Fandom


テンプレート:Notice テンプレート:声優 水橋 かおり(みずはし かおり、1974年8月28日 – )は日本女性声優アーツビジョン所属。北海道札幌市出身。 血液型O型身長150cm

人物 編集

経歴 編集

北海道札幌市出身。

小さな頃より本を音読することを好み、特に「」の部分を読むのが好きで、国語の授業の本読みでは「」の部分が回ってくると妙に張り切る子供であった[1]

中学生のときに、声優という職業を知り、以後声優を志すようになる。同級生によると、特に目立つ生徒ではなかったが、「自分は将来、絶対に声優か、アニメーターになる。」という強い意思を持っていた。

1992年08月、アニメディアアニメV主催の、声優・アニメ歌手志望者のコンテスト、「DRACON’92」において、グループでの参加が多い中、単独で応募をし、準グランプリを獲得。

地元の高校を卒業後、単身上京。ゲームセンターでアナウンスなどの仕事をする傍ら、俳協ボイスアクターズスタジオ日本ナレーション演技研究所を経て、アーツビジョンに所属。

デビュー作は1996年03月25日発売のドラマCD『ワルキューレの伝説 外伝 ローザの冒険』。この時はまだ、アーツビジョン新人女性声優ユニット「フェアリーズ」の一人だった。

同1996年、PC-FXゲーム『ファイヤーウーマン纏組』公開オーディションに柊由宇役で名を連ねるも、結果は不合格(同役の合格者は高木礼子)。デビューから97年までは、こうした端役を取るか取れないかという状況が続いた。

ファンに事実上のデビュー作と認識されているのは1998年に発売されたゲーム『ファーストKiss☆物語』。また同年には『村越正海の爆釣日本列島』、翌99年には『リトル・ウィッチ パルフェ 〜黒猫印の魔法屋さん〜』にも声をあてた。

2001年には『魔法少女猫たると』でアニメファンにも知られるようになり、同年のNHKアニメ『カスミン』で主役の春野カスミ役で一気に全国区の知名度を得る。以後、多数のアニメ・ゲーム等に声をあてている。

2000年代後半に入ってからは、同じ作品の中で複数の役を担当することが度々ある(『ARIA The ANIMATIONシリーズ』、『キミキス pure rouge』、『我が家のお稲荷さま。』等)。

特色 編集

デビュー当初は天真爛漫な少女・芯の強い役柄・元気な少女を演じることが多かったが、近年では『我が家のお稲荷さま。』の六瓢のような冷静な役柄、『クイーンズブレイド 流浪の戦士』のエリナのような傲慢な役柄、『ふしぎ星の☆ふたご姫』のアルテッサのような利口タイプを演じる機会も多い。また、『魔界戦記ディスガイア』のラハールのような荒々しいキャラクターを演じることもある。中学生ぐらいまでの幼い感じの女の子の役が多いが、時折少年役も担当している。

カスミン』、『ひだまりスケッチ』など、作中でアドリブによる即興で作った歌を歌う、などの妙技を見せることがある。

イラストを得意とし、本人運営のウェブサイト『みずはしの小屋』や、『キディ・グレイド』のアイキャッチ(3話)、『リリカルなのは』シリーズのイベント等でその腕前を披露している。また、荻上千佳役を担当している『げんしけん』のコミック9巻(特装版)付録の同人誌では漫画・アニメ・ゲーム界の錚々たる面々に混じって漫画に挑戦している。

人物 編集

みずはっしー、カオリーヌ、ミズハス[2]などの愛称で呼ばれることがある。基本的にどんな呼び名でも嫌がらないが、「かおりちゃん」だけは異常なまでに嫌悪を示す。

またドール収集を趣味とし、自身のブログ上でファンよりプレゼントされたり、自分でカスタマイズしたりしたドールの写真を公開している。

演じる作品やキャラクターに対して深く考察し、理解しようとするタイプで、作品へのコメントやスタッフとの対談の中で、その一端を見せることがある。

エピソード 編集

テンプレート:雑多な内容の箇条書き

  • 林原めぐみを「密かな憧れの方」と語っている。他にも小林賢太郎桜玉吉小山田圭吾山本正之のファン。熱烈な阪神タイガースファンでもある。
  • 坂本龍馬の人形を「龍馬先生」と呼んで大切にしている。つらいとき龍馬先生の背中についたひもを引くと、内蔵されたレコードで励ましてくれたという[3]
  • 好きなものは特撮(『帰ってきたウルトラマン』を「新マン」と呼べるほど)(好きな宇宙人は、『ウルトラセブン』の『チブル星人』)(ひだまりスケッチで共演している阿澄佳奈に『太陽戦隊サンバルカン』ポーズを教えていた。)、ガンダム(『ファーストガンダム』世代)、女の子の人形(ジェニーリカちゃん)など。人形に至っては服はメーカーから出ているような子供向けのデザインは好まず、実際に着られるような精巧なデザインを好んでいるという(『キミキス』でクラスメイトキャラを担当している野川さくらとも、お互い玩具好きが昂じて『部長』と呼ばれる関係になっている。)。
  • やり込み要素のあるゲームが好きで、過去に『アストロノーカ』と『タクティクスオウガ』は何年にも渡って遊んだと語る。ゲームに使われた音楽がラジオ番組内で使用された際、的確に言い当てたのでスタッフが喜んだという[4]
  • たんけんぼくのまち』のファンであり、『ひだまりスケッチ』でチョーと共演出来る事を喜んでいた。
  • キディ・グレイド』のアフレコ時、飴をかじった際に差し歯が外れてしまい、止む無く中断して歯医者に行ったことがあり、「五年経っていても、まだディレクターから言われる」と語る。
  • 初期のラジオ番組から毒舌ぶりを発揮しており、最近ではKAT-TUN好きな広橋涼を前にして「またメンバー減るよ」と発言した[5]
  • 日頃から喉のケアの為にマスク(立体マスク)を愛用しているが、SARS騒ぎが収束した頃、女子高生に「今更かよ」「気にしすぎだよアイツ」と指をさされたことがある[6]
  • ひぐらしのなく頃に』のファンであり、2005年10月にかねてから希望していた竜騎士07との対談を実現させた。後に彼女自身もゲーム機版『ひぐらしのなく頃に祭』にゲストとして声の出演(公由夏美役)をした。
  • 2005年ごろより[7]、テレビをほとんど見ていない。テレビ自体はあるがアンテナ線を繋いでいないため[8]。このため、出演作もオンエアでは見ていない。時事情報は人伝てや吊り広告からが多く、旬の話題などに疎いことがある。後藤邑子の「2008年はオリンピックが中止になる」というエイプリルフールの嘘に、「今年ってオリンピック・イヤーなんだ」と若干ずれた驚きを感じたことを明らかにした[9]
  • 高校時代、MSX規格の家庭用パソコンでコンピューターゲーム製作の為のプログラミングの勉強をしていた経験がある[10]
  • 本人は父親似である模様。『君のぞラジオPresents アカネマニアックスアニメ化記念ツアー 次女の奇妙な冒険』についてアージュスタッフは『次女、茜役の水橋かおりのご両親と会った君のぞファミリーとアージュスタッフは、あまりにクリソツなお父様をかおり嬢と間違え、馴れ馴れしく声をかけそうになったという。』と回想している。[11]

主な出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

OVA 編集

1999年

2000年

2002年

2004年

2005年

  • ストラトス・フォー アドヴァンス(青木霧子)

2006年

  • カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!(ロゼッタ・パッセル
  • カレイドスター Legend of phoenix 〜レイラ・ハミルトン物語〜(ロゼッタ・パッセル)
  • げんしけん荻上千佳
  • ストラトス・フォー アドヴァンス 完結編(青木霧子)
  • HELLSING OVA SERIES(インテグラ(少女時代))

2007年

2008年

2009年

2010年

劇場版アニメ 編集

2005年

2010年

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

1996年

1997年

  • 伸縮対戦 It's a のに~!(どな、チチ、キャプテン・ゴールド)
  • ポリコギャル(亜矢)

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

今後発売予定

ラジオ 編集

CD 編集

ドラマCD 編集

音楽CD 編集

  • We Are* Piece of Peace Vol.3「ラブ☆ラブパレード」(神明菊菜)
  • カレイドスター キャラクターヴォーカルアルバム〜みんなのすごいキャラソン(ロゼッタ・パッセル)
  • キディ・ガーランド キャラクターソング Vol.8 ゾマ&イヴェール(イヴェール)
  • キミキス シリーズ(里仲なるみ)
    • キミキス Vocal Collection
    • キミキス pure rouge キャラクターソングアルバム
  • 金色のコルダ3 シリーズ(水嶋悠人)
    • プロローグCD 金色のコルダ3 〜はじまりの夏〜
    • 金色のコルダ3 〜熱き心の調べよ〜
    • 金色のコルダ3 〜旋律は深く甘美く〜
  • バカとテストと召喚獣 キャラクターソングミニアルバム(島田美波)
  • beginning(栗林みな実)/c/w「ありがと…」(涼宮茜)
  • ひだまりスケッチ シリーズ(宮子)
  • ふしぎ星の☆ふたご姫 シリーズ(アルテッサ)
    • ふしぎ星の☆クリスマス
    • ベスト!ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! ミュージックレッスン卒業スペシャル
  • 双恋 シリーズ(白鐘沙羅)
    • 双恋 キャラクターソングシリーズ #3「ユメでしょウソでしょ?」
    • FU・WA・RI告白!
    • 恋泥棒ごっこ
    • 双恋 Best Vocal Album 14×2
  • PRISM ARK PRIVATE SONG Vol.3「My sweet time」(フェル)
  • 我が家のお稲荷さま。 天狐幻術 歌曲集(六瓢)

吹き替え 編集

その他 編集

出典 編集

  1. 月刊コンプティーク」連載『水橋かおりの「はたらく水橋さん」』最終回(2005年2月号)
  2. 名付け親は阿澄佳奈
  3. ナムコより1985年に発売された「はげまし人形 龍馬くん」だと思われる
  4. 『ひだまりラジオ×365』より
  5. かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#01
  6. 『かおりと涼のキミキス チューニングポップ♪』#02
  7. ひだまりラジオ』『ひだまりラジオ 残りごはん』第2回 (2007年1月) で「2年」、『バカとテストと召喚獣』DVD/BD第2巻オーディオコメンタリー (2010年5月) で「5年」
  8. ひだまりラジオ 残りごはん』第2回。経緯もこの中で語られた
  9. 『ひだまりラジオ×365』第4回
  10. 君のぞらじお 〜Next Season〜』第30回
  11. Ageファンクラブ会報「アゲくのはて vol.17」
  12. 隠しキャラのネタバレ防止のためか、エンディングのクレジットには「女の子A」と表記されていた。
  13. 13.0 13.1 複数の声優からの選択が可能
  14. 追加コンテンツの第2弾で追加される
  15. 15.0 15.1 15.2 15.3 15.4 15.5 追加DLデータで追加される

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:アーツビジョンko:미즈하시 가오리 zh:水橋香織

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。