Fandom


生天目 仁美(なばため ひとみ、本名同じ、1976年8月4日 - )は、日本女性声優神奈川県横浜市出身。出生地は新潟県佐渡市血液型B型干支は辰年、身長163cm。専門学校東京コンセルヴァトアール尚美(現在の尚美ミュージックカレッジ専門学校卒業

現在は賢プロダクションに所属。また劇団東京乾電池所属時代に女優としてテレビドラマや舞台などに出演している。

人物紹介 編集

来歴 編集

田村ゆかり堀江由衣浅川悠吉住梢などを輩出した『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』内で結成された『ドリカンクラブ』の一員であったが[1]、当時はさほど注目されずに終わり、その後は舞台を中心とした活動に移る

当初劇団東京乾電池所属の舞台女優として活動し、のちに賢プロダクションに移籍している。2003年養成所時代にテレビアニメ『真月譚 月姫』のヒロイン“アルクェイド”役と、テレビアニメ『まぶらほ』のヒロイン“宮間夕菜”役に抜擢されて以降は主に声優として活動している。

同じ事務所所属の伊藤静とのユニット『生天目仁美と伊藤静(ひとしずく)』としても活動。

特色 編集

幼女から成人女性・おっとり系・お嬢様・妖艶な女性・姉御肌的な女性・気が強い女性・男勝りの女性など、様々なタイプのキャラクターの声を演じている。

声をあてるアニメは、子供向けや一般向けの作品よりも、比較的深夜アニメなどといったマニア向けの作品が多い。

人物 編集

  • 好きな言葉は「冬は必ず春となる」 [2]
  • 家族構成は両親との4人。
  • 現在は川澄綾子と同じく東京ヤクルトスワローズファン。プロ野球aiを購読していたことがある(ラジオ トータル・イクリプス2009年6月14日放送分での本人の発言より)。また中学生時代は、ソフトボール部に所属していた(セキレイらじお~Pure Engagement~、第十回ゲストでの発言より)。
  • 生天目の母親は、時々まんまるまる姫というペンネームを使って自分の娘の番組に娘への苦情を投稿したり、娘の番組に乱入しては良く喋り良くボケまくる所から、今ではファンからも「まる姫」と呼ばれている。

愛称 編集

主になばまたはなばっちと呼ばれている。そのほか、歌手でラジオパーソナリティーの鷲崎健からはばたやんとも呼ばれる。また、コヨーテ等で共演した安元洋貴からはバティー(サッカー選手:ガブリエル・バティストゥータの愛称)と呼ばれる。また彼女のデビュー作で主演を務めた鈴村健一からはナビィと、命名された。

逸話 編集

  • 2003年TBSアニメフェスタ初日にて『真月譚 月姫』の担当声優の発表が行われた時には、同作のヒロイン・アルクェイド役に当時無名だった生天目の起用に驚きの声が上がるも、イベント二日目には早くもファンコールが起こる。同時期に開始されたTVアニメ『まぶらほ』のヒロイン・宮間夕菜役にも抜擢され、遅咲きながら大ブレイクへの道を突き進む事となった。なお、『まぶらほ』の初回アフレコ後、舞台とアフレコのギャップが埋め合わせできず帰りの電車で一人涙を流していたという。
  • 『スクールランブル 二学期』DVD第4巻の映像特典「清水香里のスクラン☆オフ会」の出演時、将来の夢を「長野で駄菓子屋をやりたい」と表明。さらに、その駄菓子屋に自分の孫たちが多数来店することを楽しみにしていて、その前提として出産(しかも多数)の願望が、さらにその前提としてまず結婚の願望があるとのこと[3]
  • 生天目仁美のお陽さまとおさんぽ』第48回(2006年12月14日配信分)では、「一年間ご苦労様忘年会」と称してスパークリングワイン(スプマンテ)を飲みかわしながらの放送となった。が、当の生天目本人はコップ3cm飲んだだけで本当に酔っ払ってしまい、放送終了まで「呂律が回らない」、「艶めかしい声を所々あげて」な収録となってしまった[4]
  • ハヤテのごとく!』第41話 - 42話では「桂姉妹の執事通信」の題字・イラスト(第41話のみ)も担当している。
  • 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』第二奏のエンディングスタッフロールに「生田目仁美」と誤記されている。

インターネットラジオ『開運☆野望神社』でのエピソード 編集

  • とらのあな公式サイトで公開。同じ事務所の年下にして先輩の伊藤静と共に出演している。
  • 第1期では生天目の幼少期の歌声が披露されて話題になった。
  • 第2期最終回では「あたし、牝になる!」と発言し。伊藤静の度肝を抜いた。
  • 第3期7回では佐渡の祖母の家に遊びに行っていたとき、いつものように佐渡の海で素潜りをしていたとき、偶々当時絶頂期だった光GENJIのロケ現場に遭遇して、大沢樹生から生天目へ松ぼっくりを投げられ拾おうとしたら追っかけに「大沢くんが落とした松ぼっくり!」と叫ばれ奪われたことを告白。
  • 第3期14回のなばいと童謡合戦にて能登麻美子への愛を童謡の替え歌で表現した。内容は下記の交友関係参照。
  • 第3期18回では「なばいと童謡合戦!」の罰ゲームで、東京消防庁池袋防災館で地震体験をする。関東大震災級の揺れの中なすすべなく絶叫し、地震が治まると、四つん這いで避難した。

交友関係 編集

テンプレート:未検証

  • 親しくなった年下の声優たちからタメ口を聞かれることが多い。7歳年下の清水香里からは「私はともかく、亜美(小清水亜美。生天目より10歳年下)にまでタメ口を聞かれるのはどうかと思う」と言われたことがある[5]
  • 主に同じ事務所のいのくちゆか伊藤静などと親交がある。
  • アニメ『苺ましまろ』で共演した川澄綾子千葉紗子折笠富美子能登麻美子と共に『ましまろ会』という親睦会を結成して親交を深めている。
  • 佐藤利奈下屋則子広橋涼とも「KAT-TUN会」なる親睦会も結成している(ホテルの一室を借り切って朝までKAT-TUNのライブDVDを鑑賞しながら語り合うもの)。この会には近々植田佳奈も加入する(植田のブログで語られている)。また、アニメプロデューサーの川瀬浩平伊平崇耶は、KAT-TUN会の面子を指して「軍団生天目」、生天目本人を指して「リーダー」と呼んでいる。
  • デビュー作となった『まぶらほ』を始めとして、最近では『ストロベリー・パニック』でも共演した中原麻衣とも仲を深めているが、当の生天目は「でもこれ以上近付くと愛ちゃん(清水愛)に怒られる(笑)」と『hm3 SPECAIL』の中原とのインタビューで語っている。
  • デビュー当時から世話になっている阪口大助千葉進歩等ともしばしば交流がある。
  • 本人不在のイベントで能登麻美子から「太陽な人」と想いを語られたことがある[6]
  • 大の同性好きだけあって、その相手への溺愛ぶりは尋常ではない所を見せ付ける事がしばしあり、関係者やファンからも度々ネタにされるほどである。
  • 下記には分類されないが、同じ事務所の先輩である斎賀みつきも好きだとブログで告白している。
伊藤静(通称「本妻」)
後述する生天目の愛人たちが相次いで出現した事に対して、『野望神社』でネタにされるうちに生天目と同じ事務所の腐れ縁的関係の伊藤はこの位置づけとなった。
能登麻美子(通称「愛人1号」)
能登の声を携帯の着信音にしたり、またネットラジオ内の替え歌で『大好き麻美子』と表現したりと、時と共にその溺愛ぶりはエスカレートしつつあり、こちらも能登を溺愛していると言われている川澄綾子からも呆れ果てられるほどである。
しかし、伊藤静と一緒にやっていたラジオ番組ではゲストの佐藤利奈にくっつこうとしたことがあり、伊藤静に「あんたには能登麻美子がいるでしょう!!」と叱責を受けたことがある。
最近では『DJCDマリア様がみてる』Vol.2内のコーナー「教えて、お姉さま」に出演した際、「スールにするなら」という質問に、黄薔薇さま役であるにもかかわらず(仮に順当だったら、伊藤が声を演じる「令」)、白薔薇ファミリーの「志摩子」と答え、その理由として「…麻美子だから」と答えている[7]。しかし、志摩子役の能登麻美子は、同じ質問に「聖様(佐藤 聖)」と答え、理由として「他の人は考えられない」と語っている。
清水香里(通称「愛人2号」)
スクールランブル』等で共演している縁からか、いつの間にかこのような扱いとなっている。
小清水亜美(通称「愛人3号」)
最近では各所で共演している小清水にも急接近し、その思い入れぶりは能登に対するそれに匹敵するものと化しつつある。小清水自身もブログで生天目を溺愛していることが垣間見られる。『無敵看板娘』のインターネットラジオの収録スタジオでは向かい合ってではなく、小清水と隣り合っている状態と語る。

なお、上記4名は全員『マリア様がみてる』にメインキャラクターで起用されている。

  • 乃木坂春香の秘密』で、自分が一人であるのに対し、声優ユニット『N's』の5人(植田佳奈、清水香里、佐藤利奈、後藤麻衣、特に能登麻美子)は一緒にいることに羨望を述べると、メンバーから「『N's』の5人はみんな生天目(なば)のものだよ。」と説得され、「これから、愛人を増やそう」と発言。このとき、その場に居合わせた喜多村英梨が「私も」と立候補したが、これは拒否した[8]

なば語録 編集

テンプレート:独自研究

明乃っちは私たちの体のアイドル
TVアニメ『まぶらほ』アフレコ現場での発言。
男なんていらないんだよ
TVアニメ化決定を記念して発売されたDVD『苺ましまろプロローグ』での発言。
静さんはね古女房
ネットラジオ『☆開運☆野望神社☆』で披露された童謡の替え歌の一節。
あたしは麻美子になりたいんだ
「おひさまとおさんぽ」発売記念イベントでの発言。

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

実写 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

CD 編集

生天目仁美名義 編集

ミニアルバム 編集
マキシシングル 編集
アルバム 編集
  • ピクニック(1stアルバム/2007年5月25日発売)
    1. おひさまとおさんぽ 作詞:生天目仁美 作曲:藤倉芹奈 編曲:原嘉朗
    2. 明日へ 作詞:大石孝次 作曲:大石孝次 編曲:原嘉朗
    3. ORANGE(※) 作詞:大石孝次 作曲:大石孝次 編曲:出田慎吾
    4. Meaning out of the end(※) 作詞:Spicy 作曲:Spicy 編曲:Spicy Group
    5. ピクニック(※) 作詞:生天目仁美 作曲:生天目仁美 編曲:出田慎吾
    6. トモダチ〜もうひとつの眼差し〜(☆)〔前作の続編〕 作詞:生天目仁美 作曲:松本尚樹 編曲:出田慎吾
    7. 夏の忘れ物 -Sea Breeze Mix- 作詞:大石孝次 作曲:大石孝次 編曲:原嘉朗
    8. Crescent Love Love〜月のなみだ〜(TVアニメ「夜明け前より瑠璃色な」のエンディングテーマ) 作詞:森由里子 作曲:岡崎雄二郎 編曲:岡崎雄二郎
    9. Monarc(※) 作詞:出田慎吾 作曲:出田慎吾 編曲:出田慎吾
    10. しあわせのかたち(※) 作詞:生天目仁美 作曲:岩瀬晴美 編曲:出田慎吾

※(※)新曲、(☆)新録

キャラクターソング 編集

  • Haif Moon vol.1 featuring 生天目仁美 「Palette」
  • Life〜Everyone has their own way of life
  • Charincoでゆこう
  • 未来へ☆ススメ
  • スクールランブル
    • スクールランブル コミックスイメージアルバム
      • スクールランブル コミックスイメージアルバムVol.1 塚本天満:(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
      • スクールランブル コミックスイメージアルバムVol.2 塚本八雲:(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
      • スクールランブル コミックスイメージアルバムVol.3 周防美琴:(周防美琴役でミニドラマなどに出演+ボーカル曲"The super girl has the super heart"収録)
      • スクールランブル コミックスイメージアルバムVol.4 沢近愛理:(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
    • スクールランブル 高野晶 イメージアルバム(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
    • スクールランブル 一条かれん イメージアルバム(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
    • スクールランブル サラ・アディエマス イメージアルバム(周防美琴役でミニドラマなどに出演+ボーカル曲"Loving you"収録)
    • スクールランブル 播磨拳児 イメージアルバム(周防美琴役でミニドラマなどに出演)
    • スクールランニング (スクールランブルミニドラマCD)(周防美琴役でミニドラマに出演+声優としてインタビューに回答など)
  • 学園天国(がくえんぱらだいす)Tr.4「肉球慕情」ぱにぽにだっしゅ!キャラクターボーカルアルバム)
  • PRISM ARK PRIVATE SONG Vol.2『ただ傍にいるだけで』(神楽)
  • 極上生徒会 キャラクターシングル Vol.1 執行部書記・蘭堂りの&会長・神宮司奏 「LOVE PLANET」(神宮司奏)
  • ハヤテのごとく!キャラクターCD9/桂雪路 starring 生天目仁美(桂雪路)

ドラマCD 編集

DVD 編集

  • Charincoでゆこう

その他 編集

  • フラッシュノベル New Space Order(イリーナ・スターレンス大尉)
  • とまどいビターチューン(姫宮みらんとチョコレートロッカーズ)
    • タイトル曲「とまどいビターチューン」はテレビアニメ『乃木坂春香の秘密』のOPテーマ曲。カップリング曲「あいまいハニービーンズ」はPS2ゲームソフト『乃木坂春香の秘密 こすぷれ、はじめました♥』OPテーマ曲。

注釈 編集

[ヘルプ]
  1. ちなみに『ドリカンクラブ』時代には、『生天目』が読みづらいという理由で『名畑目(なばため)』表記の芸名が用いられていた。
  2. 2003年12月の『開運☆野望神社』と、アニメイトTV WEB内『生天目仁美のお陽さまとおさんぽ』紹介ページより。ちなみにこの言葉は日蓮建治元年(1275年)5月に妙一尼御前に宛てた手紙「法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる」の一節から。
  3. 小学生の頃、すでに「16歳に結婚し17歳で最初の子を」との人生設計を語っていたらしい(これは実現できなかった)。
  4. この日の収録はスタッフも本人も了承の上でのものだったが、生天目の凄まじさ(酔っ払いぶり)に、「これは生天目仁美自らの立案です」「無理やり飲ませたんじゃありません」とスパイシーが番組中何度も繰り返して弁明をしていた。
  5. アニメ「スクールランブル二学期」Vol.4 DVD映像特典「清水香里のスクラン☆オフ会」より
  6. 苺ましまろ情報局第6回より。そのイベントに居合わせた番組リスナーからの報告があった。
  7. しかもパーソナリティの植田佳奈に「ごちそうさまです…」と言われていた。
  8. 『キタエリのケメコマニアックス!』第1回放送分より

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。