Fandom


テンプレート:クラシック音楽 新日本フィルハーモニー交響楽団(しんにほんフィルハーモニーこうきょうがくだん、New Japan Philharmonic)は、日本オーケストラ日本オーケストラ連盟正会員。

概要 編集

1972年文化放送フジテレビが、放送料等によって運営していた日本フィルハーモニー交響楽団の解散を通告。楽員の3分の2は日本フィルに残り「日フィル争議」を起こした。退団した楽員と、小澤征爾山本直純らによって自主運営のオーケストラとして設立された。

1997年東京都墨田区すみだトリフォニーホールが完成し、墨田区とフランチャイズ契約を結んだ。ホールのステージで練習し、演奏会を開くという、演奏する側にとって理想的なものである。

2001年、スウェーデンの人気ギタリストイングヴェイ・マルムスティーンと、すみだトリフォニーホールにて共演を行う。

2003年、音楽監督にクリスティアン・アルミンクが就任。ベートーヴェンの歌劇「レオノーレ」初演など、意欲的なプログラムで話題を呼んでいる。

なお、小澤征爾が指揮をする数少ない日本のオーケストラであるが、定期演奏会でも名を連ねず、特別演奏会という形で指揮するも、徐々に名誉職的な存在になり、両者の関係は薄くなってきたと言わざるを得ない。

また、映画音楽では、1981年に公開された東宝映画『連合艦隊』の劇中音楽(作曲:服部克久)のオーケストラ演奏を担当したことが有名である。

指揮者 編集

過去には、朝比奈隆、山本直純らも指揮者、顧問として加わっていた。

コンサートマスター 編集

演奏会 編集

定期演奏会 編集

  • トリフォニー・シリーズ(月2回)
  • サントリーホール・シリーズ(月1回)

その他 編集

  • 名曲シリーズ<クラシックへの扉>
  • 室内楽シリーズ
  • 特別演奏会(ベートーヴェン「第九」演奏会 など)
  • 多摩定期演奏会 パルテノン多摩主催

その他 編集

映画音楽(オーケストラ演奏担当) 編集

OVA 編集

ゲーム・ミュージック 編集

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ 編集

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラは、2004年夏に結成された新プロジェクトである。

久石譲と共同で結成され、初代音楽監督に久石が就任した。スタートにあたって久石はテーマ曲「World Dreams」を書き下ろした。この曲はコンサートのオープニングに演奏されている。

ジャンルとしてはポップスオーケストラに分類されるが、『世界中には良い曲がたくさんある。ジャンルにとらわれず世の中に伝えて行こう』というのが一番のテーマ。

2004年夏にデビューアルバム「World Dreams」を発表。「ハードボイルドオーケストラ」をテーマに「天空の城ラピュタ」や「HANA-BI」といった久石の楽曲の他に「007のテーマ」、「ピンクパンサーのテーマ」、「スター・ウォーズのテーマ」など映画音楽を取り上げ、全国9カ所でコンサートを行った。

主なコンサート 編集

2004年7月19日 - 8月1日:WORLD DREAMS(ゲスト:ティム・モリソン
ハードボイルドオーケストラをテーマに「天空の城ラピュタ」、「007 Rhapsody」、「スター・ウォーズ」などを主に取り上げた。8月1日は大阪城公園での野外コンサートとなった。
2005年8月3日 - 14日:Joe Hisaishi - Symphonic Special 2005
組曲「DEAD」を発表。「交響組曲ハウルの動く城」、「キートンの大列車強盗(上映付き演奏)」などを主に取り上げた。このコンサートでは久石の楽曲のみが演奏され、テーマ曲「World Dreams」は使用されなかった。
2005年12月2日~6日:12月の恋人たち(ゲスト:レディ・キム (Vo)、リトルキャロル(女声コーラス))
コール・ポーターフランシス・レイミシェル・ルグラン等によるフランス映画音楽を主に取り上げた。ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」やラヴェルの「ボレロ」といったクラシックの曲目も演奏された。
2006年8月13日:真夏の夜の悪夢(ゲスト:栗友会合唱団
すみだトリフォニーホールでの特別公演。サイコホラーナイトをテーマに「サイコ」、「エクソシスト」、「ヒッチコック劇場」のテーマなどを取り上げた。ステージ天井から十字架が舞い降りてくるといった演出もされた。久石自身の楽曲からは「YAMATO組曲」や、「Asian Crisis」、「もののけ姫」組曲を演奏。クラシックの楽曲からはマーラー交響曲第5番第4楽章や、オルフの「カルミナ・ブラーナ」、ヴェルディの「怒りの日」(「レクイエム」から)、「アヴェ・マリア」が演奏された。
2007年8月2日 - 12日:There is the Time(ゲスト:林正子(ソプラノ))
ロックとワーグナーの融合をテーマにした「Rock'n roll Wagnar」や、「24 -TWENTY FOUR-のテーマ」、「パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ」などを主に取り上げた。クラシックの楽曲からは「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」を演奏した。長野県公演では松本市制施行100周年を記念して、松本城特設会場での野外コンサートとなった。

ディスコグラフィ 編集

久石譲 & 新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ
  • World Dreams(2004年)
  • Works III(2005年)
  • パリのアメリカ人(2005年)
  • 真夏の夜の悪夢(2006年)
  • W.d.o.(2006年 / 過去3回のコンサートの総集編DVD)
  • ベスト・オブ・W.D.O.(2007年 / 過去のアルバムからのベスト盤CD)

外部リンク 編集

no:New Japan Philharmonic

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。