Fandom


小杉 十郎太(こすぎ じゅろうた、本名同じ、1957年12月19日 - )は、日本男性声優ナレーター大沢事務所所属。神奈川県横浜市南区出身。身長170cm。日本大学芸術学部放送学科卒業。

経歴 編集

日本大学卒業後、松竹で4年間サラリーマン生活を送る。当時は『男はつらいよ』シリーズの営業や各種の業務を担当していた。その際CM製作ディレクターにタカラ人生ゲームのナレーションの仕事に誘われ、学生時代の経験(アナウンスの勉強もしていた)を生かしてその仕事を受けた事が声優を始めるきっかけとなった。

そのディレクターが東京俳優生活協同組合のマネージャーであった大沢和男の知り合いで、丁度独立し大沢事務所を立ち上げる時期だった為に紹介され所属することとなった。当初ナレーションの仕事を中心に活動していたが、事務所から『機動戦士Ζガンダム』のオーディションを受けるよう言われ、演技訓練のない自分には無理と断りつつも渋々受けてみたら合格してしまい、ヘンケン艦長役でデビューする。合格後も演じる自信がなかったため、断ってもらうよう頼んだものの退けなかったという[1]

これをきっかけに、以後アニメキャラクターの仕事が徐々に入ってきたとの事。1年程度は松竹と大沢事務所両方で仕事をしていた。そのため、会社には「営業に行く」と偽って、ナレーション録りを行っていた。後に大沢に「会社員と声優どちらかの仕事一本にした方がいい」と言われ、松竹を退社する。

『Zガンダム』出演前までは声優としての演技の経験はなかったため、キャラクターを演じる声優としてのキャリアを積んでいくのには大変苦労したと回想しているが[2]、努力の結果、現在では役の演じ分けが巧みであると評されている。

特色 編集

大人の男性、シリアスな役、冷酷な悪役、あるいはずっこけた三枚目役の声もこなす。ゲーム『アトリエシリーズ』には堅物系・真面目系の二枚目のサブキャラクターを多く演じた。

週刊少年サンデー』連載漫画のアニメ作品における常連の1人であり、特に『うえきの法則』『MÄR-メルヘヴン-』『史上最強の弟子ケンイチ』『ハヤテのごとく!』『絶対可憐チルドレン』をはじめ、テレビ東京系列で放送されている作品が多い。テレビ東京系列ではないが、『MAJOR 5th season』や『名探偵コナン』にも出演している。

吹き替え作品でも活躍し、最近ではダニエル・クレイグの担当が知られている。

人物・エピソード 編集

  • 広い役柄の声を演じてみせることから、ファンの間で「実は小杉十郎太劇団が存在していて、複数いる所属俳優が芸名を共有している」という冗談(小杉の公式ページの自己紹介でも同様の表現がある)まで囁かれる。
  • 堀内賢雄とは逗子開成高校の同級生。それ以来の友人であり、二人でイベント『けんじゅうトークライブ』を不定期に開催している。
  • 『金田一少年の事件簿』の恩田純一、出門章一は本来の名前と違う名前(他の声優の名前等をもじった名等)の杉田鏡介になっている。
  • 機動戦士Ζガンダム』のナレーションをしていた時に第38話のサブタイトル「レコアの気配(けはい)」を「レコアの気配り(きくばり)」と読み間違えてNGを出した事が有る(ラジオ番組でのゲスト出演時に告白)。また、池田秀一からはナレーションの演技に不満を抱かれていたようで「君、病気かなんかにならないか?」と愚痴を言われていた。
  • 覇王大系リューナイト』の打ち上げ旅行にて、全裸で女性陣の部屋に乱入し矢島晶子に本気で叱られたという。
  • くすぐったがり屋で、他人に体を触られるのは避けているという(『PASH!でDASH! 月曜まで60分』2007年09月23日放送分の本人の発言より)。
  • 自身曰く「自分は結構ちゃらんぽらんな性格」(同上)。
  • また自分のファンである病気の少女に会いに行ったエピソードもある。
  • 愛車はハリアー
  • 剃刀の「シック クアトロ4」でナレーションを担当しているが、『Zガンダム』にも同名の登場人物クワトロ・バジーナ大尉が登場し、一字違いとはいえクワトロの名を呼んでいるような印象を生んだことからガンダムファンをにやりとさせた。なお、「クアトロ4」は劇場版『機動戦士Ζガンダム』とタイアップ企画が出ていた。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

デイヴィッド・ドゥカヴニー

ダニエル・クレイグ

ジャン=クロード・ヴァン・ダム

レイフ・ファインズ

【その他】

特撮 編集

テレビCM 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

ドラマCD 編集

BLCD 編集

  • 青の軌跡シリーズ5〜ペルソナノングラータ〜(イサク・ファティサーリ大佐)
  • 彩おとこ(五道志信
    • 彩おとこ〜兄弟篇〜(五道志信)
  • YEBISUセレブリティーズ(大城崇
  • 王子さまLV1(アックス・ナタブーム
  • お金がないっ シリーズ(狩納北
  • 黒羽と鵙目(黒羽斉彬
  • 獣たちの…妄執。(西條千春
  • ごはんを食べよう シリーズ(玖珂乙彦
  • 純情ロマンチカ(宇佐見冬彦)
  • BE×BOY CD COLLECTION 疵 スキャンダル(司馬彰典
  • 好きなものは好きだからしょうがない!! シリーズ(相沢教授)
  • 空に響くは竜の歌声(ラウシャン)
  • 月と茉莉花 シリーズ(楊大牙
  • 罪 シリーズ(穂高櫂
    • 有罪
    • 原罪
    • 贖罪
  • 僕のセクシャルハラスメント(本間一則
  • 誘惑のデカメロン〜千と一夜の愛に溺れて〜(高遠祐馬

ライブCD 編集

  • CD版 けんじゅうトークライブ おれたちは悪くない
  • CD版 けんじゅうトークライブ おれたちは悪くない2

朗読CD 編集

  • 天照大神 天岩戸にお隠れになる

顔出し 編集

ナレーション 編集

コラム 編集

その他 編集

音楽ユニット

  • 「シュ・ビ・ドゥ B.A.B.E.L.」桐壺帝三&柏木朧 starring 小杉十郎太&浅野真澄(絶対可憐チルドレン ドラマCD EPS.1st〜和気藹々! 愛と平和が地球を救う!〜収録)

音楽活動 編集

2006年夏、40代の最後に本格的な音楽活動を開始。

「声優・小杉十郎太」ではなく「シンガー・小杉十郎太」として、オリジナル曲メインのLive『J's Music Action』やCD・DVDのリリースなど、精力的に活動している。

J's Music Action 編集

  • 2006.07.05 小杉十郎太ライブ in 南青山MANDALA
  • 2006.08.04 J's Music Aciton the 1st in 渋谷duo music exchange
  • 2006.11.04 J's Music Aciton the 2nd in 原宿Blue Jay Way(2Stage)
  • 2007.02.03 J's Music Aciton the 3rd in 南青山MANDALA(2Stage)
  • 2007.04.29 J's Music Aciton the 4th in 横浜BLITZ
  • 2007.08.16 J's Music Action the 5th in 渋谷duo music exchange
  • 2007.12.14 J's Music Action the 6th in 渋谷duo music exchange
  • 2007.12.15 J's Member Meeting vol.1 in 渋谷duo music exchange
  • 2008.03.14 J's Member Meeting -Spring Special 2008- in 乃木坂メゾンブランシュ
  • 2008.09.28 J's Music Aciton the 7th in 南青山MANDALA(2Stage)
  • 2008.12.24 小杉十郎太クリスマスディナーショー 2008 in 乃木坂メゾンブランシュ
  • 2009.02.13 J's Member Meeting vol.3 in 乃木坂メゾンブランシュ
  • 2009.03.22 小杉十郎太Live in 名古屋 in ライブギャラリー元(2Stage)

オリジナルアルバム・DVD 編集

  • 2006.11.30 LiveDVD「J's Music Action the 1st」
  • 2007.05.03 1st Album「Honesty -再び素直になる時-」
  • 2007.07.20 Live Album「J's Music Action the 4th in YOKOHAMA」
  • 2008.02.01 LiveDVD「J's Music Action in YOKOHAMA Special」

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 『アニメ店長!子安岩田のVOICEきゃらびぃ 第51回放送分の発言より
  2. ルビーにくちづけ』文化放送 2007年03月23日放送分の本人の発言より

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。