Fandom


市川 治(いちかわ おさむ、1936年6月21日 - 2009年1月2日)は、日本男性声優フリー埼玉県熊谷市出身。埼玉県立熊谷高等学校卒業。新日本企画[1]代表を務めた。

生涯 編集

芸歴:劇団森の会→テアトル・エコーアーツビジョン→フリーランス。高校時代に放送演劇部入部をきっかけに役者への道へ。海外ドラマで若い青年ヒーローを次々と演じる。

アニメは草創期から活躍、第1次声優ブームの牽引役を務めた。とくに長浜忠夫の作品に多く出演し、敵方の「美形キャラクター」を演じた。当時40代でその独特の甲高い美声を発する独特の演技に周囲は驚嘆していたが、2006年、『超電磁マシーン ボルテスV』DVD発売告知のTVCMにおいてハイネル役としてCFを担当、当時70歳ながらハイネル役を演じきった。なお、一時期は喉を痛め吹き替えから遠ざかっていた時期もあった。

2009年1月2日心不全で亡くなった。テンプレート:没年齢。遺作は同年3月稼働の業務用ゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT』のノリス・パッカード役となった。

特色 編集

美形キャラクターを含む若者のみならず、中年男性や老境に差し掛かった人物なども数多く演じ、役柄の幅は広い。ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」の常連声優の一人でもあった。

テアトル・エコーが担当した『仮面ライダー』や『変身忍者 嵐』では、池水通洋との共演が知られている。また、『ウルトラマンA』でのゾフィー役や『仮面ライダーストロンガー』での「鋼鉄参謀」や「マシーン大元帥」などボスキャラクターも多く演じている。

人物像 編集

超電磁ロボ コン・バトラーV』や『超電磁マシーン ボルテスV』では、新人の頃の三ツ矢雄二白石ゆきながに対して演技指導をしていた[2]

アフレコ時には、新人で上手く声を合わせられなかった神谷明に対して「画面が切り替わると光の加減が代わるので、そのタイミングにあわせて台本を読みなさい」とアドバイスしている。

1979年ごろテンプレート:要出典、雑誌『月刊OUT』でのインタビューで「ガルーダ」や「ハイネル」など美形のキャラクターについて彼らの最期が描かれるエピソードのアフレコ日には、事前に風呂に入って身体を清めるなど気持ちを整えて収録に臨んだと語っている。

担当する役柄の声を色にたとえていると語っており、例えば『コンバトラーV』のガルーダの声は暖かみのあるオレンジ色にたとえている。

アイデアマンとしての一面もあり、今では当たり前になった「産地直送」という言葉は市川の造語である。また、新幹線の中で流れる「ご当地チャイム」は市川の発案である。

晩年、鉄道模型関連のイベントに顔を出しており、特に名乗らなかったが「以前はアニメの声を演じていました」と語っていたこととその声から、市川に気付いたディーラーが驚いたというエピソードがある。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

CD 編集

吹き替え 編集

特撮 編集

テレビドラマ 編集

  • 鉄腕アトム1959年3月7日) ボーイ
  • 日本沈没1974年1975年) ニュースキャスター※第11話はノンクレジット。第17話のOP表記は市川殆
  • 熱中時代
    • 教師編 第1シリーズ(1978年) 上代田八丁目派出所の警官(小宮新八郎(演:谷隼人)の同僚)。第17話のクレジットは「警官」。
    • 刑事編 第18話「誘拐された娘たち」(1979年)マンション管理人

映画 編集

舞台 編集

  • ブンとフン

その他 編集

  • ノーマン中条タク
  • 野村トーイ・『カセット8ムービー』(付属ソノシートの仮面ライダー / 本郷猛の声)

脚注 編集

  1. 出版社。ゲーム会社のSNKの旧社名とは関係はない。
  2. DVD-BOXの解説書より。このDVD-BOXには上記のCMナレーションも収録されている。
[ヘルプ]

参考文献 編集

  • 小川びい『ロマンアルバム アニメ声優ハンドブック こだわり声優辞典'97』1997年3月10日発行
  • ホビージャパンMOOK『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。