Fandom


株式会社日本テレネット(かぶしきがいしゃにほん-)は、かつて存在していたゲームソフト制作会社。

概要 編集

1983年、パソコン用ゲームソフトの制作を目的に設立された。8ビットパソコン時代は大手メーカーの一角として、1990年代前半はPCエンジンメガドライブなどでソフトを発売していた。

後にウルフチームとして独立する開発チームが製作した『ファイナルゾーン』や『夢幻戦士ヴァリス』といった、オープニングやエンディング、ステージ間でビジュアルシーンを採用した作品がヒットした事で、ビジュアル重視の製作スタイルを確立。以後このスタイルは同社作品最大の特徴となる。CD-ROM²SUPER CD-ROM²メガCDで大容量メディアのCD-ROMを扱える様になるとビジュアルシーンにアニメーションを積極的に導入し、鍋島修や、一時期同社に所属していた越智一裕といった有名アニメーターをビジュアルシーン制作(演出、デザイン、原画)に迎える等、この傾向をさらに加速化させた。

しかしゲームの出来は良いとは言えず、売り上げが低迷。その後は開発をスーパーファミコンに絞り、ブランドをウルフチームに統一。1995年頃からテイルズシリーズの開発、パチンコパチスロ関連の事業が中心となっていった。

2003年3月10日、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)との共同出資でナムコ・テイルズスタジオを設立し、開発スタッフの大半はそちらへ異動。ウルフチームブランドは消滅し、コンシューマー事業から事実上撤退。2004年には雄図グループが運営していたアダルトゲームストリーミング配信サイト・BB5.jpを買収し、ダウンロード販売事業に進出した。

2007年、アメリカ合衆国に置いていた子会社での経営失敗や採算性の低下で債務超過に陥ったため、子会社だったコムシードなどの保有株式の売却やゲームソフトの営業権譲渡などで経営再建を図っていたが、同年10月25日、事業を停止。負債総額は約10億円と報じられている[1]

なお譲渡後の一部ソフトはアダルトゲーム化されるなど、それまでの作品と異なるイメージで発表された。

2009年2月28日に発売されたコミック単行本『夢幻戦士ヴァリス Vol.2』のコピーライト表示が「©STARFISH-SD」となっている。また、スターフィッシュよりニンテンドーDS向けソフト『東京トワイライトバスターズ』が、パソコン用に日本テレネットが発売した同タイトルソフトと同じロゴで発売される予定である。同年12月には、サン電子が日本テレネットから発売されていたゲーム(100タイトル以上)の版権を取得した[2]

沿革 編集

主なソフト 編集

ウルフチームブランドでの発売タイトルはウルフチーム参照

PC 編集

PCエンジン 編集

メガドライブ 編集

メガCD 編集

スーパーファミコン 編集

NINTENDO64 編集

プレイステーション 編集

プレイステーション2 編集

ニンテンドーゲームキューブ 編集

その他 編集

アダルトゲーム化されたタイトル 編集

カッコ内は発売メーカー。

かつて在籍していた主なクリエイター 編集

コンポーザー 編集

漫画家・イラストレーター 編集

関連会社編集

コムシード
携帯電話用のパチンコ情報サイトを運営している。
テレネット・ジェイアール
国内主要3キャリア向けに各種携帯サイトを運営している(デジタルアドベンチャーに売却され、現:株式会社アイロゴス)。
テレネット・ゴルフオンライン
ゴルフ関連サービス。

関連ブランド 編集

脚注 編集

  1. (株)日本テレネット~事業停止 (東経ニュース倒産情報)2007.10.29
  2. サン電子 (2009年12月10日). “サンソフト、日本テレネットの版権を取得” (日本語). 2009年12月10日閲覧。

テンプレート:Company-stub

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。