Fandom


広橋 涼(ひろはし りょう、1977年8月5日 - )は、日本女性声優青二プロダクション所属。本名:廣橋 涼(読みは同じ)。龍谷大学文学部真宗学科卒業[1]

身長160cm、体重48kg[2]。服の上から計測したスリーサイズの合計は249cm[3]。家族に既婚のがいる[4]

来歴・特色 編集

新潟県出身で実家は。家の事情で仏教系である京都龍谷大学に通っていたが、1回生半ばに実家から「仏教関係じゃなくても好きなことをしていい」と言われたため、自分のやりたいことを模索していた。2回生の頃、中学時代に聞いていたラジオ(後述)を思い出し、声優に興味を持つようになり、大学と並行して青二塾大阪校に通うことになった[5]。中学生の頃に聞いていたラジオのパーソナリティーが声優だったため「こんな仕事もあるんだ」と憧れて、声優を目指すようになった(ただしその声優が誰であったかは忘れており、本人も探さないつもりであると語っている[6])。

青二塾大阪校第16期卒[2]2002年、『アクエリアンエイジ』で声優デビュー。2007年2月、青二塾大阪校出身者・正所属のページにプロフィールが掲載された。

主に少女・美女役の声を演じ、少年役や大人の女性のほかおっとりとした女の子から気の強い少女まで役柄の幅は広い[6]

人物像 編集

性格 編集

幼少の頃は神経質で人見知りの激しい性格で、布団の位置がずれているだけで眠れなかったという。小学4年生頃鉄棒から落ちて石に頭を打ち、さらに登り棒で「手を離したらどうなるんだろう」とわざと手を離し再び頭を打った。親によると、それ以来性格が変わり、ふわふわした地に足が着かない感じの子になり、布団の位置など細かいことを気にしなくなったという[5]

交友・共演 編集

本人は「人見知り」と語るが、友人は多い。大原さやか斎藤千和葉月絵理乃水橋かおり等(以上全てARIAの共演者)、共演者とプライベートな用事で出かけることも多い。『キミキス』の現場では田中理恵野川さくらとも仲が良い。

斎藤千和とは『ケロロ軍曹』や『ARIA』で親友同士の役で共演している。どちらも佐藤順一が監督した作品である。

皆川純子と組んで放送の『純子と涼のアシタヘストライク!』は当初は短期シリーズの予定だったが、予想以上にリスナーの好評を博して3年9ヶ月にわたって放送された。皆川と共に各種企画CDも発売されている。第1回放送で皆川と初対面の際に「江戸の風」と称した。

岩田光央は自身がパーソナリティを務めているインターネットラジオ番組『DIEBUSTER WEB RADIO TOP! LESS』内にて、広橋のことを「かなりの巨乳」と称している。『純子と涼のアシタヘストライク!』で相方だった皆川も同様の発言をしていた。

愛称 編集

ラジオ・バンブーブレード〜文武両道!』内で生まれた愛称「塩大福」をことのほか気に入っており、この愛称がファンに定着していないことを悩んでいるらしい。元々同ラジオ内で広橋は「はかせ」(昔から博士と呼ばれたかったそうで、ラジオの収録スタジオでは用意されていた白衣を着ていた)と自称していたが、第4回にてゲストの小島幸子が「広橋の顔を見ると塩大福を思い出す」と発言して以降はあだ名が「塩大福」となった。『あかね色に染まるラジオ』の第1回で、互いの呼び名を決める際に小山力也が冗談で「塩ちゃん」と言ってみたが喜んで希望した為、そのまま呼び名になった。

趣味・嗜好 編集

日本公開前の映画をわざわざ韓国に行ってまで観るなど大の韓流スター好きだが、韓国語は話せない。好きな韓流スターはカン・ドンウォン[5]。また、KAT-TUN田中聖が好き[7]で、生天目仁美佐藤利奈下屋則子と「KAT-TUN会」なる親睦会を結成している。小林賢太郎(芸人。お笑いコンビ・ラーメンズのメンバー)や、奥華子(歌手)[8]本郷奏多のファンでもある[5]。好きなプロ野球チームは阪神タイガース

かなりの酒豪で、最近テンプレート:いつパチンコパチスロにも手を出すようになったという。本人は大一商会のパチンコ「CR DRM」で、アリエス=スピンディジー役として声を担当している。事務所のプロフィール登録時、趣味を競馬・パチンコと書こうとしたが止められたため、やむなく料理にした[2][9]

小型のポラロイドカメラを手に入れて以来、写真を撮ることが趣味となる。

通信販売インターネットオークションが好き。特にAmazon.co.jpで予約商品を買うことが多く、引越しがしたいのにできないと語る[10]。2009年10月現在、家賃55,000円の借家に住んでいる[11]

たまに神田古書街に立ち寄って、古書を探している[12]

カラオケに1人で行くことに抵抗がなく、よく行くと語る[13]

初めて購入したゲームは『俺の屍を超えてゆけ[14]。初めて買ったCDはB'zの『LADY NAVIGATION[15]

やや特殊な味覚を持つようで、AT-X製作番組『声優旅行社へようこそ。2』では、神谷浩史が悶絶した臭豆腐を問題なく食べたほか、『声優旅行社へようこそ。2.5』内にて、韓国の『無限に辛い』カルビチムを平気で食べ、おいしいと評した。その際、共演者の小野坂昌也を「ボケ殺しだな」と驚愕させた。しかし、『声優旅行社へようこそ。』の韓国編では辛い唐辛子に苦しむ姿が見られた。

お洒落には無頓着な方と公言し、大学時代にはぼさぼさ頭にサンダル姿であったり、20歳までスクール水着を着ていた。水泳が苦手で、海などにもほとんど行かないため水着を持っておらず、みんなで海に行く事になったときにスクール水着を着て行ったことがある。本人はスクール水着の事を「ちょっと露出の少ない紺色の水着じゃん。普通普通。」と評している[16]。また、2007年7月に開催された『キミキスラジオ』の公開録音ではアフロ風ヘアーで登場した事が場内の爆笑を誘った。『キミキス pure rouge』の第1回収録現場でも殆どそのままの髪型を保っていることがアニメ公式サイトの集合写真にも掲載された。

学生時代 編集

小学5年生まで補助輪をつけて自転車に乗っていた。恥ずかしい感情はなかったが、小回りが効かないという理由で補助輪無しでの乗車を練習するようになった。乗れるようになってからは「ただ乗るだけではつまらない」と手放しで乗る練習をしてこれを習得。更に「手放しで弁当を食べられるようになりたい」と昼食の弁当を半分残し、学校の帰り道に手放しで弁当を食べながら自転車に乗る練習をしてこれも習得した[17]

中学時代の3年間はバレーボールが痛そうで嫌だという理由でソフトテニス部に属していたものの、顧問がテニスに関して全くの素人だったため「とりあえず走っとけ」と走り込みばかりさせられ[5]あまり上達しなかった。「コウモリ落とし」という、夕方に空へラケットを投げてコウモリを落とす遊びが部内で流行り、それに興じていた[18]。コウモリが落ちる理由について広橋は「超音波の関係かな?」と語っている[5]

中学時代は絵画に興味があり、新幹線に乗り一人で東京の美術館に足を運んだ[5]

高校時代は美術部に所属する傍ら、自ら文芸部を立ち上げた。書いた小説の内容は短めで、主人公のほとんどは死んでしまう話だったという[5]。文化祭では着物を着て部誌を配布していた[18]

大学では高校国語I種・中学国語I種の教員免許を取得。教育実習では道徳の授業をしたり、手品工作もやったと話している。

出演作品 編集

※主役・メインキャラクターは太字

テレビアニメ 編集

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

吹き替え 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

ドラマCD 編集

CD 編集

  • 狂乱家族日記 ED『ボクハ更新サレマシタ』(歌:乱崎雹霞)
  • ARIA The ORIGINATION オリジナルサウンドトラック『ルーミス エテルネ』(歌:アリス・キャロル)
  • 魔法先生ネギま! DVD1巻特典『ハッピー☆マテリアル メルディナ大合唱ver』
  • あかね色に染まる坂 キャラクターソング『白石なごみ』
  • かなめも キャラクターソング&サントラアルバム かなめろ(歌:北岡ゆめ、2009年9月9日)

CM 編集

ナレーション 編集

その他 編集

  • CR D.R.M(ディーアールエム)パチンコ機器メーカー大一商会2005年発売機種(雷竜使いアリエス・スピンディジー)
  • 声優旅行社へようこそ。〜1泊2日でもがっつり遊べます!青二の売れっ子ですけど、何か?SP〜(プレゼンター:AT-Xにて放送)
  • New Space Order(フラッシュノベル -Link of Life- でアイルヤの声を担当)
  • プラトニックチェーン(モーションキャプチャー協力)
  • 広橋涼にカルテをおねがい(『hm3 SPECIAL』<vol.24 - 58>の偶数号に連載していたコラム)
  • 美声時計

出典 編集

[ヘルプ]
  1. 『Radio QMA!!』第12回より
  2. 2.0 2.1 2.2 青二プロダクションによるプロフィール(PDF形式)
  3. 純子と涼のアシタヘストライク!』 #178
  4. 小山力也×広橋涼のあかね色に染まるラジオ』シーズン2 第9回で正月に実家で結婚祝いをしたことに言及。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 5.7 アニメディア』2008年5月号
  6. 6.0 6.1 ぱにらじだっしゅ!』第17回
  7. かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#01
  8. 『かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#07
  9. 『Radio QMA!!』第1回より
  10. 『かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#17
  11. 広橋涼の超ラジ!』第1回より。
  12. 『インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○』#19
  13. 『かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#29
  14. 『インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○』#17
  15. ラジオ・バンブーブレード〜文武両道!』第25回
  16. 『かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#43
  17. ARIA The ANIMATION』映像特典トーク
  18. 18.0 18.1 インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○』#23

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。