Fandom


板尾 創路(いたお いつじ、1963年昭和38年)7月18日 - )は、大阪府富田林市出身のお笑いタレント俳優である。お笑いコンビ130Rボケ担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。相方はほんこん。既婚。血液型A型。身長177cm体重55kg。愛称はイッツジー

来歴編集

ケーキ店「パルナス三国ヶ丘店(堺市北区)に勤める両親の息子として生まれる。東大阪大学柏原高等学校卒業後、551蓬莱に就職。10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、「ホンコン」の芸名を名乗ったが程なくコンビ解消。のちに同期の蔵野孝洋(現・ほんこん)に「ホンコン」の名を譲り渡し、蔵野が2代目「ホンコン・マカオ」を結成。しかし2代目「ホンコン・マカオ」も長くは続かず、1986年6月に板尾と蔵野で新たにコンビ「130R」を結成した。

その後ダウンタウンが司会を務めていた『4時ですよーだ』に王子役で出演したりしていたが、1991年よりフジテレビ系列ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したのを機に、全国区にその名を知られるようになる。同番組内のコントの代表作に「板尾係長」に始まる「板尾○○」シリーズ、「シンガー板尾」などがある。積極的に前に出るタイプの芸風ではないため、ダウンタウンや今田・東野の芸風と比較すると大人しく控えめな印象があるが、シリーズ企画「ごっつの車窓から」などの個人にスポットが当たる場面では自身の飛びぬけた発想を遺憾なく打ち出し、『ごっつ』の歴史に残るインパクトを与えた。ダウンタウンがメインを務める番組を中心に様々な番組に出演し、その飄々としたキャラクターで人気を博す。

1994年、当時14歳の女子中学生を相手に淫行に及んだとして、大阪府青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された。これにより一時芸能活動を停止したが、松本人志ら芸人仲間たちの働きかけもあり、1年後に復帰した(事件は相手の少女が別件で補導された際に発覚したもので、少女は板尾に対して18歳と自称したこと、合意の上での行為であったことなどから、事務所を解雇されるまでには至らなかった)。

復帰一発目の仕事は松本の単独ライブ『寸止め海峡(仮)』への出演。ただし復帰後はお笑い芸人という職業柄、松本に収録中「よっ! 犯罪者!」と呼ばれるなど、愛のある「イジり」をもって迎えられた。その例として『ダウンタウンのごっつええ感じ』における板尾のキャラ、シンガー板尾の復帰第一曲タイトルが「年下の女の子」になる等がある。

近年は深夜枠のバラエティ番組を中心に出演している。『虎の門』(テレビ朝日)の「しりとり竜王戦」ではそのシュールな発想力を発揮し、「永世しりとり竜王」として歴代最多の優勝回数を誇った。また2001年には、木村祐一と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ。

2000年代頃よりテレビドラマ映画、舞台など、俳優としても活動。脇役ながら独特の存在感を放ち、怪演が注目を集めている。

2009年8月16日午後11時ごろ、長女が1歳10か月で急死。死因は心不全。20日に都内のホテルで「お別れ会」がしめやかに営まれた。

2010年、疲労が原因で体調不良を訴え出演予定だった舞台『NECK』を降板。入院などはせず舞台以外の他の仕事は休むことなく続けた。

人物編集

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)では、しばしば「板尾の嫁」と称する外国人女性(「娘」と称する外国人の少女がいることも)と共に登場し、番組収録に無理やり乱入しては理不尽な出演料をせびる不気味なキャラを演じている。初代「板尾の嫁」は番組との契約解消後にヌード写真を写真週刊誌に披露した。ちなみに、板尾の本当の妻は日本人である。
  • 俳優としての評価は高く、映画『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄からは「板尾は良すぎる」と手放しの賞賛を贈られたほか、松尾スズキは自著の中で「(板尾は)お笑い芸人の中で圧倒的に芝居が上手い」という趣旨の記述をしている。
  • 好きな歌は軍歌

逸話編集

  • クールな顔とシュールな芸風に似合わずド天然でミステリアスであり、数々の板尾伝説を作っている。千原ジュニアいわく「天然というより自然という感じ」。
    • 『ガキの使い』の罰ゲーム『笑ってはいけない高校(ハイスクール)』で、オートバイに乗ろうとしたとき三段シートに足が引っかかり、遠藤を除く全員を笑わせた(遠藤からは死角になっていた)。
    • 新潟中越地震が発生し、東京もある程度揺れた。そのときルミネtheよしもとで新喜劇をやっていた板尾は、動揺して焦って急いで帰ったが、劇で顔につけていた付けホクロをそのままつけたまま帰ってしまったという話もある。
    • 透明のガラスによく当たるが、当たっても顔色を変えることなく髪をかき上げる。
    • 目を瞑ってしまって失敗したスナップ写真を集めている。
    • ネタの最中台詞が飛んでも顔の表情を変えないため、相方のほんこんが間違えたような空気になる。
    • 虎の門』の「しりとり竜王戦」のコーナーで生放送中にも関わらず寝てしまったことがある。
    • 中学の時にアロンアルファを目に入れて失明しかけた事がある。
    • 悪口を言っていた女性と後日手を繋いで歩いていた。
  • トラックの運転手をしていた(『放送室』より)。実際に観光バスを運転する姿が『ぐっさん家』で確認されており、大型免許は持っている。また牽引免許も持っているのでトレーラーも運転出来るとのこと(『やりすぎコージー』より)。
  • ナインティナインのオールナイトニッポン』で「ビートたけしのまったく新しいものまね」を振られ、苦し紛れに「グラッチェ!!」と言ったが、数日後の生放送特番でたけしが本当に「グラッチェ」発言をしたため「予知笑い」という言葉が上がった。
  • 未だにセカンドバッグを持っていて中には携帯妨害機が入っている。
  • 板尾の妻は毎年松本の家にお歳暮を贈っている。2002年はコーヒーだった。
  • 木村祐一と千原ジュニアがデパートで買い物をしていた際、寝具売り場で50歳くらいの女性とダブルベッドを見ている板尾を目撃した。ジュニアがその話を東野にし、番組で東野がその事を追及すると、笑いながら「それはなぁ、人違いや」と答えた(千原ジュニア談)。
  • 中学の時たまたま火災現場を見かけた際、すぐさま119番通報をし、消防署から感謝状をもらった事がある。
  • 吉本の舞台出演中、客席で具合の悪くなった女性を見つけて、いち早く舞台上から飛び降りて助けた事がある。
  • 2010年1月15日放送の『笑っていいとも!』の川柳コーナーにゲスト出演した際、やすみりえより板尾の父は関西方面の川柳界において高名な先生であり、板尾の父と文通していると公表される。レギュラー陣より父の事を聞かれると、川柳においては偉い先生なのは知っているが自分にとってはごく普通の父親だと答えている。
  • 平野綾山田康雄の妹分に例える等、突拍子もない発想の持ち主でもある(山田と平野は面識がなく、年齢も祖父と孫ぐらい離れている)。

出演編集

テレビ編集

現在編集

バラエティ

過去編集

バラエティ
ほか
テレビドラマ
ほか

インターネット配信編集

ラジオ編集

映画編集

舞台編集

DVD編集

プロモーションビデオ編集

  • MALCO(監督:大宮エリー
    • 男はバカなのか俺がバカなのか (2005年9月)
    • 男だ☆光るぜ (2006年5月)
    • 人らしくないほどに (2006年10月)
  • 自身の作品(テイ・トウワプロデュース)
    • 少年B(2008年3月)

作品編集

映像 編集

映画

音楽 編集

CDアルバム
  • ミュージック(2008年10月22日)
CDシングル
  • 少年B(2008年3月5日)テイ・トウワプロデュース
  • 君とボクと(2010年3月10日、作詞:大宮エリー/作曲:南こうせつ)唄:板尾こうせつ(板尾創路・南こうせつ)名義。連続ドラマ小説 木下部長とボク主題歌

著書 編集

出版元:リトルモア

  • 板尾日記(2006年11月)
  • 板尾日記2(2007年3月)
  • 板尾日記3(2008年2月)                
  • 板尾日記4(2009年3月)
  • 板尾日記5(2010年2月)

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。