Fandom


立木 文彦(たちき ふみひこ、1961年4月29日 - )は、日本男性声優ナレーター大沢事務所所属。長崎県南松浦郡(現五島市)出身。「ぶんちゃん[1][2]、「ふーみん[3]という愛称がある。

概要 編集

来歴 編集

デビュー作は富野由悠季監督『聖戦士ダンバイン』と本人は答えている[4](実際にはその前番組『戦闘メカ ザブングル』に脇役として既に出演している)。

『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウは、当時の立木の実年齢から実に14歳も離れた老け役(立木34歳/ゲンドウ48歳)だった。共演した山寺宏一からは「30代で、中年を演じきる! 立木さんみたいなキャラの人だから演じられたんでしょうね!」とコメントを貰っている。

劇場版『新世紀エヴァンゲリオン―Air・まごころを君に―』でシンジの序盤の自慰シーンの演技においてシンジ役の緒方恵美が女性であるためにその気持ちを表現することに困難を覚え、「初めてだから上手くいくかどうかわからないんだ。だから、間違ってたら教えてね。父さん」とシンジ声で相談された時に演技指導をし、本番終了後に「よくやったな、シンジ」と言うと緒方が「父さんに褒められた」と喜んだという。

特色 編集

アニメでは主に壮年・冷静沈着な役柄が多い。冷酷な悪役からギャグキャラクター、『アンジェリーク』シリーズのヴィクトールや『テイルズ オブ シンフォニア』のクラトス・アウリオンのような美形キャラまで幅広く演じる。

アニメーションの他、CMやテレビ番組のナレーションの仕事も多く、特に総合格闘技PRIDEのナレーターとして知られる。

らき☆すた』においては、特定の役こそないものの毎回のように複数の男性モブキャラクターを演じている(同じシーンに複数の男性キャラクターが登場しても一人で全てをこなす。同シーンに一人だけ女性モブキャラクターがいる場合、くじらではなくそのまま立木が演じる場合もある)。同作品でやはり同じく複数の女性モブキャラクターを演じているくじらとは、かつて千葉繁主宰の劇団バーストマンに所属していた仲間同士であり、同劇団の舞台や、押井守監督の実写映画『トーキング・ヘッド』等で数多く共演している。

音楽活動では、2003年には森川智之とともにヴォーカルユニット2HEARTSを結成し、CD・ライヴ等でも活動中。また以前、TAKADA BANDの名義で三松亜美と共に『BLUE SEED』のオープニングテーマ『カルナバル・バベル』や、CDアルバム『3×3EYES』をリリースしたこともある。

人物 編集

立木」を「ついき」と読む名字・地名が実際に存在するため、名前を「ついきふみひこ」と誤読されることがある。

総合格闘技イベント・PRIDEのVTRや格闘技情報番組SRSのナレーションを長年勤めている。フジテレビジョンのPRIDE放送撤退を受け、一時期PRIDEの煽りVTRのナレーションから遠ざかっていたが、2006年11月5日に行われたPRIDE 武士道 -其の十三-にて復活。この際にはオープニングVTR内で「ナレーション 立木文彦」の文字を画面いっぱいに表示(これを皮切りに歓声が上がる)し、当日の第1試合「ゲガール・ムサシVSヘクター・ロンバード」の紹介VTR内で「NARRATION FUMIHIKO TACHIKI」の文字テロップとともに立木に自己紹介させた。スポーツイベントにおいて、このようにナレーター自体にスポットを当てることは極めて稀なことである。

また、大沢事務所に所属する前はトルバドール音楽事務所に所属しており、同事務所の社長に「お前のような声はいらない!」といわれ事務所を移った。

趣味はフライング・フィッシングとデジカメ。

出演作品 編集

太字は主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

劇場版アニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

吹き替え(アニメ) 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

特撮 編集

ラジオドラマ 編集

  • 9S<ナインエス>(伊達真治)

ドラマCD 編集

音楽CD 編集

その他CD 編集

  • RADIO DJCD BLEACH “B” STATION Vol.2
  • 機動戦士SDガンダム 私をコロニーに連れてって
    • SDガンダム・パラダイス(ボーカル)
  • 機動戦士SDガンダム TOKYO SHUFFLE
    • ぺ・ぺ・ぺのぺ(ボーカル)
  • 機動戦士SDガンダム・こちらマッケンジー探偵社
    • What do you want? II(ボーカル)
    • アディオス・DE・ガンダム(ボーカル)
  • 今賀瞬〜バーストマン愛しのソングブックVol.1〜
  • A Letter From Allnighters (Sunaga T Experience)
    • Jazz Allnighters(ナレーション)

ラジオ 編集

ナレーション 編集

テレビ番組 編集

日本テレビ系
TBS系
フジテレビ系
テレビ朝日系
テレビ東京系
CS放送等

CMナレーション 編集

パチンコ・パチスロ 編集

その他 編集

脚注 編集

  1. 2HERATS こむちゃ丸秘情報シート 立木文彦 篇”. こむちゃっとカウントダウン こむちゃっ太日記. 文化放送 (テンプレート:ISO date/ja). テンプレート:ISO date/checkdate閲覧。テンプレート:Citation/showdateError
  2. 辻谷耕史. “fishing”. koji tsujitani web site. テンプレート:ISO date/checkdate閲覧。テンプレート:Citation/showdateError
  3. もともとは2HEARTSでの愛称。
  4. 角川書店「ボイスニュータイプ」2006年1月号インタビュー記事より
  5. 正しくは「ガイアウィスパー」と言う。詳細は「仮面ライダーW」を参照。
  6. ハム、イエティ、P.T.フリーはエンディングの「トイ・カー・ストーリー」「モンスターズ・トラック・インク」「バグズ(ワーゲン)・ライフ」のみ登場。これはハム達の声優が全てジョン・ラッツェンバーガーである事のギャグであり、マックが「フッハッハッハ。いやー、あの豚の声やってる奴最高。凄い声優だね。」「フッハハー。あのイエティ雪上車、目茶苦茶面白いね。」等と絶賛するシーンである。

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。