Fandom


田中 秀幸(たなか ひでゆき、1950年11月12日 - )は、日本俳優男性声優ナレーター青二プロダクション所属。東京都大田区出身。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻卒業

身長172cm、体重71kg。血液型B型。星座はさそり座

概要 編集

来歴 編集

5歳の頃にラジオドラマ番組における主役の一般公募に合格し、以来小学校在学の6年間収録に参加した。以降役者を志し、高校卒業後、短大で4年間演劇を勉強。

その後劇団青年座所属時代のテンプレート:要出典範囲。以来声の仕事を中心に携わるようになり、テレビアニメ洋画吹き替えナレーションなどで活躍を続ける。

1980年代から1990年代にかけては『キャプテン翼』、『タッチ』、『SLAM DUNK』など多数の少年アニメに出演する。また、神谷明堀秀行と同じ『週刊少年ジャンプ』の連載漫画のアニメ作品における常連の1人でもある。

特色 編集

主にティーンの青年や大人の男性を演じる一方で、冷徹な悪役やオカマ、老人声やギャグキャラクターも演じるなど演技の幅は広い。

またテレビアニメのナレーションを多く担当し、『聖闘士星矢』、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』、『スラムダンク』など、キャラクターとナレーターの両方を担当した作品も多い。アニメのみならず、『王様のブランチ』などを始めとする情報番組バラエティ番組でもナレーションを数多く手がけている。

小西克幸とは『ULTRAMAN』や『テイルズ オブ シンフォニア』ではライバル役で共演(前者は田中が主役で小西が悪役、後者は真逆)。

人物 編集

幼少時代は非常に口数が少なく、インタビュー等の質問に対しても、「はい」、「うん」と答える程度だった。演技の勉強を重ねる内に変わってきたと、話している。

好きな役のタイプには、2枚目よりもとても内向的で弱い人間で繊細でというキャラクターがあり、「自分が演じやすいんじゃないか」とも、話している。『Super! drama TV』でのインタビューにて、これまで吹き替えを担当した俳優の中で、本人はマイケル・ビーンが大変気に入っていると話している。

演技・発声においてはアニメ、洋画吹き替え、ナレーションとでは明確な違いを付けずに、感じたままに声を当てているという。これは本人曰く、「B型だから」とのことである。但しナレーションの場合、ジャンルやコーナーに合わせてメリハリを付けている。また演技をする上では、常に自分の感性を豊かにしておくということに気をつけているという。

銀河万丈とは二歳違いで、同じ誕生日

出演作品 編集

太字は主役・主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1974年

1976年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

ピアース・ブロスナン
マイケル・ビーン
ケヴィン・スペイシー
キーファー・サザーランド
  • ヤングガン2(ドク・スカーロック)(ビデオ版)
  • レネゲイズ
  • フラッシュバック
その他

テレビドラマ 編集

映画 編集

特撮 編集

ラジオ 編集

CD 編集

ビデオ 編集

ナレーション 編集

ラジオCM 編集

その他 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。