Fandom


私市 淳(きさいち あつし、1972年2月23日 - )は、日本男性声優東京都港区出身。青二プロダクション所属。

身長168cm。血液型O型星座うお座

代表作は『勇者指令ダグオン』(刃柴竜/シャドーリュウ)、『ドラゴンボールGT』(ウーブ)、『星のカービィ』(メタナイト卿)、『Kanon(第1期・ドラマCD)』(相沢祐一)、『流星のロックマン』(ジェミニ)など。

経歴・人物 編集

  • 平凡な主人公役や純粋な少年などの声の役が多いが、近年では荒々しいキャラクターやルキアーノなど狂人の声を担当する機会も増えてきた。だが基本的には冷静な青年役や温厚なキャラクター、不運に巻き込まれる役の声などをよく担当するようになる。『この醜くも美しい世界』以降は眼鏡をかけたキャラクターの声も徐々に増えてきた(それ以前は意外にも担当したことがあまりなかったという)。
  • 野球好き。その情熱からか青二プロダクションの野球部のキャプテンを務めている。自身のブログでもよく話題に出しているだけでなくタイトルも「草野球」が使われている。このチームには皆口裕子なども所属しているという。現在も当時と同じ状況かはわかっていない。
  • その昔、子安武人のラジオに出演した際に、妙なあだ名を付けられたことがある。「きーちゃん」と呼ばれることもある他、ブログにおいては「あっくん」となっている(ちなみに子安とは1996年に『勇者指令ダグオン』で共演したことがある)。また、幼少時代のあだ名は「さきいか」だったという。
  • 水瀬さんち』のラジオに出演の際、30歳を過ぎても未だ両親と同居していることを明かしていた。しかしこれには家庭的な理由があると本人が語っている。現在は不明。
  • 幼い頃虐めに近いことを受けていた経験があり、最初は声優になりたいという気持ちより、「自分に自信が持てる」という触れ込みから、当時は今と違ってまだまだ競争率の低かった声優養成所(青二塾)へと入塾、結果トントン拍子に声優としての道を歩むことになった。
  • 自分に自信が持てるという触れ込みで声優になったが、実際のトークではどちらかというと控えめな人物である。『水瀬さんち』のラジオにおいて、ゲストとして初出演した際は、『Kanon』という所謂ギャルゲー層中心の番組において、男性キャストである自分がゲストに呼ばれて良いのだろうかと少し不安がっていたが、皆口曰く要望は多かったという。しかし同ラジオで彼はナレーションを努めており、エピソードにも全話出演している。

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

  • ゲゲゲの鬼太郎(第4作)(ゲジゲジ、男(第12話)、ジョン(第13話)、吾郎(第32話)、男性強盗(第49話)、ブリ吉(第77話)、一本ダタラ(第79話)、男(第102話))
  • 地獄先生ぬ〜べ〜(幹久、キムタケ、不良)
  • SLAM DUNK(男学生)
  • ドラゴンボールGT(ウーブ、商人、アクス)
  • 美少女戦士セーラームーンセーラースターズ(駐在)
  • 勇者指令ダグオン刃柴竜 / シャドーリュウ / 融合合体ダグシャドー / 機獣合体シャドーダグオン

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

  • ゲゲゲの鬼太郎(第5作)(火出丸、九州のカッパ)
  • コードギアス 反逆のルルーシュR2(朝比奈省吾、デヴィッド・T・ダールトン、ルキアーノ・ブラッドリー)
  • ねぎぼうずのあさたろう(なすびのなすべえ)
  • はたらキッズ マイハム組(森野亜連監督)
  • 名探偵コナン(真壁吟也、高橋淳(川口茂))

2009年

  • ご姉弟物語(警察官)
  • 忍たま乱太郎(錫高野与四郎)
  • まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり(川原清巳)
  • 名探偵コナン(速水隼)

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

吹き替え(アニメ) 編集

ラジオ 編集

ドラマCD 編集

CM 編集

その他 編集

脚注 編集

  1. 公式サイトにはCV. 西原翔吾とあるが、誤記。
  2. ニンテンドーDS版のみ。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。