Fandom


神田 朱未(かんだ あけみ、本名は同じ、1978年11月10日 - )は、日本女性声優青二プロダクション所属。愛知県名古屋市出身[1]名古屋市立山田高等学校卒業。青二塾東京校(19期生)卒業。

代表作は『ウルトラマニアック』(佐倉仁菜/ニナ・サクレイル)、『魔法先生ネギま!』シリーズ(神楽坂明日菜)、『ウィッチブレイド』(天羽梨穂子)、『となグラ!』(有坂香月)、『CLANNAD -クラナド-』(藤林椋)、『バトルスピリッツ 少年突破バシン』(メガネコ)などがある[2]

概要 編集

テンプレート:Trivia

特色 編集

幼女から大人の女性、物静かな女性、元気な女性、天真爛漫な女性、勝ち気な女性、少年役など、様々なタイプのキャラクターの声を演じている。

人物・交友関係 編集

  • 声優ユニットDROPS」「Aice5」のメンバーの1人。イメージカラーは「赤」[3]
  • 自分を動物に例えると信楽焼。好きな食べ物は、茄子日本舞踊などを趣味・特技に持つ。「リオ」という名の猫を飼っており、溺愛している[4]。愛称は朱ちゃんあけちゃん)、神ちゃん神田さんアケかんちカンチ[5]あけみんあけこなど多数存在するが、本人はあけちゃんと呼ばれることを望んでいる[6][7]
  • 堀江由衣と『ウルトラマニアック』で共演し、その関連で「Nina & Ayu」というユニットでCDもリリースしたことをきっかけに堀江と仲良くなり、2人で2004年2005年と2年連続で沖縄に旅行に行ったりしている[8]。特に堀江から神田への想いは強く、DROPSに憧れていた堀江がAice5を結成する時、神田をメンバーに引き入れたことからも伺うことが出来る。
  • 所属事務所の後輩である野中藍白石涼子とも以前のラジオ共演(『スタチャ情報発信番組 ホレぼれ。』や『ESアワー ラジヲのおじかん』など)から始まってDROPS・『魔法先生ネギま!』と活動を通して、仲がよい[9]。また、過去の共演(『ときめきメモリアル3』)の縁で、皆川純子との繋がりも深い。
  • 薬師丸ひろ子のファン。好きなアーティストとしては松浦亜弥などが挙げられる。

エピソード 編集

  • Aice5の打ち上げ等に神田宅が使われることが多く、2006年クリスマスイヴに引越しをした際には、手伝いに来ていたAice5の3人(浅野真澄を除く)と神田宅にてしゃぶしゃぶをした。その後、「Aice5 1st Tour 2007 "Love Aice5"」後の打ち上げにて神田宅にてお好み焼きをした。
  • Aice5『Love Power』PV撮影時、浅野真澄に神田のチャームポイントは「えさ袋」(= )だとされた。しかし本人は頬の膨らみをとても気にしており、『カンださん☆アイぽんのネギまほラジお!? DJCD SP2』に収録されている野中藍とのオーディオコメンタリー内で「永遠のテーマですよ」と発言している。また、神田は食いしん坊キャラで知られる。頬の膨らみを気にしている割にその原因と思われる食事量をほとんど気にしていない。
  • アニメ『モンキーターン』では競艇クイーンとレポーターである高橋香子役をしているが、神田朱未本人も競艇に関してかなりの知識を持っている[10]。また2003年12月23日に行われた『魔法先生ネギま!』第1回目のイベントで「今日は住之江賞金王決定戦ですね。(以下略)」とあいさつしていたこともある。
  • カンださん☆アイぽんの ネギまほラジお』にて、野中藍に対してしばしば言っていた口癖「バッカじゃないの!」は、神田の性格を如実に現したものとして、その後番組の1コーナーとなるほどに人気が出た。しかし、「(性格が)丸くなった」「もう怒らない」などと宣言し、最近ではほとんど発言していない。また野中藍とゲストがゲームの話になるとついていけなくなった。それをネタに野中藍にいじられていた。
  • 今まででお気に入りの役柄は、との問いには「だめ、どれも印象に残りすぎだった」と答えている。
  • 高校生の時に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」のオーディションを受けたが、2次の水着審査で落選したという(ブログ『神田朱未のツンでれ日和。』内での本人談)。

出演作品 編集

※ 主役・メインキャラクターは太字

テレビアニメ 編集

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

実写 編集

※ 神田自身が参加する声優ユニットDROPS及びAice5のイベントについては、それぞれの項を参照のこと。

  • ときめきメモリアルスーパーライブDVD
  • ときめきメモリアルスーパーライブDVD2
  • -2006夏・夢の舞台へ- 8耐に挑む熱き男たちレポーター
  • もやしもんDVD第2巻 かもされディスク
  • 魔法先生ネギま!シリーズ
    • 魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A:一学期特典DVD 麻帆良学園中等部2-A:入学式
    • 魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A:二学期特典DVD 麻帆良学園中等部2-A:一学期終業式
    • 魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム
    • 魔法先生ネギま! 麻帆良学園 大麻帆良祭
  • ネギま!?シリーズ
    • ネギま!? 3-A1学期始業式
    • ネギま!? 3-A2学期始業式
    • ネギま!? Magical X'mas DVD
    • ネギま!? Princess Festival DVD
    • カンださん☆アイぽんのネギまほビデお!? vol.1
    • カンださん☆アイぽんのネギまほビデお!? vol.2
    • ネギpon!? 映像特典

ラジオ 編集

ラジオドラマ 編集

CD 編集

  • ネギま!シリーズ(神楽坂明日菜 1 - 4期)
    • 出席番号の歌
    • 4月:神楽坂明日菜
    • ハッピー☆マテリアル2月
    • 輝く君へ/Belive(なかなか組)
    • 輝く君へ/ハッピー☆マテリアル(全員)
    • 1学期/バカップル・まかめちゃ不思議パラダイス
    • 2学期/ときめきココナッツ・戦え!バカレンジャー
    • 3学期/恋せよオトメ
    • Confession
    • 魔法じかけは恋のライバル
    • 1000%SPARKING!/A-LY-YA!
    • 1000%BOX/おはよう!・夢みんなで・らぶ☆センセイション
    • らぶ☆センセイション
    • うたのCD (1)
      • ココロザシ☆成長中
      • マホラ戦隊バカレンジャー
      • 星空レター
      • L´ets play with your dream
      • チュパ研の唄〜きっとイルーンヤ〜
    • うたのCD (2)
      • Suger Memory
    • ベストアルバム
      • Hello Again
    • 恋はPARADEのように
    • ランデヴーは恋の魔力で
    • ふわふるるん☆〜白い魔法〜
    • Happy Horday
    • ハッピー☆マテリアルリターン
    • LOVEドライブ
  • ウルトラマニアックシリーズ(佐倉仁菜)

※ 神田自身が参加する声優ユニットDROPS及びAice5の楽曲については、それぞれの項を参照のこと。

  • もっと! モット! ときめき2001 / さくらの季節
  • 大好き
    1. 朝の光あびて
    2. しずかなしあわせ
    3. Favorite Place
    4. ふたりの誕生日
    5. あきいろセンチ
    6. ねこのうた
    7. 便り
    8. Chance of Love
    9. 元気のレシピ
    10. Blue Star
  • ベストアルバム 『Bitter Sweet Friday
  • 神田朱未のBitter Sweet Friday CD特別版
    • ベストアルバム「Bitter Sweet Friday」のアニメイト限定先着購入特典

ドラマ・ラジオCD 編集

DVD 編集

※ 神田自身が参加する声優ユニットDROPS及びAice5のDVDについては、それぞれの項を参照のこと。

  • Akemi★1/n
  • ネギま!? SP(各巻収録の映像特典DVD『ヒミツの特別授業!?』に出演)

CM 編集

その他 編集

  • 神田朱未のbitter sweet stories(アニカンFREE内の対談コーナー)
  • サルヂエ(ナレーション)
  • オーディオ・シアター・浅見光彦殺人事件(天河伝説殺人事件の同時上映の朗読劇)
  • 劇団岸野組公演「森の石松外伝3 〜悪い野郎は…石松だ!?〜」
  • 声優チャット
  • ネオロマンス♥ゲームノベル ラブφサミット(主人公(架橋ゆい)
  • 美声時計

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 実家は小料理屋である。『瑠璃ッチブレイディオ』と題された『ウィッチブレイディオ』のラジオCDの特典ディスクの特別番組には神田の実母が出演し、実家の店内で収録された。
  2. 自身の公式ブログのプロフィールより。
  3. DROPSのメンバーとしてのイメージカラーとして設定され、その後、『魔法先生ネギま!』関連ならびにAice5で定着した。
  4. DVD「ネギま!?SP」第2巻初回映像特典より。あまりの溺愛ぶりに、同じ猫好きである佐藤利奈を呆れさせた。
  5. かんち」を命名したのは堀江由衣である。しかし、堀江自身と堀江の影響を受けたファンの一部、田村ゆかり(やまとなでしこ)、浅野真澄(Aice5)、木村まどか(Aice5)を除いては、あまり呼ばれていない。なお、スターチャイルド公式サイト内にある『すたちゃ鍋』の「えびぞり亭 江戸川橋店」では、「カンチこと神田朱未です」と自己紹介している。
  6. Aice5のサイトの日替わり更新のQ&Aで愛称は何がいいかという質問の時「あけちゃん。かんちもキライじゃない」と答えている。
  7. D.C. 〜ダ・カーポ〜』で共演した田村ゆかりが稀に呼んでいる(田村ゆかりのいたずら黒うさぎ36回より)。
  8. また、クリスマスイブ(おそらく2004年)に堀江の発案で二人でカニ鍋を食べたという。
  9. なお、『野中藍 ラリルれ、にちようび。』公開録音にゲスト出演した際、「男だったら、堀江さんと野中さんどちらを取りますか?」というメールが寄せられ、「堀江さんに決まってるじゃん!!」と答えている。ちなみに「野中さんと白石さんどちらが好きですか?」という質問には言葉を濁らせている。
  10. 何度か地元の競艇場や競艇のイベントガールなどをした経験をしていたと、同じ『モンキーターン』で共演していた城ヶ崎ありさ役の根谷美智子がDVDの特典ムービーで話している

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。