Fandom


柿原 徹也(かきはら てつや、1982年12月24日 - )は、日本男性声優81プロデュース所属。ドイツデュッセルドルフ出身。身長167cm。星座山羊座

来歴 編集

  • 出生地はドイツデュッセルドルフ
  • 物心がついたときからドイツに住んでおり、幼稚園の何年かと、小学1年生頃に日本にいたが、それ以外は18歳までドイツに住んでいた。
  • 両親は2人とも日本人。国籍は日本であるが、本籍地は不明。キリスト教徒であり、ミドルネームを持つ。
  • 日本語ドイツ語英語ラテン語スペイン語の5ヶ国語を話せるマルチリンガルだったが、その後、話せるのは日本語、ドイツ語、英語の3言語だけとなった。
  • 高校卒業後、家出同然で、スーツケース一つを持ってドイツから日本に来た(モバイル文化放送「話すか。」参照)。
  • 日本に来た最初の日は野宿したという。
  • 海外暮らしが長かったため日本語が7割ぐらいしか出来ておらず、正確な日本語を話せるようになるためと、声優になるのを兼ねてアミューズメントメディア総合学院の門を叩いた(津久井教生テンプレート:要出典)。
  • 同期には門脇舞以前野智昭、ひとつ上の先輩に羽多野渉がいる(羽多野は同じ事務所に所属)。
  • 2006年には声帯の手術を受けた。
  • 2007年、第1回声優アワードで新人男優賞を受賞。

特色 編集

主に少年や青年役を演じることが多い。主に『天元突破グレンラガン』のシモン、『鉄のラインバレル』の早瀬浩一、『FAIRY TAIL』のナツ・ドラグニルや『テイルズ オブ ハーツ』のシング・メテオライトのような熱血ヒーロー役を得意としている。それと並行して、『PRISM ARK』のハヤウェイ、『聖剣伝説4』のエルディや『ミュータント タートルズ』のレオナルドのように、所謂「戦うキャラクター」も数多く担当している。

一方で、『みなみけ』の藤岡や『花咲ける青少年』の寅之助・V・芳賀のような好青年なタイプ役、『ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-』のタチバナ・カズキのように激情と狂気に満ちた役柄や、『シャングリ・ラ』のメデューサのような冷徹な知能派役を演じることもある。『BLAZBLUE』のジン・キサラギ役に抜擢され、冷徹さ及び狂気じみた面を持つキャラも演じた。

マルチリンガルであることから、外国人や通訳のような役を演じることが度々ある。『魔法少女リリカルなのはA's』では、演じた3役のうち2役がドイツ語で受け答えするアームドデバイスの声であった。また、続編の『StrikerS』でも1人5役を担当した。『ドーラ』では、ドイツ語を話すヘンゼルを演じた。『天体戦士サンレッド』では、エラーでドイツ語しか発せなくなった状態のPちゃんを演じている。

人物像 編集

愛称・呼称 編集

パーソナリティを務める『PASH!でDASH! 月曜まで60分』では同じくパーソナリティの甲斐田ゆき(ナターシャ)に「とまちょふ」というあだ名を付けられ、以後定着しつつある。本人は、かなり気に入っている。

本人によると「かなりのシスコン」で妹が可愛くて仕方ないらしく常に心配している。また『鉄のラジオバレル』では、能登麻美子に「変態王子」「簡単王子」「シスコン王子」の称号を与えられる。この番組で、リスナーから「柿原さんは、変態なのかシスコンなのか」と質問された際に「シスコン系変態星人」と答えている。

東京アニメセンターRADIO』にて「かきてつ」という新しい呼び名が完成した。

文化放送・超A&Gサイトにて男前通信の第22代男前を襲名した。

趣味・特技・嗜好 編集

ドイツにいた頃も、両親の実家が日本にあるため、たびたび日本に帰国している。その時に日本で漫画を300冊ほど買い集め、船便でドイツにまとめて送っていた。妹の影響で少女漫画も愛読していた(本人によれば、良い作品なら何でも読む)など、子供の頃から日本のアニメや漫画に親しんでいた。それらの漫画はドイツの実家に全て置いてきたとのこと。漫画では『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、自身のブログでたびたび台詞などを使用する。またお笑い番組を良く見ているようで、その時に気に入っている芸人の芸を、ブログやラジオなどでたびたび話題にする。

世界規模の大会で応援する国は、スポーツによって分けている(サッカーならドイツ野球なら日本)。阪神タイガースのファンで同球団に所属していた赤星憲広選手の大ファン。音楽は両親の影響もあり、CHAGE and ASKAの大ファン。

特技はマジック社交ダンススノーボード。また血液型を覚えるのが得意で、声優業界の人の血液型をほぼ記憶する趣味を持つ。なお、自身の血液型は(RH-)ABという希少な型。

タワーハッカー(フリーフォール)と虫(特にゴキブリ)が苦手。

大食漢である。

ドイツ居住関連 編集

  • 16歳の時から酒を飲んでいた(本人によれば、飲まされていた)。なお、ドイツでは16歳から飲酒可能。修学旅行中の夜、部屋を抜け出して男女数名で海辺でビールを飲んでいたら、見回りの先生に怒られたとのこと。
  • ドイツ暮らしが長かったため、日本の習慣、祭事に疎く不思議がることがある。
  • 『PASH!でDASH! 月曜まで60分』で共にパーソナリティを務める甲斐田ゆきに、「あなた日本人じゃない」と言われることがある。
  • 「天元突破グレンラガンアニメムック座談会」ではアニメ『一休さん』を知らず、モデルとなった歴史上の人物の方を調べ語ったというエピソードが明かされた。そのため、同作品の有名な「ひとやすみ、ひとやすみ」のイントネーションも解っておらず四苦八苦したとのことである。

共演・交友関係 編集

同じ声優の井上麻里奈とは、『天元突破グレンラガン』、『みなみけ』、『テイルズ オブ ハーツ』などで互いに主要人物を演じていて、比較的共演回数が多い。

みなみけ』のオーディションは最初から藤岡役で受けに行ったが、保坂を見て「こっちも受けてみよう」と思って一応受ける。しかし保坂の強烈すぎるキャラクターと小野大輔のあまりの嵌りぶりに「やっぱこれ(保坂)は小野さんだ」と思ってすぐに諦めた[1]

声優仲間として羽多野渉佐藤雄大等と親交がある。また佐藤とは飲みに行ったり、家に呼んだりしている。佐藤によると、部屋は割と綺麗とのことである[2]

2つ年上である下野紘に対して、最初は敬語だったが、ある飲み会で「これからは俺達が頑張らなきゃいけないんだよ、下野くん」と肩を掴み、言った時から対等口が抜けず、今でも下野と話す時は対等口である[3]

杉田智和がおもしろがって時折ものまねをするが、本人は快く思っておらず、「(それは僕じゃなく)檜山さんじゃないですか」と反論している[4]。だが、『BLAZBLUE公式WEBラジオ”ぶるらじ”』第7回にゲスト出演の際、杉田本人に対して「あなたのものまね、嫌いじゃないぜ。俺認めてるから」と発言している。

テンプレート:要出典範囲

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

映画 編集

吹き替え 編集

ゲーム 編集

実写 編集

テレビ

DVD

映画

CM 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

ポッドキャスト 編集

インターネットテレビ 編集

CD 編集

ドラマCD 編集

BLCD 編集

  • あかないとびら(升岡/受け)
  • 彩おとこ(石川藍)
    • 彩おとこ〜兄弟篇〜(石川藍)
  • オマケの王子様(高塚理央/受け)
  • 少年花嫁 シリーズ(片倉優樹)
    • 星と桜の祭り〜少年花嫁2〜
    • 剣と水の舞い〜少年花嫁4〜
  • ウチの探偵知りませんか?(時雨/受け)
  • Angel's Feather from OVA(三ッ木響平)
  • おまえは、愛を食う獣。(一ノ瀬彗)
  • 恋の心に黒い羽(六条
  • 恋の花2(小山内生巳)
  • 執事★ゲーム(羅宇/受け)
  • 新説・源氏物語 -藤壺の章-(藤壺/受け)
  • 専属で愛して(佑夜/受け)
  • そのくちびるで惑わせて 虜にさせるキスをしよう2(兼田)
  • ちんつぶ2(生徒)
  • デキる男の育て方(佐々倉和葉/受け)
  • ハート・ストリングス(奥沢歩)
  • 蜜的男子(ハニーボーイズ)スパイラル(中西央)
  • 酷くしないで(眠傘/受け)
  • ひと目会ったら恋に花(田口)
  • ファインダーの標的(高羽秋仁)※BE-BOYGOLD 8月号付録
  • 放課後は独占欲(八重樫晃司/受け)
  • ほんと野獣 1 - 3(後藤田輝/受け)
  • 身代わり王子の純愛(ヒカル/受け)
  • やさしく殺して、僕の心を。
  • 私と猫と花の庭(石田司)

音楽CD 編集

キャラクターソング
  • Angel's Feather from OVA OPテーマ
    • 「ROCK STAR」(羽多野渉(中条優斗)vs柿原徹也(三ツ木響平))
  • 絶対迷宮グリム キャラクターコンセプトCD Vol.1「野イチゴを摘むあかずきん 〜ようこそ、グリム迷宮一座へ〜」
    • 「野イチゴを摘むあかずきん」(あかずきん)
  • 断罪のマリア キャラクターソングアルバム gran jubilee vol.3 天の揺り篭編
    • 「捧げられた生贄(サクリファイス)」(クラウス・エアハルト)
  • DEAR My SUN!!〜ムスコ★育成★狂騒曲〜 キャラクターソング&メッセージCD 雷斗ver.
  • テニスの王子様 キャラクターソング
    • 「dead or alive」(リリアデント・クラウザー)
  • 天元突破グレンラガン キャラクターソング
    • 「BREAK THROUGH THE DREAM」(シモン&カミナ(小西克幸))
  • FAIRY TAIL キャラクターソングコレクション Vol.1 ナツ&グレイ
    • 「Blaze Up」(ナツ)
  • ふしぎ星の☆ふたご姫 シリーズ(ブライト)
    • ふしぎ星の☆ふたご姫 プリンセスコレクション☆レイン
    • ふしぎ星の☆ふたご姫 プリンセスコレクション☆ファイン
    • ふしぎ星の☆ふたご姫 ふしぎ星の☆クリスマス
  • プリンセス・プリンセス キャラクターソング Sweet Suite vol.2
  • 放課後は白銀の調べ 〜琥珀の調べ〜 和泉悠斗
    • 「SILVER GRAY」(和泉悠斗)
  • 星空のコミックガーデン キャラクターソングCD Vol.1 POP Caramel
    • 「Starring in the dream」(カスティス恭一)
    • 「PUZZLE」(服部響(関俊彦)&カスティス恭一)
  • 星空のコミックガーデン 主題歌 「Day by Day / キラキラ〜Looking for my best Friends〜」
    • 「キラキラ〜Looking for my best Friends〜」(カスティス恭一)
  • みなみけ&みなみけ〜おかわり〜 キャラクターソングアルバム みなみけ びより
  • ラジオ・ラブルートゼロ fromラビリンス
    • 「約束するよ」(黒江和哉)
  • ラブルートゼロ ベストアルバム「君に捧げるコイゴコロ」
    • 「パーフェクトワールド」(黒江和哉)
  • ワンド オブ フォーチュン キャラクターソングミニアルバム
    • 「Blazing Guy」(ラギ・エル・ナギル)
    • 「ウラハラ協奏曲(ラプソディ)」(闇☆炎☆土(ノエル(鈴木千尋)、ラギ、エスト(入野自由)))
本人名義

ラジオ・トーク・朗読CD 編集

  • 愛のポエム付き言葉攻めCD 番外編 LOVERS III 〜愛と友情の間で苦悩するのも悪くない〜
  • ラジオCD 音泉突破グレンラガンラジオ 突破1
  • DJCD 鉄のラジオバレル コミケ出張盤
  • DJCD 鉄のラジオバレル Vol.1・2
  • DJCD『血液型男子。』BQラジオ 第1巻
  • 12人の優しい殺し屋「INTRODUCTION」(武内直樹)
  • 戦国武将物語〜大名編その弐〜(第三話「豊臣秀吉物語」)
  • 戦国武将物語外伝〜14の大名物語〜(豊臣秀吉物語外伝「信長様のために」)
  • DEARS 十二星座物語 Apollon Side(やぎ座)
  • でぃあーず せかいのものがたり〜青の本〜(第九話『幸福の王子』)
  • でぃあーず せかいのものがたり〜夢の本〜(第十七話『小さな空』)
  • ナタ☆とま〜PASH!でDASH!月曜まで60分〜
  • ナタ☆とま2〜PASH!でDASH!月曜まで60分〜
  • 続・ふしぎ工房症候群 EPISODE.7
  • プリンセス・プリンセス DJ・CD Vol.1・2
  • 身代わり伯爵ラジオCD「男子限定身代わりトーク」 ※コミック&文庫連動全員サービス
  • モモっとトーク・ダイジェストCD 12 モモっとトーク・ソワソワCD
  • らぶドル Radio Project(ナレーション)
  • ラブルートゼロ fromラビリンス@文化放送 パーソナリティ

その他 編集

携帯コンテンツ

  • 恋する私の王子様(渋谷庵理)
  • 恋人は同居人(西園寺裕次)
  • 12人の優しい殺し屋(武内直樹)

同人アニメ

ナレーション

その他の出演

  • アミューズメントメディア総合学院 広告(声優タレント科卒業生)

ディスコグラフィ 編集

ミニアルバム 編集

発売日タイトル規格品番
12010年11月24日still on JourneyLACA-35077(豪華盤)
LACA-15077(通常盤)

編集

  1. 『みなみけ』イベント内での発言
  2. ラジオ『12人の優しい殺し屋 side R』より
  3. RADIO『小宇宙通信』第2回にて
  4. ラジオ『12人の優しい殺し屋 side R』より

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。