Fandom


島津 冴子(しまづ さえこ、1959年9月8日 - )は、日本の女性声優ナレータープロダクション・エムスリーを経て、フリー神奈川県伊勢原市出身。文化学院 文学部 演劇科卒。既婚。

血液型A型星座おとめ座

代表作に『うる星やつら』(三宅しのぶ役)、『機動戦士Ζガンダム』(フォウ・ムラサメ役)、『戦闘メカ ザブングル』(ラグ・ウラロ役)、『タイムパトロール隊オタスケマン』(三日月ナナ/オタスケマン2号役)、『さすがの猿飛』(霧賀魔子役)、『ダーティペア』(ユリ役)、『らんま1/2』(九能小太刀役)などがある。

経歴 編集

デビュー作は1980年の『タイムパトロール隊オタスケマン』(三日月ナナ役)。初期は水島裕と共演することが多かった。

1990年代にかけて、サンライズ系ロボットアニメでヒロインや恋のライバル、妖艶な悪女や変態キャラと大半の作品に出演して、芸域を広げた。また『戦闘メカ ザブングル』から『機動戦士ガンダムZZ』まで、富野由悠季総監督の作品の常連声優であった。

二又一成と同じく高橋留美子作品への出演が多く、『うる星やつら』(三宅しのぶ役)他、『めぞん一刻』(黒木小夜子役)、『らんま1/2』(九能小太刀役)、『犬夜叉』(阿毘姫役)などの長期シリーズに数多く登場している。

1982年からは田中真弓と共に、ラジオ番組『アニメトピア』の2代目パーソナリティを約1年半担当。番組は下ネタを多用するなど汚れ系に徹する田中と、主には清純派的な立場として語りつつも、時折田中に便乗する島津の掛け合いを演じた。

現在は『たけしの誰でもピカソ』をはじめ、主体はナレーション業である。

京成3700形電車北総開発鉄道7300形電車の乗車促進アナウンスを担当している。

エピソード 編集

  • 神谷明とは『うる星やつら』で共演して以降、恋人役、幼馴染役、夫婦役などで共演することが非常に多い。
  • 『らんま1/2』で共演した先輩声優の鈴置洋孝が大好きだったと語っている。
  • アニメトピアの番組内で「あこがれのプラムリバー」という話がしばしば取り上げられ、当時の番組関係者だった人とのエピソードが、同番組の本の中で紹介されている。(「食事をして、送ってもらうだけのデートは、もういや!」と、島津本人が激怒したというエピソードも載っている)
  • 地元の伊勢原市で行われる太田道灌まつりで、島津がファンだったオパールパーカッションとの共演を果たしたことが、アニメトピアの番組内で、本人の口から語られている。
  • トヨタランドクルーザーがお気に入りで、「ほしい!」ということをしばしばアニメトピアの番組内で発言していた。
  • 演劇に熱中していた学生時代、同級生の男子生徒や近隣の大学の男子生徒から憧れのマドンナ的な存在であった。
  • 『機動戦士Zガンダム』のフォウ・ムラサメ役は、オーディションではなく総監督・富野由悠季の指名によるものであった。本人曰く「ある日、突然呼び出されて『この娘は、悲劇のヒロインなんです』というアドバイスを受けたから演じる事が出来た」と語っている。

『Zガンダム』騒動 編集

2005年に「新訳」として新たに三部作に纏められた、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』では、20名以上に上る大幅な声優の変更が行われ、その中で島津もフォウ・ムラサメ役から外れた。

声優変更の理由について様々な憶測が飛び交い、島津自身のところへも問い合わせが殺到したため、島津は自身のHPで音響監督藤野貞義の不手際によりオーディションを受ける機会を奪われてしまったことを「総監督、音響監督両名の許可を取っての公開」と前置きした上で細かい経緯を説明した。手記は他にも島津自身のフォウ役への思い入れなども細かに語られる内容となっていた。

手記の公開は結果的に混乱に拍車を掛けることとなり、興奮したファンが関係者のHPに問い合わせをするなどした。 中でも新フォウ役のゆかなのHPは、激しい中傷の被害を受け閉鎖となった。

手記の中で「フォウは冴子にしかできない」「予め残すオリジナルキャストが決まっていて、その中に冴子もいた」と発言していたとされる富野だったが後に、「『Z』を新訳にするにあたり、復刻映画にするつもりは全くなく、主人公カミーユ・ビダン役の飛田展男でさえオーディションで改めて選び直した」、「当初はアムロやシャアも含めたキャスティングの総入れ替えも検討していた」、「ファースト以来のキャラクターとのバランスを考え懐かし映画にしないためフォウやサラには若い声が必要だった」とする、前述の島津の手記を否定する内容の説明が富野自身から語られ、島津とサラ役の水谷優子にはオーディションの連絡はしていなかった事実が明かされた(サラ役には芸能人が起用された)。

大きな騒動となった島津の手記公開だったが、その後、この件に関しては島津からコメントなどは出されていない。

  • 島津冴子公式HPにコメント掲載。[1]
  • 『機動戦士ZガンダムII』公式サイトに、新キャスティングについての富野由悠季インタビュー掲載。[2]

主な出演作品 編集

太字は主役・メインキャラ

テレビアニメ 編集

出演年不明

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

  • 美味しんぼ(二木(近城)まり子、まことの母親(第108話))

1992年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 週刊ストーリーランド(山岸栄子)※「女医の罪」

2003年

  • 名探偵コナン(雨城瑠璃)※305~306話

2004年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

  • ゲッティング・イーブン

ラジオ 編集

ドラマCD 編集

CD 編集

  • 御旗のもとに/花の巴里
  • サクラ大戦3 ヴォーカルコレクシオン 巴里歌謡全集
  • あすか120% BURNING Fest Special Plus
  • Velvet Moon
  • スネークマンショー「死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!」
  • クリスマス巴里/天使の瞳

舞台 編集

  • サクラ大戦歌謡ショウ「巴里花組特別ミニライブショウ」
  • サクラ大戦ディナーショー(グリシーヌ・ブルーメール)

テレビドラマ(顔出し) 編集

その他 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。