Fandom


島田 敏(しまだ びん、本名読み:しまだ さとし1954年11月20日 - )は日本男性声優である。青二プロダクション所属。新潟県新潟市出身。以前はテアトル・エコーに所属していた。

身長164cm、体重53kg。血液型B型星座さそり座

経歴 編集

1978年、『宇宙魔神ダイケンゴー』でデビュー。当初は二枚目役や冷徹な悪役を演じることが多かったが、後に三枚目役も多く演じるようになった。デビュー作である『ダイケンゴー』を始めロボットアニメへの出演も多く、『絶対無敵ライジンオー』、『元気爆発ガンバルガー』、『熱血最強ゴウザウラー』の「エルドランシリーズ」ではその名前の由来であるエルドランを演じ、それ以外の役でも出演している(特に『ガンバルガー』『ゴウザウラー』ではパイロット役)。

松尾銀三の没後、『忍たま乱太郎』のヘムヘム役と『スクライド』のビフ役を引き継いだ(『ソニックX』では、『緊急発進セイバーキッズ』に登場するオメガ〈松尾が演じたロボット〉のモデルであるボコーを演じたことがある)。『ちびまる子ちゃん』においては、2010年6月27日放送分より解離性動脈瘤で入院したさくら友蔵役の青野武の後任に選ばれた。同時に『ドラゴンボール改』の神様役も青野の後任を務めることとなった。

特色・評価 編集

機動戦士Ζガンダム』のパプテマス・シロッコや『機甲戦記ドラグナー』のジンのような冷徹な悪役、『機甲創世記モスピーダ』のスティック・バーナードや『星銃士ビスマルク』のリチャード・ランスロットのようなクールな二枚目、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のジャッキー・グーデリアンのような陽気な青年、『宇宙船サジタリアス』のトッピーのような善良な小市民、『絶対無敵ライジンオー』の小島勉のような小学生、『スレイヤーズ』のザングルスのような美形敵役など、少年から老人、人間以外まで幅広い役柄を演じる。

スーパー戦隊シリーズ」でも幹部クラスに相当する悪役を演じることが多く、代表的なものに『忍風戦隊ハリケンジャー』の六の槍サタラクラがある。

ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」では一般兵の声を2回演じたことがあるが、寺田貴信プロデューサーに「キング・オブ・スパロボ一般兵」と評されたことがある。

スクライド』においては脚本担当の黒田洋介が「島田さんの声を悪役に使えない」として、瓜核を人情深いキャラクターへと変更した。

その他 編集

腰痛を患っており、腹筋と背筋を鍛えるために水泳に通っている[1]。また、同世代で糖尿病を患っている安西正弘への支援を同じ青二所属の田中真弓と共に行っている。

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

1978年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

  • めぐみ(横田拓也(成人後)、横田哲也(成人後))

ゲーム 編集

ドラマCD 編集

パチンコ・パチスロ 編集

吹き替え 編集

吹き替え(アニメ)編集

特撮 編集

その他 編集

脚註 編集

  1. ファイティングスタジオ編「声優インタビュー 島田敏」『スーパーロボット大戦F ディープファイル』双葉社、1998年2月10日ISBN 4-575-16093-8、76-78頁。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。