Fandom


辻谷 耕史(つじたに こうじ、本名読みはつじたに やすふみ1962年4月26日 - )は、日本男性俳優声優音響監督東京都小平市出身。

概要 編集

舞台芸術学院を卒業後、劇団東演を経て声優になる。1992年からシグマ・セブン所属、2005年3月1日にクレイジーボックス所属となる。2008年10月有志と共に代理店業務・コンテンツ制作会社、株式会社deux(ドゥ)を設立。2008年4月1日マネージメント事業部を立ち上げdeuxへ移籍。2009年2月、deuxの代理店業務拡張に伴い、deux-plusを設立し、コンテンツ企画・制作業務、マネージメント業務を引き継ぐ。2009年9月10日、deux-plusのコンテンツ企画・制作業務専念に伴い、マネージメント業務を業務提携会社マックミックへ委託。2000年代以降、音響監督業も務める。

犬夜叉』の弥勒、『BLOOD+』のソロモン・ゴールドスミスのような温厚な青年役や冷静な美男役を演じる事が多いが、『交響詩篇エウレカセブン』でデューイ・ノヴァクの声を演じるなど、中年の役も担当している。

劇場版以外の『トイ・ストーリー』では、ウッディの声を演じていることが多い。舞台の仕事もする。

歌は苦手で、「キャラクターソングを歌うのすら恥ずかしい」と述べる。『スーパーロボット大戦シリーズ』では他のガンダムシリーズの主役キャラクターが「ヴェスバー!」と叫んでいるが、辻谷が担当するシーブックは言わない。これは辻谷が「『バー』の部分で気が抜けて叫べないから」とされている(書籍『「第4次スーパーロボット大戦S」を一生楽しむ本』より)。

千葉県立我孫子高等学校時代、同学校で声優のこおろぎさとみと元阪神タイガース選手の和田豊と同じ学年であった。こおろぎとは同じクラスで席が隣同士になったこともあり、よくノートを取ってもらった。辻谷はクラス委員をしていたので、今でも「ルーム長」と呼ばれている。

アルバイト先の常連客に松田優作がおり、礼儀について教えられるなど色々勉強になったという。

逸話 編集

  • 犬夜叉』の弥勒役は、他者からの推薦によるもので、辻谷自身はオーディションには参加していなかった。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

  • うちの3姉妹お父さん、会長)
  • 今日からマ王! 第3シリーズ(渋谷勝馬)

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

ナレーション 編集

ドラマCD 編集

舞台 編集

  • ブロンクスはどこだ(劇団東演)
  • フィラデルフィアへやってきた(劇団東演)
  • 翔べ! イカロスの翼(劇団東演)
  • その男顔のない(劇団一跡二跳:客演)
  • 平面になる(劇団一跡二跳:客演)
  • アラブ・イスラエル・クック・ブック(劇団一跡二跳:客演)
  • 貴婦人の帰還(ガイアデイズファンクションバンド:客演)

その他 編集

音響監督 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。