
  • ききみみ名作文庫 第8集
  • 戦国武将物語〜豪傑編 その弐〜
    • 『第五話「榊原康政物語」』
  • DEARS朗読物語〜Vol.3 日本の昔話

CMナレーション 編集

DVDナレーション 編集

  • 映像が語る20世紀(全21巻)
  • エビの向こうにアジアが見える
  • 大日本帝国海軍史(全4巻)

舞台 編集

  • 石橋直人 主催
    • 『鏡と涙と伊右衛門と~新四谷怪談』(2007年)
    • 『この大地を照らす暁の如く』(2009年)
  • GACKT 主催
    • 『眠狂四郎無頼控』(ナレーション)(2010年)
  • 劇団AUN 主催
    • 『楊貴妃』(1997年)
    • 『リア王』(2000年)
    • 『リア王』(ケント伯爵、2001年)       
    • 『リチャード三世』(ヘースティングス卿、オクスフォード卿、2002年)
    • 『マクベス』(バンクオー、2008年)
    • 『アントニーとクレオパトラ』(セクストゥス・ポンペイウス、2009年)
  • 劇団エムズカンパニー 主催
    • ファミリーミュージカル『 GOD CHILD 思い出の使い方~』(警官、2010年)
  • 劇団ヘロヘロQカムパニー 主催
    • 『SYU-RA〜煉〜生キルカ死ヌカ』(2006年)
    • 『燃えてサムライ 〜FINAL BURST〜』(声のみ)(2007年)
  • 沢竜二 主催
    • 『大暴れ!沢竜二一座』(2007年)
  • マウスプロモーション 主催
    • 『誘拐』(2003年)
    • 『新版・相続法概説』(2004年)
    • 『桜の田』(2005年)
    • 『桜の花にだまされて』(2006年)
    • 『銀と赤のきおく』(2008年)

舞台DVD 編集

  • マウスプロモーション 主催
    • 『誘拐』(2003年)
    • 『新版・相続法概説』(2004年)
    • 『桜の田』(2005年)
    • 『桜の花にだまされて』(2006年)
  • 劇団ヘロヘロQカムパニー 主催
    • 『SYU-RA〜煉〜生キルカ死ヌカ』(2006年)
    • 『燃えてサムライ 〜FINAL BURST〜』(声のみ)(2007年)
  • 劇団AUN 主催
    • 『マクベス』(2008年)
  • 石橋直人 主催
    • 『この大地を照らす暁の如く』(2009年)

テレビ 編集

  • こどもにんぎょう劇場 海底二万里(ネモ船長)
  • 世界一受けたい授業エリック・ウアネスボイスオーバー、2008年1月26日)
  • 世界・ふしぎ発見!(ナレーション、2007年11月3日)
  • 夏の体のお悩み解決!名医が答えるレストラン(ナレーション、2009年7月25日)
  • 日曜洋画劇場(オープニングナレーター、CMのナレーション)
  • 第47回日本レコード大賞(総合ナレーション、2005年12月31日)
  • どうぶつ奇想天外!(ナレーション、2007年12月16日(スペシャル)、2008年2月10日、2009年1月25日以降(不祥事で降板した小島一慶の代理としてレギュラーを担当))
  • 飛び出せ!科学くん地球大探検SP(ナレーション、2009年3月30日)
  • 飛び出せ!科学くん(ナレーション、2009年4月6日~)
  • 番組たまご(謎缶(なぞかん)、謎缶刑事カーン)
  • 「80年代演劇大全集 小さな劇場の大きな冒険 舞台「きらめく星座」-昭和オデオン堂物語-」(1997年11月11日)
  • 「海の脅威(4回シリーズ)」(ナレーター)1990年9月
  • 「オーストラリアのトラック野郎たち」(ナレーター)(2000年9月12日)
  • 「孔子傳 中国の大思想家孔子 時は2500年前・動乱の春秋時代」(ナレーター)(1995年11月3日)
  • 「ジャズ・コレクション(4回シリーズ)」(ナレーター)(1998年1月)
  • 「人類初の宇宙飛行士はだれ?」(ナレーター)(2000年3月3日)
  • 「新世紀演劇パレード 鰹群 -ぐるーぷえいと公演-」(2001年5月19日)
  • タイタニック・極限の人間ドラマ」(ナレーター)(2001年2月9日)
  • 「ドキュメンタリー 収容所の長い日々 日系人と結婚した白人女性」(ナレーター)(1991年5月3日)
  • 「北京映画学院夢物語 〜美少女たちのサバイバルレース〜」(ナレーター)(2001年9月19日)
  • け~ぶるノススメ(ナレーション、ジャパンケーブルネット

その他 編集

イベント
  • 「ETERNAL VALENTINE in HOTEL MAUSU」(ラジオイベント:2005年1月30日、新橋ヤクルトホール)
  • 大塚明夫 写真集 出版記念展覧会(2008年6月17日~29日、ホワイトキュ-ブKYOTO)
    • 大塚明夫 写真集 出版記念握手会:東京会場(2008年6月22日、富士見ヶ丘 スタジオドラゴンカフェ)
    • 大塚明夫 写真集 出版記念握手会:京都会場(2008年6月29日、ホワイトキュ-ブKYOTO)
  • (財)かすがい市民文化財団主催コンサート「日本のアニメとゲーム 夢のシンフォニー」(2007年3月25日:春日井市民会館)(司会)
  • 黒田崇矢&大塚明夫 のKnock Out Voice!!公開収録イベント
    • 黒田崇矢&大塚明夫 のKnock Out Voice!! 公開収録&握手会(2007年2月10日、富士見ヶ丘 スタジオドラゴンカフェ)
    • 黒田崇矢&大塚明夫 のKnock Out Voice!! ~伯爵様バースデー~(2007年4月22日、富士見ヶ丘 スタジオドラゴンカフェ)
    • 黒田崇矢&大塚明夫 のKnock Out Voice LIVE!! ~オヤジたちの夏~(2007年8月17日、尚美学園バリオホール)
    • 黒田崇矢&大塚明夫 のKnock Out VOICE !! 打上げライブ(2007年12月1日、イベントホールWinpa)
  • 「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 初日舞台挨拶&トークショー」(2008年7月12日、新宿ミラノ2)
  • 「新撰組インターネット(SIR)・ラジオ THE☆祭」(ラジオイベント:2002年8月23日、新宿文化センター)
  • 「スーパードリームフェスティバル(SDF)大塚明夫トークショウ」(2000年4月29、青山アミーホール)
  • 「第18回 スーパーフェスティバル・AMON CARNIVALトークショー」(2000年6月11日、東京ビッグサイト)
  • 「スタートレック40周年非公式トークライブ」(新宿ロストワン、2006年12月9日)
  • 「戦場のヴァルキュリア」(DVD発売記念:2009年9月13日、東京・THEATRE 1010)
  • 「戦国武将祭」(2010年3月6日、7日、さいたまスーパーアリーナ)
  • 東京国際アニメフェア連動企画
    • 「声優フェスタ春~声の大響宴~」(2009年3月20日、渋谷C.C. Lemonホール)
    • 「声優フェスタ春~声の大響宴・通~」(2010年3月20日、渋谷C.C. Lemonホール)
  • (財)福井県文化振興事業団主催「親子のためのコンサート アリババと世界の音楽を楽しもう♪」(2010年5月22日、ハーモニーホールふくい小ホール )(司会・朗読)
  • 「マ王降誕祭-嗚呼、栄光の一般参賀の儀-」(DVD発売記念:2004年7月31日、銀座ヤマハホール)
  • 「宮部みゆきの世界 リーディングサーカスVol.1 」 (2001年7月29日、東京FMホール)
  • 「READING FOR THE TIES 2009 ~声で繋GO!手を繋GO!!笑顔で繋GO!!! GO!GO!!GO!!!~」(2009年6月21日、JCBホール)
書籍
  • 大塚明夫1st写真集「あの頃」(2008年6月10日、B5判ワイド192ページ、カメラマン:ハービー・山口
  • 手塚治虫Oマガジン 著名人セレクション 大塚明夫編(「人間牧場」、ブラック・ジャック「シャチの詩」他)
  • 文庫書籍「BLACK JACK Treasure Book」(2008年7月10日、インタビュー掲載)
  • THE 声優マガジン VOICHA!(ボイチャ!)Vol.7(特別付録DVD映像特典、声優フェスタ春~声の大響宴~)
ライブ
  • Ino-shu
    • 「 Ino-shu@November Eleventh 1111 」(2009年5月30日、赤坂・ノヴェンバー・イレブンス1111)
  • Sound Horizon
    • 「第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭」 (2009年6月27日、東京・NHKホール)
    • 「国王生誕祭休日スペシャル2010」(2010年6月19日、20日、東京・国立代々木競技場第一体育館)
その他
グッズ

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。