Fandom


豊崎 愛生(とよさき あき、1986年10月28日 – )は、日本声優歌手女優ミュージックレイン所属。徳島県出身。血液型AB型。身長169cm。2つ年上の姉が1人いる(本人曰く「似ていない」[1])。

概要 編集

来歴 編集

高校生時代は地元徳島のローカルテレビ局四国放送(JRT)の番組『土曜はナイショ!!』に出演していた。なお、その縁で2008年6月12日放送の『530フォーカス徳島』の取材を受けている。

2005年から2006年にかけて開催された「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」に応募・合格し、声優としてデビューする。声優を目指したきっかけとして、『土曜はナイショ!!』に届いた視聴者からの手紙で、それまで嫌悪していた自分の声を励みにしてくれる視聴者の存在を感じ、「声の仕事に就いて恩返ししたい」と思ったことを挙げている[2]

テレビアニメでは、2007年の『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』(蜷川あむろ役)で自身初のレギュラーを獲得するとともに主役デビュー。以降、名前のある役を演じるようになるとともに、『しゅごキャラ!』シリーズ(スゥ役)といった長期レギュラー作品へも出演するようになる。

2009年2月15日に開催された「ミュージックレインgirls 春のチョコまつり」において、同じミュージックレイン所属の寿美菜子高垣彩陽戸松遥とともに声優ユニットスフィア」の結成を発表(所属レーベルはGloryHeaven)。

2009年4月に放送されたアニメけいおん!の平沢唯役で知名度を大きく上げる。自身23歳の誕生日となる2009年10月28日に、『love your life』で歌手デビューを果たした。本人曰く、「偶々、誕生日の10月28日が水曜日だったからデビューの話が進んだ」とのこと[3]

2010年3月6日に発表された第4回声優アワードにて、新人女優賞を受賞すると同時に、テレビアニメけいおん!』の劇中にて結成したユニット"放課後ティータイム"として、日笠陽子佐藤聡美寿美菜子竹達彩奈とともに歌唱賞も受賞。 アニメージュ第32回アニメグランプリ声優部門においてもグランプリを受賞している[4]

活動・声質・役柄 編集

高音な声質を活かし、少女役から大人の女性、さらには少年役も演じる。声質は声優になる以前より変化しており、声域だけでなく地声も高くなっている。このことは『530フォーカス徳島』の取材の際、かつて出演していた『土曜はナイショ!!』の映像を元に本人、取材スタッフともに触れている[2]

人物・エピソード 編集

名前・愛称に関して
本名は同じ[5]。「愛生」という名前は、両親の「たくさんの人に愛されて生きていける人になりますように」という願いから名付けられたという。
代表的な愛称は「あきちゃん」である。『けいおん!』『聖痕のクェイサー』で共演し、インターネットラジオ番組「聖痕のクェイサーラジオ」で共にパーソナリティーを勤めた声優の日笠陽子からは「あっきょ」と呼ばれている。同番組内では第一回配信で互いの愛称にも触れ、学生時代に夢中になっていたTBSドラマ「ずっとあなたが好きだった」の登場人物「桂田冬彦」から名前を取って「豊彦(とよひこ)」と呼ばれていたことを語った。ちなみに、日笠陽子を「よっちゃん」と呼んでいたが、「あっきょ」と同様にお互いしか使っておらず「なかなか(世間に)浸透しないね」と語る場面があった。また、母親からは「あーちゃん」と呼ばれているという。
趣味・特技・嗜好
趣味はコーヒーを淹れる、イラストを描くなど。他にもコンピュータゲームを愛好。格闘・アクション・RPGと幅広いジャンルを、そして国内だけではなく「Def Jam」のような海外ゲームもプレイしている事をラジオ等で語っている。過去には「ワンダースワン」や「ドリームキャスト」(発売当時12歳)を所有していた事も発言している。なお、ファミコンは「気づいたら家にあった」らしい。好きな音楽のジャンルは、ロックパンク・ロックフォークソングニューミュージック、1960年代・1970年代のガールズポップス、みんなのうたなど多岐にわたっており、好きなアーティストとしては、トム・ウェイツドクター・フィールグッド[6]谷山浩子[7]羊毛とおはな[8]THEE MICHELLE GUN ELEPHANT飛蘭ブライアン・セッツァー[9]椎名林檎[10]などを挙げている。巨乳好きとして知られ、豊崎も自身が演じるキャラクターにはなぜか巨乳が多いと語ったことがある[11]
特技は「アコースティック・ギター」で小学生の頃に視聴した音楽の影響で始めた。ギターは父親に頼んで誕生日に買ってもらったが[12]、本人が期待していたエレキギターではなかったが「父が買ってくれたもの」ということでそのまま受け入れた[12]。後に、『けいおん!』のWebラジオらじおん!』の企画で、自身らが演じるキャラクターと同様に実際にバンド活動を行うことになり、その際にエレキギター(ギブソン・レスポール)も所有するようになった[13]
愛郷心
地元・徳島に対して熱く、自らがパーソナリティを務めた『豊崎愛生の超ラジ!Girls』では「徳島親善大使」と自称したほど。ちなみに大阪に住んでいた時期がある。[14]

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

オンラインゲーム 編集

ソーシャルゲーム 編集

同人ゲーム 編集

  • ELEMENTAL BATTLE ACADEMY(アプリコ=クレール

ドラマCD 編集

ラジオCD 編集

  • ラジオCD「ケンコー全裸系水泳部ウミショー 夏!!本番」(パーソナリティ)
  • DJCD メロン・なじみのスパークリング☆KISS(パーソナリティ)
  • らじおん! シリーズ(パーソナリティ)
    • 「らじおん!」スペシャル! Vol.1
    • 「らじおん!」スペシャル! Vol.2
  • 聖痕のクェイサーラジオ! 〜ミハイロフ学園放送部〜 シリーズ(パーソナリティ)
    • 「トモハナ☆ハラShowタイム」
    • 「THE END OF ハラShowタイム!!」

ラジオ 編集

太字は現在放送中

ラジオドラマ

テレビ 編集

声優としての活動開始以前
  • 土曜はナイショ!! / リポーター(四国放送
  • Do Night Show(幻想観覧車)(四国放送)
バラエティー
ドキュメンタリー
  • 530フォーカス徳島(四国放送:2008年6月12日)
  • うたたね♪(TOKYO MX:2009年9月12日、特集アーティスト)
  • 阿波スペシャル この声に心こめて 〜徳島出身 声優・豊崎愛生〜(NHK徳島:2010年5月28日)

その他 編集

音楽活動 編集

スフィアとしての音楽活動は、スフィアの項も参照。

シングル 編集

発売日 タイトル 規格品番
1 2009年10月28日 love your life SMCL-178〜179(初回生産限定盤)
SMCL-180(通常盤)
2 2010年5月26日 ぼくを探して SMCL-192〜193(初回生産限定盤)
SMCL-194(通常盤)
3 2010年11月10日 Dill SMCL-219〜220(初回生産限定盤)
SMCL-221(通常盤)

キャラクターソング等 編集

スフィアの作品は、スフィアを参照。

2007年
2008年
2009年
2010年

関連項目 編集

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 事務所公式ページ『豊崎愛生のひとりごと』より
  2. 2.0 2.1 530フォーカス徳島』(2008年6月12日放送)での取材より
  3. 超!A&G+A&G REQUEST デジスタ』(2009年10月31日放送分)において、豊崎愛生本人の発言より
  4. アニメージュ2010年6月号より。
  5. 高橋大輔と高垣彩陽の夜ナ夜ナハッスル』2009年3月27日放送分より。
  6. 豊崎愛生インタビュー|ポップス|ジャパニーズポップス|音楽|HMV ONLINE
  7. ニッポン放送宇宙Gメン萌EX』2009年10月19日放送分より。
  8. [1]
  9. らじおん!!』2010年10月15日 第26回配信(「文化祭に呼んでみたいミュージシャン」として本人の発言)より。
  10. [2][3]
  11. 「SPA!」10月26日号(2010) p.139
  12. 12.0 12.1 テンプレート:Cite journal/和書</cite> ISBN 978-4-7648-7153-3
  13. テンプレート:Cite journal/和書</cite>テンプレート:ASIN
  14. Pl@net Sphere』 第44回 2010年1月20日配信より

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。