Fandom


緒方 恵美(おがた めぐみ、1965年6月6日 - )は、東京都出身の女性声優歌手女優である。歌手としては「em:óu」(エムオゥ)を名乗る場合もある。B型JTBエンタテインメントに所属している。

経歴 編集

ミュージカル女優の出身である。

所属事務所は青二プロダクション→日音アーティスト→スペースクラフトプロデュースホーリーピークフリーJTBエンタテインメント(現在)。

声優になる前に所属していた劇団が無くなるのが決まり、最終公演準備に追われる中、休憩で入った占い喫茶で「近々大きな出会いがあり、その数ヵ月後には大きなチャンスがある。それを絶対に逃さないように」という結果が出た。それから間もなく、雑誌で青二塾の塾生募集の広告を見つけ応募し合格する。入塾して日が浅い頃に参加した『幽☆遊☆白書』のオーディションにて、「青二プロダクションの緒方です」と言った途端に審査員から「蔵馬だ!」と言われ役が決定、まさに占い通りの結果になった。また声優としてメジャーになる前は、パンの耳だけを食べて生活するなどの極貧生活を送っていたという。

笠原留美新山志保石川英郎は、青二の同期である。

インターネットラジオ番組に早期から着目し、2001年から8年もの長期にわたり継続した。

2004年4月1日に再婚(本人によると、前回は声優デビュー後に離婚)した。

小林治は大学時代のサークルの1年先輩である。

特色 編集

少年役の他に美青年やボーイッシュな女性など、中性的な役の声が多い。本人自身も「男八段」の異名を持つ(この言葉は『緒方恵美の銀河にほえろ!』内のコーナーで、リスナーからの相談に答えながら飲んでいたという酒の銘柄から)。

ドラマCD『ドラゴン騎士団』の収録時には、役柄(ルーン)のイラストを見ても男役か女役かはっきりとせず、「緒方ならどちらでもいけるだろう。当日処理」とディレクターに言われている。

その反面、『魔法騎士レイアース』のエメロード姫や『円盤皇女ワるきゅーレ』のワルキューレのような女性らしい役の声もこなす。エメロード役が決まった時には「本当に緒方ですか?」と、誰にも信じられなかった。その他にもまれではあるが、『アンドロイド・アナ MAICO 2010』のマスダマスのような居丈高なキャリアウーマン系の役や『S・A〜スペシャル・エー〜』の滝島父のようなハイテンションなコメディリリーフ系かつ父親(外見は少年だが)役などを演じる場合もある。また、『GS美神』では声優としてのキャリアを積むため、子供から母親、OL、妖怪役まで数多くのキャラクターを演じていた。

演技にはこだわりを持っており、台詞を変えさせたなどの逸話が数々伝わっている。

  • 吸血姫美夕』においては、雪女の冷羽と彼女が肌身離さず持ち歩いている御所人形の松風の二役の声を演じており、連続する台詞で少女と少年の声色の使い分けという難しい演技をこなしている。
  • 遊☆戯☆王』、『カードキャプターさくら』などでは全く異なる人格を併せ持つキャラクターを担当した。
  • 新世紀エヴァンゲリオン』の劇場版では、テレビ版から引き続き碇シンジの声を演じるにあたり、とあるシーンの台詞が人間味の感じられないものであったことに納得ができず、庵野秀明監督との話し合いの末に台詞を変更させたこともある。また、劇場版ラストシーンのアフレコでは、監督の要求に応えるため、惣流・アスカ・ラングレー役の宮村優子の首を実際に絞める(軽くではあるが)という、かなりこだわった演技をしている(実際に宮村に馬乗りになって収録したなど言われているが、本人が「馬乗りになるとマイクを動かす必要があるのでそれは無い」と、テレビ番組で否定している)。
  • 『エヴァ』については「完結後月日が経っても、まだ冷静に観られない」と語っている。『碇シンジ育成計画』でも、ゲーム中に登場するアイテムショップ「ソルフェージュ」の店名の意味をシンジが尋ねるシーンについて「チェロを長年やっている設定のシンジが音楽用語を知らないのは不自然」と意見して、台詞を改めさせている。また『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』では、(第6の使徒による加粒子ビームにより)高温のL.C.L.で煮られ台本5ページ分に渡って絶叫するシーンを収録した翌日に喉に違和感を覚えて検査したところ、声帯を痛めたのではなく気管が絶叫で高温になり軽い火傷をした状態になっていたという、シンジとの高シンクロ率を証明するかのような出来事が起こった。
  • ドラマCD版『るろうに剣心』で緋村剣心役に当った時は、「剣士の役をやるのだから剣について何も知らなければ演技ができない」と剣道を習っていた。

人物像 編集

『ボイスアニメージュ』(現『VOiCEニュータイプ』)では、現場取材系のコラムを連載している関係で様々な職業の体験をしたが、そのほとんどについて飲み込みが早く、ここでも器用さを発揮した。

テレビ番組にカメラを通して顔出しでキャラクターを演じないことを信条としている。理由として、アニメの作画に携わっている人に失礼なことを挙げている。また、『The Nutty Radio Show 鬼玉』にゲスト出演した際に明かした話によれば、知り合いのプロデューサーと飲んでいた際、そのプロデューサーが突然知人に電話をかけて「今、碇シンジの物真似が上手い奴と飲んでる」と言って緒方に電話を渡し、シンジの演技を要求したが、突然の事で慌てた緒方が「こんばんは、碇シンジです」と言ってしまい電話相手から酷評された事も理由の一つということである。

身内の間では、緒方に会った次の日にエヴァンゲリオンのスロットかパチンコを打ちに行くと負けないと言うジンクスがあるようである。なお自分で打ちに行ったらどうなるか試した所、リーチは掛かるものの中々当たらず苛立っている時に演出の一つで碇ゲンドウが画面に現れた時に思わず「父さん」と叫んで周りの客に注目されたことがある。

NHKうたのおねえさん神崎ゆう子とは友達であるとラジオで語ったことがあるテンプレート:要出典

「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」において自身の出演代表作である『新世紀エヴァンゲリオン』ファンとして知られているお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦がゲスト出演した時、中田とは家が近所で、プライベートで飲みに行っている事を明かした。

出演作品 編集

太字は主役または主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

アダルトゲーム 編集

特撮・実写 編集

ラジオ(地上波) 編集

インターネットラジオ 編集

  • 緒方恵美の秘密のハ・ナ・ゾ・ノ
  • 緒方vs土門 漢組!シリーズ【全10シリーズ】(M.O.bay・ランティスウェブラジオ
  • 緒方恵美の薔薇色天獄シリーズ【全4シリーズ】(M.O.bay・ランティスウェブラジオ・音泉

ドラマ・その他CD 編集

ナレーション・朗読 編集

テレビ出演 編集

アナウンス 編集

舞台 編集

テンプレート:節stub

作品 編集

シングル 編集

  1. 天気雨が降った日
  2. 時間旅行
    • 作詞:緒方恵美/作曲:村眞瑤誌/編曲:菜月颯太
  1. 風の墓標
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:松尾早人
    • OVA『LAND LOCK』主題歌
  • 傷つかない愛はいらない
  • 1996年7月10日発売(ポリグラム)
  1. 傷つかない愛はいらない
    • 作詞:田村直美/作曲:田村直美・石川寛門/編曲:松尾早人
  2. Drive on the Milkyway
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:松尾早人
  • ワインレッドの心
  • 1996年10月7日発売(ポリグラム)
  1. ワインレッドの心
  2. 落葉の手紙
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:松尾早人
  1. タイム・リープ
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:千住明
    • 映画『タイム・リープ』主題歌
  2. SAKURA
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:千住明
  • ジェラシーの痕跡
  • 1997年12月17日発売(ポリグラム)
  1. ジェラシーの痕跡
    • 作詞:松井五郎/作曲:羽田一郎/編曲:松浦晃久
  2. breath
  1. vacation map
  2. 3月の雨
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:村田和人
  • RA・SE・N
  • 1998年11月18日発売(ポリグラム)
  1. RA・SE・N
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:松尾早人
    • OVA『火星旅団ダナサイト999.9』主題歌
  2. あした、晴れたら
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:松尾早人
  1. silver rain
    • 作詞・作曲:緒方恵美/編曲:ヤギハシカンペー
  2. baby skin
    • 作詞・作曲:緒方恵美/編曲:ヤギハシカンペー
  • ANIMAL EYES
  • 1999年8月22日発売(ポリドール)
  1. ANIMAL EYES
  2. GAIA
    • 作詞:緒方恵美/作曲・編曲:千住明
  1. おうちをつくろう
  2. 砂の城
    • 作詞・作曲:em:ou/編曲:大熊謙一
  3. 幻想詩華
    • 作詞:em:ou/作曲・編曲:大熊謙一

アルバム 編集

オリジナルアルバム 編集

  1. Marine Legend
  2. Winter Bird
  3. 多重人格 multipheno
  4. MO
  5. rain
  6. stop,and Go→
  7. 鏡の国のアリス
  8. ヨアケノジカン。
  9. 666-rock.Lock.ROCK!-

ミニアルバム 編集

ベストアルバム 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。