Fandom


持田 香織(もちだ かおり、1978年3月24日 - )は、日本女性シンガーソングライター東京都江東区出身。Every Little Thingボーカリスト。旧芸名は持田かおり血液型A型。ニックネームは「もっちー」(テレビ番組によってはモッチーと表記されることもある)、「もっち」「かおりん」「だもきち」。甥と姪には「かっか」、Every Little Thing元メンバーの五十嵐充には、「かんちゃん」と呼ばれている(五十嵐のブログより)。

来歴 編集

Every Little Thing以前 編集

子役として、数々のテレビCMモデル雑誌で活躍。小学校時代は、一輪車クラブに所属しており、登下校は一輪車でしていた。高校時代は、バトントワリング部に所属。

その後、持田 かおりの名で、「週刊ヤングマガジン」誌上で公募されたアイドルグループ・黒BUTAオールスターズの第2期メンバーとして芸能界入りし、テレビ東京黒BUTA天国』に出演。1993年(平成5年)7月10日に同グループ名義のシングル「あなたにお願い申し上げます。」でCDデビュー。後にシングル「もう一度」(テイチク)でソロデビューを果たすが、特にヒットすることはなく、一旦芸能界を離れ、学業に専念する。なお、「もう一度」はブレイク後の1998年(平成10年)6月に再発されている。

1992年(平成4年)、第6回全日本国民的美少女コンテストに出場したが予選で敗退。その年のグランプリは佐藤藍子、また米倉涼子が審査員特別賞を受賞している。

高校の先輩には森尾由美がいる。

Every Little Thingとして『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』に出演した際、持田が子役時代に出演した第一家庭電器のCMが放送された。また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。また、当時は松本人志にナンパされたと語ったこともある(当時の持田は松本の追っかけをしていた)。

Every Little Thing発足 編集

1995年(平成7年)、「エイベックス・ディー・ディー」のディレクターに五十嵐充を紹介された。五十嵐は、「エイベックス」の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、音楽プロデューサーを志し、音楽創作を続けていた。週末にスタジオ勤務を終えた五十嵐と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、デモテープを作り続けた。

当初、持田はソロでデビューする予定であったが、持田が高校卒業目前だったことや、松浦勝人の勧めがあったことにより、高校卒業後に五十嵐と2人のユニットでデビューする予定になった。さらに、五十嵐が楽曲にギターの音が欲しくなったことと心細さから、かつて共にバンドを組んでいた伊藤一朗を入れたいと松浦に打診し、了承を得て、3人のユニットとしてデビューすることになった。持田と伊藤はデビューの1か月前に初めて会った。Every Little Thingは1996年(平成8年)8月7日に「Feel My Heart」でCDデビューした。

Every Little Thing発足後 編集

テレビCMにも多数出演していて、その多くは、BGMに、CMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は当該項参照)が使用されている。更に2003年(平成15年)には『ミドリノヘイワ』というフォト・エッセイを本にして出版している。

2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナル1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。

2006年(平成18年)3月24日に発売された女優綾瀬はるかのデビュー曲「ピリオド」の作詞(小林武史と共作)をしている。

2007年(平成19年)3月14日に発売された歌手中島美嘉の4thアルバム『YES』に収録されている「GOING BACK HOME」の作詞を担当。

2008年(平成20年)6月25日に発売されたバンドDREAMS COME TRUEのシングル「MERRY-LIFE-GOES-ROUND/TRUE, BABY TRUE.」に収録されている「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」のPVに女優として出演している。

2009年(平成21年)1月28日に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「雨のワルツ」(SAKEROCKが参加している。)がリリースされた。また、同年3月田島貴男Caocaoを結成し、フィンガー5の楽曲「個人授業」をカバー。映画『おっぱいバレー』の主題歌となる。

五十嵐充との関係 編集

  • 持田と伊藤の2人体制になってからも五十嵐がELTのコンサートに行っていることが五十嵐のブログの中でも明らかにされており、交流は続いている。なお、五十嵐が脱退した理由は作曲・編曲及びプロデュース活動に専念するためと発表されている。
  • 2008年に『SONGS』に出演した際、8thシングル「Time goes by」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。
  • 五十嵐がELTを脱退して9年後となる2009年、36thシングル「DREAM GOES ON」(9月23日発売)で五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した(作詞は持田香織、ただし、カップリングの「spearmint」の作詞は五十嵐自身が担当した)。そして、その後の11月18日に発売した37thシングル「冷たい雨」でも同様の体制を取った。
  • 2009年8月23日に行われたa-nation'09において「DREAM GOES ON」を演奏する際、持田は「何年ぶりになるんでしょう。やり続けていると素敵な再会がまたあるんだなと感じております。」という言葉で五十嵐を紹介し、ELTのステージで共演も果たしている。
  • 2010年(平成22年)3月28日の公演では五十嵐がサプライズゲストとして参加したが、この時五十嵐がケーキを持ち込み持田を驚かせた。

人物像 編集

身体、特徴 編集

身長160cm(公称) 体重43kg スリーサイズB78-W58-H80 左右の手の指全部の第一関節だけを曲げることが出来る。首を鳴らしたり、しかめっ面をするのが癖である。

交友 編集

趣味・嗜好 編集

  • 尊敬するアーティストはYUKI(元JUDY AND MARY)。
  • 好きなスポーツはボウリング水泳で、ボウリングの腕前はかなりあるらしく、テレビの企画でボウリング対決を行ったこともある。一方、水泳はEvery Little Thingとしてデビューしてからするようになったが、最近ではトレーナーをつけて習っているという。
  • 料理が得意で、フードコーディネーターの知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き溜めてある。その腕前は、『うたばん』などで披露している。『HEY!HEY!HEY!』で「得意な料理は何か?」という質問に、中華料理ばかりを挙げ、司会のダウンダウンから「中華ばっかりやん!」と突っ込まれた。現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。
  • イチゴが好物で、特に好きなのは福岡県産の「あまおう」。
  • 好きな漫画は『SLAM DUNK』『バガボンド』『REAL』。『SLAM DUNK』は完全版全巻持っており、また正月に1巻から最終巻まで読破するのが恒例になっている。
  • AKB48のファン。理由は「歌って踊れてトークもできる」から。ライブには行ったことがない(2009年12月現在)
  • 友人にのファンが多く「嵐会」を結成している。嵐のVS嵐などで共演(2010年8月26日放送)

人柄、仕事 編集

  • テレビ出演時はとても静かで大人しいが、ライブでは人が変わり、力強い煽り方をする。決め文句は「アホんなる気はあんのか、お前らぁ〜!!!」で、ファンのボルテージは最高潮に達する。近年は「アホになる気はございますか!!!」と、少し敬語調に変えていたこともあったが、「最近、"ございますか"って敬語調に変えてきてるねと言われますがそんなことはありません」という旨のことをMEETツアーの各公演で述べ、本来の煽りをしている。
  • CDTV内のアンケート「恋人にしたいアーティストランキング[女性編]」では、過去2位に7回ランクインするほどの常連である。今まで1位になったことは無かったが、2010年2月14日の放送で初めて1位に輝いた。
  • 主に作詞担当だが、14thシングル「sure」で初めて作曲に携わる(Every Little Thing名義)。4thオリジナルアルバム「4 FORCE」では、初めて単独で作曲した楽曲が収録され、以降アルバム「Crispy Park」までに1曲は本人作曲の曲が収録されている。
  • 『うたばん』出演時に持田の母が電話で2回出演したことがある。2回目は、持田の友人である中島美嘉がゲスト出演の際に、ELTが出演していないのにも関わらず出演した。
  • 2009年『SPACE SHOWER MUSIC UPDATE』の番組企画にて、「音楽業界人に聞いた! ミュージシャンいい人」ランキングで第9位に選ばれた。
  • 2010年8月26日放送の『5LDK』出演時、サプライズゲストとして持田の母が登場し、初めてテレビで共演を果たした。
  • 2002年12月14日に放送された音楽番組「ayu ready?」で、浜崎あゆみの2ndシングル「YOU」を浜崎本人とデュエットで歌ったことがある。
  • 高校卒業した直後デビューしたため、大学には通っていない。当人はそのことに少し未練を感じており、2010年2月28日旭川公演ではその旨の話をしている。

ディスコグラフィ 編集

Every Little Thing名義についてはEvery Little Thing#ディスコグラフィを参照。

シングル 編集

CD BOX 編集

  • green/アカシア 〜持田香織×JOURNAL STANDARD Special CD BOX〜(2010年8月6日
    シングルCD「green/アカシア」、全16ページのスペシャルブックレット(撮り下ろしフォト、インタビュー掲載)、持田香織×JOURNAL STANDARDオリジナルエコバッグがセットになったA4雑誌サイズBOX仕様のスペシャルCD BOX。雑誌として書店、コンビニ等で発売。

アルバム 編集

発売日 タイトル
1st 2009年8月12日 moka
2nd 2010年8月25日 NIU

ゲスト参加 編集

  • avex THE ALBUM / V.A.: クリスマスソングのカバー「きよしこの夜 (Accapella Gospel Version)」収録。
  • Various Artists featuring song+nation / V.A.: 「in case of me」収録(作詞、作曲は小室哲哉)。
  • song+nation 2 -trance- / V.A.: 『Various Artists featuring song+nation』のリミックスアルバム。「in case of me (tatsumaki remix)」収録。
  • ふたつの朝 / おおはた雄一: 「ふたりの音楽」にボーカル参加。
  • The Best of Dragon Ash with Changes Vol. 2 / Dragon Ash: 「wipe your eyes feat. Kaori Mochida from ELT」にボーカル参加。PVにも出演。
  • Music From The Magic Shop / おおはた雄一: 「あたらしい朝」にボーカル参加。初回生産限定盤(2枚組)のリミテッド・ディスクに収録されている。
  • 松本隆に捧ぐ -風街DNA- / V.A.: はっぴいえんどのカバー「空いろのくれよん」収録。
  • MERRY-LIFE-GOES-ROUND/Dreams Come True:女優としてPVに出演。一部、歌唱シーンがある。(CD未収録。)

作詞提供 編集

未発表曲 編集

テレビCMでオンエア、ライブ(他のアーティストのライブへのゲスト出演を含む)やイベントで披露されたCD未発売の楽曲について記述する。

  • Daydream Believer
    THE MONKEESのカバー。スペースシャワーTV開局20周年を記念して制作された持田出演のステーションID(放送局のメッセージを視聴者に伝えるイメージスポット映像)で歌っている。2009年7月20日福岡天神イムズ内イムズホールで行われたプレミアムライブ『SPACE SHOWER TV 20th Anniversary × J:COM 福岡 present 持田香織 PREMIUM LIVE supported by IMS』で披露。
  • 僕が言える事のすべて / FLYING KIDS with 持田香織
    2009年11月21日赤坂BLITZで行われたFLYING KIDSのライブ『FLYING KIDS PRESENTS “ファンタじゃないよ、ファンクだよ!ソウル込めますノーベンバー!”』にゲスト出演し披露。

テレビ出演 編集

バラエティ・トーク番組編集

レギュラー
ゲスト

CM 編集

著書 編集

写真集 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。