Fandom


檜山 修之(ひやま のぶゆき、1967年8月25日 - )は、日本男性声優アーツビジョン所属。広島県廿日市市出身。

身長168cm。血液型A型星座おとめ座

代表作は『幽☆遊☆白書』の飛影、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のシロー・アマダ、 『勇者王ガオガイガー』の獅子王凱。悪役では『機動戦士ガンダムSEED』のムルタ・アズラエル[1]

来歴 編集

『月刊アニメディア』付録の声優辞典で、自ら広島の日赤病院で出生したことを述べている。

高校卒業後声優になるために上京したが、親に学費を出してもらえずオンボロアパートに住み込み新聞奨学生をしながら東京アナウンス学院日本ナレーション演技研究所といった声優の専門学校に通ったという。当時の様子は『.hack』シリーズのバルムンク役として浅野真澄の『RadioB』に出演した際(第9回ゲスト)の貧乏自慢で紹介されている。それによると、下積み時代は風呂なし・共同トイレの四畳半に住み、鍵は南京錠。その後も食費一日百円で、パン屋から早朝に出される廃棄用のパンの耳をめぐって野良犬と奪い合いしたりと苦労は絶えなかったが、檜山自身はそれが後の芸の肥やしになったと述懐している。また『.hack』ではほとんどのシリーズにバルムンク役で声をあてている。

特色 編集

デビュー当初は二枚目役で多数出演していたが、クールや熱血漢の他にも、『ママレード・ボーイ』で気の弱い男子・ウィルを担当した事がある。また近年では粘着質な三枚目役や太めの体格のキャラクターを演じる機会も多い。

ビデオ『ヴォイスアクター30 VOL2』によれば、デビュー作は短編映画『かいけつゾロリ』(1989年)のミイラ男役。勇者シリーズでは『勇者特急マイトガイン』(旋風寺舞人役)、本人も認める自分の看板作品である『勇者王ガオガイガー』(獅子王凱役)の2度に亘って主役を務めた。

『絶対正義ラブフェロモン』では、毎度性格の違う「某外道プロデューサー」顔の「いつもの」プロデューサー役を担当しており、この時に発した「バーツ!!」の台詞は本人に逆輸入されたという(『ラブフェロモン』公式サイトより)。

アニメ以外にも、東映製作の特撮テレビドラマや韓国ドラマ吹き替え、ゲームへの声あても行っている。また、『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮作品ではアウトロー系や、狂気を全面に出す悪役を担当する機会が多い。

2007年4月から9月末まで日曜朝8時30分枠で、テレビ東京系・ABCテレビ朝日系)の両作品ともにレギュラー(それぞれ『天元突破グレンラガン』(ヴィラル役)と『Yes! プリキュア5』(ギリンマ役))を務め、これによりキー局同士での重複の声あてを果たしている。

森川智之とのコンビで『おまえらのためだろ!』(このタイトルにちなんで通称「おまえらコンビ」、お前らーズとも呼ばれる)のイベントが年に何度か行われている(ただ、森川のファンクラブ主催イベントのため、檜山本人の地元で開催された事は未だ無く、関東や関西のホールを中心に行われている)。イベントのスケジュールは檜山には事後承諾の場合がほとんどである。2人が出演しているS.S.D.Sのイベントで森川が『おまえら〜』のイベントの日程を発表すると檜山は「初めて聞いた!」と驚いていた。また、このイベントの直前には必ずと言って良いほど、森川と共に『林原めぐみのTokyo Boogie Night』に出演もしくはメッセージ録音で登場するが、林原めぐみも『おまえらのためだろ!』でナレーション出演した事もある。

人物 編集

  • 容姿はヴァイオリニストの葉加瀬太郎に似ているといわれ、実際に森川智之三木眞一郎など他の声優からも指摘されている。ラジオ番組にて「自分の演じたキャラのファンの女の子が、自分の顔を見てショックを受けるのを想像するのが楽しい」と語っていた。
  • 本人曰く、自分が声を演じた役の中でヒーロー役の集大成は前述の獅子王凱、悪役の集大成は『機動戦士ガンダムSEED』のムルタ・アズラエルとの事。特に凱を含め『ガオガイガー』には思い入れが強く、『スーパーロボット大戦シリーズ』公式サイト内のインタビューにて、「ガオガイガーが入らずに何が入るんだっていう気もあった」と語っている。
  • 趣味はドライブ、城巡りといった歴史探求。城マニアで、『超!アニメロアワー 檜山・遠近阪口の俺たちの城 夏の陣』(2007年7月28日)において、3人で日本の城の話で盛り上がっていた。
  • どんな細かいボケも見逃さない凄腕のツッコミを入れる。
  • 森川智之と仲が良く、森川とは前述の『おまえら〜』のイベントのほか、タッグでラジオ番組を何度かやっている。この2人は主に美形キャラを演じる場合が多い。森川からは「ひーちゃん」と呼ばれている。
  • 公私共に親しい林原めぐみの話では檜山はいわゆる「鍋奉行」である。
  • 大の広島東洋カープファンで知られているが、広島市民球場にはここ15年以上は行っていない。パ・リーグでは千葉ロッテマリーンズを心情的に応援している(同発言は#17『檜山修之のあにめじ湯10月26日配信分から)。
  • 無類の好きで、晩酌の際には、例えば和食なら日本酒か焼酎など、料理の種類に合わせて酒の種類を変える。飲み仲間曰く、「酔うと普段以上に大声になる」との事。広島弁が出るためとも思われる(発言は『〜飯塚雅弓の月刊ラジオグランプリ〜 ともだち100人できるからっ♪』より)。森川智之と静かな雰囲気を楽しむバーに行った時は店員に注意されたという。また、酒好きにしては珍しく甘党。なお最近は控えておりその結果、以前より痩せた傾向にある。

エピソード 編集

  • 初主演でもある『勇者特急マイトガイン』に声をあてていた頃、役が大富豪であるにも関わらず、「演技が貧乏臭い」と指摘されていたという。
  • 頭文字D』ではスカイライン・R32GT-R使いの中里毅の役であったが、後年、中里主演のドラマCDのスタッフクレジットで檜山は「もし『頭文字D』をもっと早く知っていたらR32GT-Rに乗っていたと思う」とコメントしている。
  • 職業柄、アーティスト声優のCDサンプルを良く貰うため、趣味でその声優本人のサインを必ず貰っている。本人曰く、自宅に多数所持しているとの事。
  • 車上荒らしに遭った事があるという。
  • ラーメンが好物で業界でも無類のラーメン通であるが、本人いわく一番好きな麺類はうどんである『潮風放送局〜みなとらじお!』(49回ゲスト)より。
  • 高校時代は放送部に在籍していた。
  • 『幽☆遊☆白書』で声を演じた飛影のセリフ数が他のキャラよりもずっと少ないため(一言、二言の時もあったという)佐々木望をはじめとする、ほかのレギュラー陣から「給料泥棒」とからかわれていた(セリフ数に関わらずギャラは同額のため)という。当時、無口な役を担当する機会が多かった緑川光のラジオ番組にゲスト出演した時に、2人で「喋らない役の苦労」を語り合っていた。また、若き日の失敗談として、口数の少ない飛影が良く喋る回(珍しく出番が多い日)の収録で遅刻した事がある。
  • 『幽☆遊☆白書』で初めてキャラクターソングを歌ったが、最初歌った歌は上手いといえるレベルではなかった。しかし、回を重ねてゆくごとにスタッフやデュエットをした緒方恵美が驚くほど、急速な上達をしていったという。その事について本人は「もの凄い音痴が人並みの音痴になっただけ。」と語っていた。
  • 愛用車はアコードワゴン。以前、愛用車遍歴は[スズキ・カルタス→日産・ステージア→ホンダ・アコードワゴン]と記載されていたが本人自ら否定している(モモっとトーク第48回より)。
  • スーパーロボット大戦Z』では自身が声を演じた参戦作品の主人公すら出ないにも関わらず、敵一般兵役で声を演じている。寺田貴信プロデューサーによれば、これは本人から希望したとの事。また自身もハーケン・ブロウニング役で出演している『無限のフロンティアEXCEED』公式サイトで「声優界で緑川光の次にスパロボ作品をやりこんでいる」とコメントしている。
  • 代表作『勇者王ガオガイガー』から、ファンの中では彼が声を演じる役を「僕らの○○王」(○○は役柄に合わせた漢字2文字)と呼ぶ事がある。
  • 現在は、仕事をする傍らで声優の専門学校や養成所などで、自らが講師として後進の育成も手掛けている。
  • ゲーム『テイルズ オブ リバース』で声を演じた主人公ヴェイグがクール系なため喜んでいたものの、後々の予約特典ドラマなどでヒロインの名前を無駄に叫ぶだけのネタキャラな面が増え、扱いもひどいことにやや怒っていた。
  • 真・恋姫†無双』に出演した際、話が佳境になるにつれてキャストが増え、最終話で58人となったため、スタジオの階段で出番待ちをする羽目になった。

出演作品 編集

※主役・ヒーロー・メインキャラクターは太字

テレビアニメ 編集

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

特撮 編集

実写 編集

  • BLEACH SOUL SONIC 2005 "夏"
  • テニプリフェスタ2009

ラジオ 編集

ドラマCD 編集

CMナレーション 編集

その他 編集

脚注 編集

[ヘルプ]

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。