Fandom


荒木 香恵(あらき かえ、11月6日 - )は、日本女性声優大阪府の生まれ、北海道育ち。

経歴・特色 編集

幼い少女の役を担当することが多い。しかしやや抑えた声質を使用し、悪女・成人女性役・少年役を担当することもある。

アニメでのデビュー作は1986年の『めぞん一刻』(保育園児役)。劇団青杜にて活動した後、賢プロダクションに所属。その後アーツビジョンへ所属。

1993年に『美少女戦士セーラームーン』シリーズで、急病の三石琴乃に代わり7話にわたって主人公の月野うさぎ / セーラームーン役を代演。後にシリーズ続編でちびうさ / セーラーちびムーン役を担当した。

1995年、『ふしぎ遊戯』の夕城美朱役で、TVアニメでは(月野うさぎの代演以外で)初めての主役の声を演じる。

1998年4月1日にフリーとなる。2003年8月前後から2010年5月まで81プロデュースに所属していた。

現在は荒木香衣と名を改め、フリーで活動中。

人物像・エピソード 編集

  • 吉田小南美は劇団青杜時代の後輩で、私生活でも仲がよいとされる。
  • 『セーラームーン』で三石の代役に抜擢された理由には、「元々『セーラームーン』の主役オーディションにおいて、最終選考まで残っていた」ということも要因だという。
    • シリーズ第2作『セーラームーンR』は代演中に放送開始となった為、アイキャッチにおけるムーンの声も荒木が担当。三石が復帰した後も新録はされず、R最終回まで荒木が吹き込んだものが流れることとなった。
    • うさぎ役はすでに三石により出来上がっていたキャラのため、代役に悩んだことを雑誌のインタビューで明かしている。人気作であり、同時に最終話付近とあって、相当なプレッシャーがあったと言う。第一シリーズ最終回のうさぎの台詞である「普通の生活に戻りたい」は自分と重なった言葉であると挙げた。

出演作品 編集

※ 太字は主役、またはメインキャラクター

テレビアニメ 編集

1986年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

CD 編集

ラジオドラマ 編集

  • 笑う盲導犬(岡田朋子)
  • ロストハウス(実田えり)

その他 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。