Fandom


磯部 弘(いそべ ひろし、1961年[1]10月25日 - )は、日本男性声優俳優ナレーター青二プロダクション所属。東京都出身。

代表作は『とっとこハム太郎』(春名ユメ太郎)、『テイルズ オブ シリーズ』(レイス(レイシス・フォーマルハウト))、『戦国無双』シリーズ(雑賀孫市)、『ウルトラマンガイア』からの平成ウルトラシリーズ(ナレーター)など。

経歴・人物 編集

かつては東京キッドブラザースに在籍しており柴田恭兵とのダブルキャスト等を務める。退団後、劇団IOHを設立。2006年に解散。ナレーションがメインだが、声優のほかにも長時間ドラマ作品や実写映画にも出演している。

テイルズ オブ ファンダム Vol.1のキャストコメントにて、好きなキャラクターに自身が声を担当したレイスであると語った。

プライベートでは、東京マラソンホノルルマラソンにフルマラソン枠で出場、サイクリング(ロードバイク)、ボクシング、マスターズ陸上などをこなす一面も兼ね備えている。

C型肝炎を患い、インターフェロン治療と仕事や激しいトレーニングを続けてC型肝炎ウイルスを排除していた。当初は副作用で仕事を辞めるケースがあったために治療を躊躇っていたという。その1年後に、治療中ながらも「東京マラソン2009」に参加するという、一般的に副作用の強い治療の中で、例外的なケースを出した。実は磯部のC型肝炎ウイルスの遺伝子タイプは日本人に少ないインターフェロンが効きやすいタイプのものであったようで、副作用の軽いベータインターフェロンと呼ばれる薬で治療していた。

磯部はマラソンにおいて、C型肝炎治療の副作用を恐れて治療を躊躇しないことをアピールの気持ちに込めて出場した。また、個人によるが副作用が殆どない症例もあるため、一度医師に相談するよう訴えた。マラソンの結果は手元の時計によると「第一回東京マラソン」よりも1分10数秒早い、3時間44秒10秒台を記録したという。走り切ってからは、2週間後に1年間の治療が終わるということである[1]

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

1996年
1999年
2000年
2003年
  • 犬夜叉(シャコ #ビデオ・DVD版)
2006年
2009年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

吹き替え 編集

ゲーム 編集

ドラマCD 編集

特撮 編集

ナレーション 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1  FNNニュース「東京マラソン2009」に参加したC型肝炎患者のランナーに密着しました。より

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。