Fandom


鈴木 真仁(すずき まさみ、1972年7月14日- )は、日本の女性声優青二プロダクション所属。神奈川県茅ヶ崎市出身。静岡県熱海市育ち。血液型はO型。代々木アニメーション学院卒業。

経歴・人物 編集

芸歴:代々木アニメーション学院・フリーアトム大橋巨泉事務所ミツヤプロジェクトY・M・O(旧:ラブライブ

デビューは1994年テレビ東京系のアニメ赤ずきんチャチャ』で、デビュー作から主役という異例の抜擢を受けた。新人ゆえか演技自体は未熟だったものの、驚愕した場面などでのつぶれた声など独特の発声もあって人気を得た。このつぶれた声の発声はパソコン通信などの媒体では「な゛ん゛な゛の゛よ゛〜」などと濁点を付けて表現されたため、そこから濁点ボイスとして親しまれることとなる。『スレイヤーズ』で共演した松本保典は「俺はまだ出来ないけれど、初めて聞いた時に『あ゛』ってこういうのかと思った」と語っていた。

その後の1995年から1998年、同じくテレビ東京系のアニメ『スレイヤーズシリーズ』にも起用されたが、この番組は『赤ずきんチャチャ』にすぐ続けて放映されるものだった。デビューからしばらくの間は溌剌とした声を生かした元気な少女の役が多かったが、やがてエリュトロンのような気弱な役の声や北条雪乃のような謎めいたキャラの声も担当するようになる。

さらに1999年、同じテレビ東京系金曜18時台に放映された『メダロット』シリーズでは、少女メダロット・姉御肌の女子・おっとりしたお母さんと三役の声をこなすまでになる。このシリーズは『スレイヤーズ』シリーズ(『ロスト・ユニバース』含む)終了後に続けて放映された。

同時期に歌手としても活動を開始した。1995年にリリースされたアルバム『Heavenly』は作詞に日高のり子冨永みーな三ツ矢雄二松野太紀等、『赤ずきんチャチャ』で共演した声優陣を迎えた。また本人も並木のり子との共作で作詞に挑戦している。2004年より横山智佐PinkRainbowというコンビを組みCD・DVD展開を開始している。また現在は三ツ矢雄二が主宰する劇団アルターエゴに所属し、舞台にも出演している。

ファンや先輩声優には名前を音読みした「マジンちゃん」の愛称で呼ばれる。

スレイヤーズ』のアメリアに声をあてていた頃は、まだ新人というのもあり、どのマイクを使うかの判断が遅かったため、マイク前で挙動不審な動きになってしまっていたという。だが、『TRY』終了後から十数年経過した『REVOLUTION』でも挙動不審な動きであった。本人によると「他のスタジオではそうはならないけれど、『スレイヤーズ』になると昔のトラウマが蘇って戻ってしまう」との事。また、アメリアを演じている時の台詞回しはファンのみならず、共演した先輩声優やアニメスタッフからも人気だった。当時、緑川光は自分のパソコンで『スレイヤーズ』のCD-ROMに入っていたアメリアの声の電卓を使用しており、キャラクターデザインの宮田奈保美は「あれ(独特の口調)は鈴木さんの功績でしょう」とコメントしている。

少女役のみに留まらず、デビュー開始時の『るろうに剣心』の心太を始め、『遊戯王GX』の丸藤翔小さな少年役や『レジェンズ』のマイク・マクフィールドのようなおっとり声の少年役も演じている。

2008年4月をもって、Y・M・O(旧:ラブライブ)から青二プロダクションに移籍。

出演作品 編集

太字は主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

Webアニメ 編集

ゲーム編集

特撮 編集

テレビ 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

CD 編集

ドラマCD 編集

キャラクターソングCD 編集

アルバム 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。