Fandom


浅野 真澄(あさの ますみ、本名同じ、1977年8月25日 - )は日本女性声優童話作家作詞家青二プロダクション所属(執筆・創作活動は「あさのますみ」名義によるフリー活動)。愛称はますみん

秋田県能代市出身。國學院大學文学部日本文学科卒。身長163cm。血液型O型。3人兄弟で、浅野自身は一番上(が2人)。

経歴 編集

人物像 編集

  • 秋田県能代市出身で、10歳の時に埼玉県三郷市内に引っ越した。
  • 躾の厳しい家庭で生まれ育ち、子供のころは親の教育方針によって漫画やテレビが大きく制限され、後に制限がなくなってからもほとんどテレビを見ない[6]。アニメや声優にも詳しくなく、声優オーディションへの応募理由は、オーディションが合宿形式だったために友達に誘われて旅行気分で参加したというものだった[7]。 両親には子供の頃から「演劇の道だけは絶対に進むな」と釘を刺されていたという。実は浅野の両親も若い頃、演劇の道を志しており俳優の養成所で知り合ったのを機に結婚したという。自分たちが一度は目指しかけていた世界なだけあって過酷さや辛さをよく知っていたので、娘に芝居だけはさせたくないと思っていた。
  • 本を多く読み、小学校1年から高校3年まで毎年、読書感想文で賞を取っていた[8]
  • 浅野自身の座右の銘は「やまない雨はない」などがあげられる。

容姿 編集

  • 身長163cm、小学生のときにすでに160cm以上あった[9]
  • 瞳の色が薄茶色であるが、これは祖父からの遺伝によるもの。
  • 胸は大きく[10]、肌は白くきれい[11]だと評されている。

貧乏・金銭 編集

  • 生家が貧しかったため、ラジオでは貧乏ネタを多く語り、『RadioB』ではコーナーにもなっていた。
  • 大学の費用が捻出できないため[12]、高校時代は大学の奨学金を得るために過ごし[13]、内申書を良くするために無遅刻・無欠席・無早退だった[14]。そして大学からの給付と日本育英会からの貸与を受け、國學院大學を卒業。奨学金は30歳までの完済を目標に返済を進め、2007年8月の誕生日目前に約500万円を完済した[15]

活動内容 編集

声優 編集

幼女から少女、大人の女性までをおもに演じている。 子供のころにテレビが大きく制限された中、わずかに許されていた国外制作のホームドラマや映画を見て育ったため、吹き替えへの意欲も高い[1]

これが私の御主人様』の沢渡いずみ、『テイルズ オブ レジェンディア』のクロエ・ヴァレンス、『モノクロームファクター』の鈴野綾のような「同性に好かれる女性」を演じることが良くある。

ラジオパーソナリティ 編集

2002年に『RadioB』と後身番組『.hack//Radio 綾子・真澄のすみすみナイト』のパーソナリティを務め、特に後者において大きな人気を得て、文化放送 アニメ&ゲームゾーンで聴取率第1位となった。『.hack//Radio』終了後、同番組スタッフを中心に新番組が企画され[16]2003年に『浅野真澄のスパラジ!』が開始された。『スパラジ』でも同様に人気を得て、文化放送アニメ&ゲームゾーンの看板番組として『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』へと発展。同番組を元に、2007年、第1回声優アワードにおいてベストパーソナリティ賞を受賞した。

初めて意識して聞いた番組は『宮村優子の直球で行こう!』で、そのトークスタイルに大きく影響を受けた[17]。「歯に衣着せぬマイペーストーク」が人気だが[18]、一方で暴言を発した後で「いい意味で」とフォローを入れることが多い[19]

歌手・ユニット 編集

2003年にミニアルバム『nostalgia』でオリジナルCDデビュー。2005年にフルアルバム『happyend』を発売。作詞にも意欲があり、『nostalgia』で全6曲、『happyend』で8曲を作詞した。『happyend』では、浅野がファンであるROCOから表題曲「happyend」と「散歩道」の楽曲提供を受けた。

声優になる前の大学1年のときには、作曲家の大川茂伸とバンドを結成し、数か月間活動していた[20]。その後も交友は続き、2007年時点で最も長い付き合いの友人だという[21]。『nostalgia』で全6曲、『happyend』で2曲を大川が作編曲した。

自身の名義以外では、出演作品などのキャラクターソングや企画ユニットが多数あり、活動や話題が多いものには以下のものがある。

Kirakira☆メロディ学園
1期生として1999年4月から2001年3月まで活動。浅野のメジャー活動としてはこれがデビューである。この話題は本人にとって触れてほしくない過去であるとラジオで公言しているが[22]、一方で自らその事をネタにする場合が多い。
Jeminy! Jeans Rice!(ジェミニー ジーンズ ライス)
1999年にMBSラジオ森久保祥太郎と福井裕佳梨のトテカンラジオ』内のオーディションに合格し、森久保祥太郎福井裕佳梨とともに結成。この番組で構成作家諏訪勝に「荒鷲」のあだなを付けられ[23]、主に岩田光央が使う[24]
ガンダムガールズ
2002年にゲーム『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』に出演した声優、那須めぐみ早川由佳子仁後真耶子永山奈々富岡由紀子と結成、浅野はリーダーを務めた。主な活動は同作のサウンドトラックCDに収録された2曲を歌ったのと、イベントなどだけだったが、ガンダムの著名性から度々話題にされる。
milk rings(ミルク リングス)
2003年にラジオ『浅野真澄のスパラジ!』内の歌唱コーナーで、共にパーソナリティを務めた鷲崎健と結成。浅野が作詞、鷲崎が作曲して、同番組と後身番組『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』のテーマソングを歌う。このほか、『happyend』でも2曲を鷲崎が作曲した。名前のmilk ringsとは乳輪の直訳で、浅野の乳輪がシングルCDサイズ(8cm)であるという番組内のネタに由来する[25]
Aice5(アイス)
2005年10月堀江由衣が友人4人を集めて結成したユニットで、神田朱未たかはし智秋木村まどかとともに参加。2007年9月まで活動した。ユニット内では「参謀」のようなポジションで様々な企画を立案しており[26]、アルバム『Love Aice5』における、裸で布をまとうように見える写真[27]やメンバー各自での作詞[28]は浅野の発案によるものである。趣味の一眼レフカメラを生かし、ムックの出版を目指して、その時点では具体的な予定は全くないのにメンバーの写真を撮影していたが、解散時に発売された写真集『Aice5メモリアルフォトブック〜recollection』に収録される形で実現した。

執筆・創作 編集

子供のころから童話作家や作詞家にあこがれ、大学生のときは雑誌記者を目指して就職活動していた[7]

2005年にエッセイ集『ひだまりゼリー』を発売。子供のころや家族のことなど、プライベートな話をつづった。
同書のエピソード『おりがみ』が、上宮太子中学校入学試験問題に採用された[29]

絵本を多く読む中で童話執筆を思い立ち、初めての作品となる『ちいさなボタン、プッチ』を創作。2007年小学館おひさま』主催、第13回おひさま大賞において童話部門最優秀賞を受賞した[3]

2009年には角川の児童向け新レーベル角川つばさ文庫より、小説としての処女作となる『ウルは空色魔女① はじめての魔法クッキー』を出版。

作詞では前述の自身で歌うもののほか、提供も行っている(後述)。

エピソード 編集

  • 2003年から「アビちゃん」というオカメインコを飼っている。名前は好きだった絵本の登場人物の名前から取った。
  • 毎年4月1日には手の込んだエイプリルフールメールを送信していた。
  • 本多陽子ヨーダというニックネームを付けたが、これは陽子の「よう」と本多の「だ」を掛け合わせた物で『スターウォーズ』のヨーダが由来であるが、本人は『スターウォーズ』を見たことが無いとのことである。
  • 子供の頃のニックネームはあさり[30]
  • が男子校に通っていたこともあり、男子校に対して非常に良い印象をもっている。男子校の保健医になり、雨にぬれた生徒がアパートに訪れ「先生、オレ来ちゃったよ…」というシチュエーションの妄想がお気に入り。なおこの妄想には続きがあり、コーヒーをいれたあと生徒に濡れたまま後ろから抱きつかれるが葛藤しながらも何もせず返し無垢な男子学生に初恋の人として永遠を刻む。『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』でこの妄想がドラマコーナー化された。『.hack//Radio綾子・真澄のすみすみナイト』の時にもこの事を語った事があったが、川澄綾子に「テレビの見過ぎじゃないの?」と突っ込まれた。
  • 2005年は「モテる」がテーマで、年間に約50冊のいわゆるモテ本を読んでいた[31]
  • 「おひさま大賞」受賞後、絵本作家のきむらゆういちが顧問を務める、創作絵本の教室『ゆうゆう絵本講座』に約半年間通い絵本のことを学んだ。[32]

出演作品 編集

※ 主役・メインキャラクターは太字

テレビアニメ 編集

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

OVA 編集

2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2008年
2009年
2010年

劇場版アニメ 編集

2006年
2007年
2010年

ゲーム 編集

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

ドラマCD 編集

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

吹き替え 編集

※ 発表年は吹き替え版のもの

未分類
2004
2005
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

ラジオ 編集

終了したラジオ 編集

ラジオドラマ

CD 編集

milk ringsAice5の作品はそれぞれの記事を参照。

オリジナル
Jeminy! Jeans Rice!(福井裕佳梨・森久保祥太郎・浅野真澄)
  • 神様お願い(シングル、1999年、ファーストスマイルエンタテインメント)
キャラクターソング

※ 曲名/キャラクター名(収録CD)

その他 編集

あさのますみ名義 編集

童話・小説 編集

  • 童話
    • 「はるって、どんなもの?」(「おひさま」15周年記念スペシャルよみきり。小学館おひさま』2009年12月号掲載。)
  • 小説
    • 「ウルは空色魔女 (1) はじめての魔法マジカルクッキー」(2009年3月3日、角川つばさ文庫。)
    • 「ウルは空色魔女 (2) なつやすみは魔法マジカルクレープ!」(2010年3月15日、角川つばさ文庫。)
  • 絵本
    • 「ぼくんちに、マツイヒデキ!?」(2009年5月15日、学研おはなし絵本。)全国学校図書館協議会選定図書認定
    • 「ちいさなボタン、プッチ」(2010年6月28日、おひさまのほん。)第13回おひさま大賞童話部門最優秀賞、受賞作。

作詞提供 編集

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 1.0 1.1 1.2 本人サイト内「声優、浅野真澄に100の質問」。
  2. 浅野真澄のスパラジ!』第3回、BSQR489、2003年7月11日放送。
  3. 3.0 3.1 第13回おひさま大賞
  4. 本人ブログ2007年11月5日[1]
  5. 声優が所属事務所を移籍することはよくあるのだが、この浅野のようなアーツビジョンから青二プロに移籍するというケースは極めて珍しい。
  6. 本人ブログ2007年10月14日[2]
  7. 7.0 7.1 本人サイト内「お仕事に関する質問」。
  8. .hack//Radio 』第19回、文化放送2002年8月18日放送。
  9. 本人日記2005年6月15日[3]
  10. 松風雅也による評 - 『浅野真澄・鷲崎健のスパラジ!』第2回、2004年1月23日放送。伊藤静による評 - 『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』第164回、文化放送、2007年5月19日放送。小清水亜美による評 - 『ChaosTCG おれよめラジオ』第60回。
  11. 植田佳奈清水香里による評 - 『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』第7回、ラジオ関西2007年11月17日放送。鷲崎健による評 - 『アニスパ』第182回、2007年9月22日放送。
  12. 本人ブログ2007年6月17日[4]
  13. 本人ブログ2007年10月20日[5]
  14. 真澄・良子のかしましらじおPC』第2回、『バンダイビジュアルPodcast2006年1月5日配信。
  15. 『アニスパ』第178回、2007年8月25日放送。
  16. 本人日記2003年6月13日[6]
  17. 本人日記2003年9月5日[7]
  18. 第1回「声優アワード」の授賞式が開催」 Impress Watch2007年3月3日
  19. 鷲崎によれば「浅野さんの口癖」。『アニスパ』第169回、2007年6月23日放送。
  20. 浅野真澄 Profile.
  21. 本人ブログ2007年11月20日[8]
  22. 『アニスパ』第126回、2006年8月26日放送。
  23. 『アニスパ』第7回、2004年5月15日放送。
  24. 浅野によれば、使うのは岩田だけだという。『うた∽かた 夏・メモリー』第1回、ラジオ大阪2004年8月8日放送。その他の使用例にアニメイトTV2004年7月1日記事など。
  25. 『浅野真澄・鷲崎健のスパラジ!』第3回、2004年2月6日放送。
  26. 堀江による評。『アニスパ』第180回、2007年9月8日放送。
  27. 『アニスパ』第148回、2007年1月27日放送。
  28. 『アニスパ』第149回、2007年2月3日放送。
  29. 本人ブログ2009年6月3日[9]、本人Twitter2010年5月28日[10]
  30. 浅野の苗字が発展して「あさり」になった(Aice5のQ&AコーナーQ.426より。2007年5月12日)。
  31. 浅野真澄・丸わかりインタヴュー!!」 エキサイト、2005年。
  32. ゆうゆう絵本講座、3期生[11]
  33. パーソナリティーの一人である朴璐美が休んだため、代役として出演。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。